着物からリメイク・風呂敷の作り方/画像付きとっても簡単

着物生地(羽織から)リメイクした風呂敷でワインを包んでいます

着物生地から「風呂敷(ふろしき)」を作る、一番簡単な方法をお伝えします。

風呂敷はものをつつんだり、ほこりよけにしたり、またはバッグにしたりと、

何かと使い道の多い便利な小物です。

ここでは着物の生地を二枚つなげた大きさで作っています

最初から出来上がっている風呂敷とはちょっと違う、趣のあるものができあがりますよ。

スポンサーリンク


風呂敷の作り方(着物生地から作る)

羽織をとき洗って整えたリメイク生地

◆羽織をリメイクした風呂敷

今回風呂敷にするのは、羽織をといたものです。

これは昭和20年代の仕立てと思われる羽織をほどき、洗って整えたものです。

ちょっとレトロな雰囲気ですね。

洗ってアイロンをかけたら、幅は33センチしかありませんでした。(-_-)

(戦後の主流の反物・着物の幅は36センチくらいです。)

風呂敷リメイクに必要なもの

では早速必要なものからお話します。

<必要なもの>

  • 着物のリメイク生地
  • ものさし
  • ミシン
  • アイロン

風呂敷のサイズ・正方形を計算

正方形にしたいので、はかって計算してみます。

この生地は幅33センチ、二倍した大きさで作成します。

すると最初の写真、ワインを包める大きさになります。

縫い代は2センチで、反物なので端はそのまま使います。

一辺の長さ=33+33-2(縫い代)=64

出来上がりが、「一辺64センチの風呂敷」になります。

<必要な長さを計算>

64+3(両端の始末のための縫い代)=67

67センチで断ち切ります。

(67センチの長さの反物が2枚必要になります)

長さ67センチで断ち切った反物(幅33センチの場合)を、2枚用意します。

折り伏せ縫いでつなぎ合わせる

では作りましょう。

まず二枚をつなぎ合わせるのに、折り伏せ縫いをします。

折り伏せ縫いは丈夫で、見た目もきれいです。

折り伏せ縫いの方法

風呂敷の作り方の折り伏せ縫いの説明

生地を中表に合わせて、1センチずらします。

手前の短い方の端から5ミリのところを縫って、そのあとで長い方を縫い目から倒し、5ミリ内側へ折りこんで端を縫います。

縫うたびにアイロンを当てるとキレイにしあがります。

風呂敷の作り方の折り伏せ縫い、裏側から

折り伏せ縫いの裏側です。

縫い糸が2本見えています。

風呂敷の作り方の折り伏せ縫い、表側から

折り伏せ縫いの表側です。

縫い糸が1本見えています。

ミシン縫いしています。

ひきつったりしなければミシンでOK、手縫いももちろんOKです。

断ち切ったところを三つ折り縫い

次は長さを断ち切ったところを、三つ折りにして縫います。

縫い代はそれぞれ1.5センチなので、7ミリ折って次8ミリ折り、端を縫います。

アイロンをあてて完成。

完成した風呂敷でワインを包みました

羽織着物でリメイクした風呂敷でワイン包み

◆完成した風呂敷でワインをつつむ

この大きさのものはワインを包むのに最適の大きさです。

ワインやウィスキーなどのプレゼントに利用すると喜ばれます。

もう一例・着物のリメイクで風呂敷

着物(反物)でリメイクした風呂敷の例・箱を包む

◆着物生地からリメイクした風呂敷で

もう一つ紹介します。

着物の生地(反物)から、上記と同じ要領で風呂敷をつくりました。

こちらも同じく折り伏せ縫いにしてつないでいます。

素材はポリエステル、箱を包んだ状態です。

結びめがシワになりにくいので、ポリエステル素材も重宝します。

もう一例・木綿の洋服生地で風呂敷

洋服生地で作った風呂敷の例

◆木綿和柄の布で

これは木綿の服地ですが、柄が和柄なので風呂敷にしてみました。

余り布なのでつなぎ目があります、同じく折り伏せ縫いです。

つなぎ目を生かして、小さな生地をつないでいくのもいいかもしれません。

絹の着物生地よりずっと丈夫なので、荷物をつつむのにむいています。

着物生地から風呂敷・作り方/画像付きとっても簡単・まとめ

着物生地から風呂敷をつくるなら、まずは反物の幅×2のサイズがおすすめ。

このサイズはワインを包んだり、小ぶりの箱を包むのにむいてます。

美しい柄物を選んでラッピング代わりにすると喜ばれますよ。

「折り伏せ縫い」をマスターして、もっと大きな風呂敷もお試しください。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました