着物・帯・帯揚げのアイロンのかけ方、シワとり方法を詳しく説明
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

着物・帯・帯揚げのアイロンのかけ方、シワとり方法を詳しく説明

正絹の着物・帯・帯揚げのシワとり、アイロンがけの方法

絹素材の着物や帯、帯揚げのシワをとるアイロンがけの法をお伝えします。

 

着物にアイロンをかけるなんて!

 

ちょっとしり込みしそうですが、ためしてみてくださいね。

 

これから「生地の変質を防ぐ安全なアイロンのかけ方」をお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

正絹(しょうけん)の着物とアイロンがけ

 

正絹(しょうけん)の着物とは絹のみの素材の着物をいいます。

 

正装や礼装用の着物、小紋や紬の着物が正絹の着物です。

 

(一部に化学繊維の素材のものもあります)

 

正絹の着物は、表地も裏地も絹生地で仕立てられています。

 

表と裏の生地は糸のより方や糸の太さなどの違いによって、厚みや収縮率が違います。

 

そのため水にぬれると縮みやすいものもあるので、霧吹きを使う際は特に注意しながら行ってください。

 

 

正絹の着物にアイロンをかける基本

 

では正絹の着物にアイロンをかける基本の方法を説明しますね。

 

  • まずアイロン台に着物の表側のシワのあるか所を置く
  •  

  • 糊をおとした薄くて白い木綿の布をその上に置いて、アイロンをかける
  •  

  • アイロンの温度は中温または絹温度表示
  •  

  • シワのあるところを布の目にそって、素早くアイロンを動かしてかける
  •  

  • 軽く押さえる程度の力加減で

 

 

正絹着物・アイロンをかけるときの注意

 

以下のようなことに注意してかけてください。

 

<アイロンかけるときの注意>

 

  • 初めは裏側から、白いあて布をしてアイロンをかける
  •  

  • まだシワが取れないようなら、当て布に霧をふいてそれを表生地にのせてアイロンかける
  •  

  • 霧が直接着物にあたらないようにする
  •  

  • 刺繍や金銀箔などが施されているところは、慣れてきたら行う

 

 

正絹の帯のアイロンのかけ方

 

正絹の帯シワとりは着物とほぼ同じ、注意することは

 

次は帯のアイロンがけについて。

 

正絹の帯も、着物と同じ方法でアイロンをかけてシワをとることができます。

 

 

正絹の帯にアイロンをかける基本

 

正絹の帯のアイロンがけの基本からお話します。

 

  • まずアイロン台に帯のシワのあるか所を置く
  •  

  • 着物のときと同じく、糊をおとした薄くて白い木綿の布をその上に置いて、アイロンをかける
  •  

  • アイロンの温度は中温または絹の温度表示
  •  

  • シワのあるところを布の目にそって、素早くアイロンを動かしてかける
  •  

  • それでもシワがとれない場合は、当て布に霧を吹きをかけて、帯のシワのところにのせてアイロンをかける
  •  

  • 軽く押さえる程度の力加減で

 

※ 初めての方は、目立たないところで試してからにしてください

 

 

正絹の帯にアイロンをかけるときの注意

 

絹の帯の場合も着物と同じような注意が必要です。

 

<アイロンかけるときの注意>

 

  • 初めは裏側から、白いあて布をしてアイロンをかける
  •  

  • まだシワが取れないようなら、当て布に霧をふいてそれを表生地にのせてアイロンかける
  •  

  • 霧が直接着物にあたらないようにする
  •  

  • 刺繍刺繍は立体感が損なわれないよう力を加減する

 

 

正絹の帯揚げのアイロンのかけ方

 

正絹の帯揚げのシワとりの説明、若い女性着物姿

 

最後に帯揚げのアイロンがけについて説明します。

 

絞りや縮緬の素材に特に注意が必要です。

 

 

正絹の帯揚げにアイロンをかけるときの注意

 

着物や帯のときとほぼ同じですが、気を付ける点をまとめました。

 

<正絹の帯揚げにアイロンをかける注意点>

 

  • 中温または絹表示で、あて布をして圧をかけないでアイロンをかける
  •  

  • それで取れない場合は、あて布に霧吹きをしてアイロンをかける
  •  

  • アイロンは素早く布目にそって動かす
  •  

  • 縮緬の帯揚げはアイロンを浮かすような感じでかける
  •  

  • 絞りのか所はつぶさないようにかける
  •  

  • 金銀箔や刺繍の装飾があるか所は、ごく弱い力でかける

 

 

着物・帯・帯揚げのアイロンのかけ方、シワとり方法を詳しく説明おわりに

 

霧吹きの水分が着物や帯にかからないよう気をつけてください。

 

刺繍や金銀箔のか所は、慣れてから行ってください。

 

アイロンはいつも動かしながらかけてください。

 

着用したときに隠れるか所のシワは、あまり気にしなくて大丈夫。

 

 

具体的にお話しましたが、自己責任で行ってくださいませ

 

 




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する