帯揚げ・帯締めの合わせ方の基本と発展形(初心者さんへ)

帯揚げ・帯締めの合わせ方の基本と発展形

最もポピュラーな着物姿である「お太鼓の着物姿」に、帯締めと帯揚げは必須の小物ですね。

着付けができるようになったら、全体にまとまりのある着物姿になる基本を確認してから、個性を生かせるようなコーディネートへとすすんでいきましょう。

  • 帯締め帯揚げの基本
  • 基本をおさえた次の段階
  • きかせ色を使う
  • 帯締め帯揚げを具体的に合わせる

スポンサーリンク


ポピュラーな小物合わせ(帯締め・帯揚げ)

基本でありもっともポピュラーな小物の合わせ方は、帯締めと帯揚げを同じ色にすることです。

すると、バランスのよい安定感が生まれます。

その際、着物や帯に使われている一色をもってくるのが基本です。

着物の種類による小物の色の基本

紬(つむぎ)やお召(めし)、ウールなど織りの着物に合わせるには、濃い色や柄のはいった帯揚げが個性的に演出できます。

付け下げや小紋などの染めの着物に合わせるには、帯揚げ・帯締めともに、淡い色目が上品にうつります

基本をおさえた次の段階

帯締めと帯揚げを同じ色にしたコーディネートに慣れたら、次のステップです。

次は、帯締めと帯揚げの色が同じのまま、着物や帯で使われている色とかけ離れた色にします。

ちょっと違和感がありながらも、おしゃれな印象になるのを見てみましょう。

「きかせ色」を使う

もう一つ、印象的な組み合わせ方を紹介します。

帯締めか帯揚げのどちらか一方に、「きかせ色」としてスパイス的な役割をもたせるという方法です。

この色だけは全く違う!という目を引く色を使います。

帯締め・帯揚げを具体的に合わせる

帯揚げ・帯締めの合わせ方の基本と発展形

帯締め帯揚げをどう組み合わせるか、最初はとても迷います。

時間のあるときに平面のところに着物や帯を置いて、そこに重ねていくと全体を見やすいです

帯締め帯揚げをのせて、全体を見てみます。

これから購入する場合で手元にないときは、色紙や紙に色を塗って、帯揚げや帯締めに見立ててみるとよいですよ。

帯揚げ・帯締めの合わせ方の基本と発展形・まとめ

帯締めと帯揚げは、小さいながらも合わせ方で全体の印象がかわります。

最初のうちは、着物か帯の一色をとってまとまった印象がぶなんです。

慣れてきたら、着物や帯とかけ離れた色使いで試してみてください。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました