着物のクリーニング安心できる業者選びのポイント
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

着物のクリーニング方法は二種類、区別と業者選びのポイント

着物のクリーニングは二種類、区別と業者選びのポイント

着物をクリーニングするには、「丸洗い」をする方法と「洗い張り」をする方法の二つがあります

 

料金は着物の種類によって若干違いがあります。

 

「丸洗い」はそのまま洗い、「洗い張り」はいったん着物をほどいて洗います。

 

そのため「洗い張り」は手間がかかり、丸洗いよりお値段は高いです。

 

ここでは大切な着物を安心して預けることのできる業者の選び方をお伝えします。

 

まずは二つの洗い方の特徴をおさえておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

着物の「丸洗い」の特徴

 

着物のクリーニングの「丸洗い」は、「京洗い」ともいい揮発溶剤で洗うドライクリーニングのことです。

 

揮発溶剤を使うので、油性の汚れ(着物の衿や袖口の皮脂の汚れ、化粧品の汚れなど)に力を発揮します。

 

また繊維の摩擦が起こりにくく、生地を傷めないのも特徴です。

 

全体を丸ごと均一に洗って汚れを落すので、全体がこざっぱりとします。

 

ただ汗をはじめとする水溶性の汚れは、落ちません。

 

丸洗いのクリーニング代は、着物でおよそ3,000~9,000円。

 

 

「京洗い」は何か違うのか?

 

着物の丸洗いを「京洗い」という名称にしているクリーニング店があります。

 

この名称をつける理由は、着物のクリーニングをおこなっているとはっきり表明するためでしょう。

 

イメージ的には「京都で洗ってくれる?」みたいですね。

 

なんだか高級感のある特別なクリーニングのような気がします。

 

ですが、着物のクリーニングに「京洗い」と別の洗い方があるかというと、そうではありません

 

「着物をクリーニングしています」と掲げてあるお店と同じです。

 

 

丸洗いするのはいつ?

 

着る頻度にもよりますが、うっすら汚れが気になりだしたら丸洗いに出します。

 

ごくたまにしか着ない留袖や振袖などなら、着用したすぐあとに丸洗いに出しておくと安心です。

 

 

丸洗いの仕上げはどこまでか

 

丸洗いといっても、お店によって仕上げのやり方は違います。

 

一般的には、丸洗いしてたたんでおしまいです。

 

プレスをしてくれる

 

しつけ糸をつけてくれる

 

新しいたとう紙に入れてくれる

 

しみ抜きも同時にする、お店もあります。

 

また「汚れ防止」や「防水」の加工をオプションでしてくれるお店もあります。

 

仕上げをどこまでしてくれるのか、またして欲しいのかを考えてお店を選んでください。

 

 

着物をクリーニングしていないお店もある

 

着物は刺繍や金銀箔の縫込みがあったり、高級な絹をたっぷり使用しています。

 

洋服とは違った要素が多いので、洗いに特別な配慮が必要になります。

 

そのためクリーニング店でも、着物を扱ってくれるところとそうでないところがあります。

 

 

着物「洗い張り」の特徴

 

洗い張りの特徴

 

丸洗いとは全く別の洗い方で、「洗い張り」という方法があります。

 

油性水性両方の汚れに威力を発揮します

 

新品のよな光沢や張りを取り戻すことができる洗い方です。

 

洗い張り代は、およそ8,000~12,000円。

 

 

「洗い張り」の洗い方

 

「洗い張り」の洗い方をざっくり説明します。

 

着物をぜんぶ解いて、端を縫い合わせて長い反物の布にします。

 

その後、水と洗剤で洗う方法です。

 

水性、油性のどちらの汚れもよく落ち、生地が生き返るようにさっぱりとします。

 

 

洗い後は乾燥と仕立て

 

洗いのあとは、端の縫い目を解いて、乾燥させます。

 

このとき糊付けしながら乾燥させていきます。

 

その後仕立てをします、サイズを変更して仕立てることもできます。

 

洗い張りと仕立て代、そして裏地代を含めると全部30,000円ほどが目安。

 

 

洗い張りするのはいつ?

 

一方洗い張りは、何シーズンか着用して、かなりくたびれてきたなというあたりでするのがよいでしょう。

 

または、どなたかに譲るとき、差し上げる方に合った大きさに仕立て直すときです。

 

 

安心できる業者選びのポイント

 

インターネットを利用してクリーニングの依頼先を選ぶときのポイントです。

 

以下のようなことを事前にお店のサイトで確認しておくと、安心して依頼することができます。

 

<お店選びのポイント>

 

  • 着物の種類による値段設定がわかりやすい。
  • 複数頼む場合の値段設定が、わかりやすい。
  • 送料の負担方法、支払方法がわかりやすい。
  • 基本の洗い以外にできるオプションの説明がわかりやすい。
  • 高い値段のお店は、それに見合う洗い方・技術の説明がある

 

安かろう悪かろうでは意味がない

 

着物のクリーニング代は、安いほど助かります。

 

でもキレイになっていなくては意味がありません。

 

価格を抑えるために、大量に扱っているところは仕上がりが今一つということもあります。

 

最初はお店の口コミなどを調べ、信頼できそうか判断しましょう。

 

口コミ等なければ、一度依頼してみて判断します。

 

洗いあがってもどってきたら、袖口や衿の汚れが完全にとれていることを確認しましょう

 

 

着物のクリーニング方法は二種類、区別と業者選びのポイント・まとめ

 

「丸洗い」は揮発溶剤で洗うドライクリーニングのこと。

 

「京洗い」は丸洗いのこと。

 

仕上げをどこまでしてくれるか必要性に応じて考えます。

 

「洗い張り」は水性・油性のどちらの汚れも落ち、さっぱりとします。

 

仕立て直しや裏地の取り換えを合わせてすることよいです。

 

インターネットの業者選びは、料金体系が明確で問い合わせにすぐ応じてくれること。




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する