着物ができあがった!確認したいこととやってはいけないこと
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

着物ができあがった!確認したいこととやってはいけないこと

着物が仕立てあがり届いたら、確認したいこと・飾りじつけはとらないで

着物のあつらえを頼んでから数か月、もうじき出来上がったものが届く予定です。

 

待ち遠しいですね。

 

いよいよ届いたら、まずしておきたいのは「確認」です。

 

出来上がった着物が、希望通りかどうかを確かめましょう。

 

  • 仕立て上がりの着物の確認の仕方
  • やってはいけないこと

 

そう、やってはいけないこともあるんです。

 

スポンサーリンク

 

仕立てあがった着物の確認・チェック

 

専門家に頼んでいるのですから、間違いはないはずです。

 

安心していいのですが、一応念のために確認しましょう。

 

確認したいことは、以下のことです。

 

  1. サイズ確認
  2. 模様の入り方、柄つけ
  3. 染め色の様子

 

1)サイズ確認

 

サイズの確認はふたつ方法があります。

 

  1. 袖・身丈などの長さを測って確認する
  2. 着て確認する

 

長さをメジャーで測って、依頼した通りであることを確認できればOKです。

 

サイズがわからなければ、着てみましょう。

 

薄着の状態で羽織り、

 

  • 丈は20センチほどひきずる程度
  • 袖の長さは採寸したときと同じ
  • 裾を床に付く程度にして前を合わせ身幅を確認

 

着付けられれば、きちんと着てみるのが一番わかりやすいです。

 

 

2)模様の入り方、柄つけ

 

模様の入り方も確かめておくとよいです。

 

  • 絵羽模様、付け下げの模様は、見栄えのよいところに入っているか
  • 柄合わせをしたものは、その通りになっているか

 

 

3)染め色の様子

 

染めものは、全体の色を見ておきましょう。

 

にじみや、染料がとんでいないかを確認してみましょう。

 

もし不都合があれば、連絡して修正してもらいましょう

 

 

「しつけ糸」はすぐ取るのですか?

 

出来あがったばかりの着物には、形がくずれないよう「しつけ糸」がついています。

 

すぐに取らずに、着る直前にとればよいと思います

 

 

出来上がった着物、やってはいけないこと

 

「やってはいけないこと」については、ぜひ覚えておいてください。

 

  • 「飾りじつけ」はとらない
  • 日光にあてない

 

「飾りじつけ」はとらない

 

留袖の衿の飾りじつけ

◆留袖の衿の「飾りじつけ」

 

間違いやすいのは「飾りじつけ」です。

 

留袖などにある「飾りじつけ」はとってはいけません

 

「飾りじつけ」は飾りとしてわざわざ見せている糸です

 

留袖の後ろ身頃にある「飾りじつけ」

◆留袖の後ろ身頃にある「飾りじつけ」

 

↓↓↓アップでみると

 

留袖の後ろの身頃にある飾りじつけ

 

留袖の後ろの身頃にある「飾りじつけ」を間近で見ると、均等に細かい針目がありますね。

 

 

日光に当てない

 

着物の色や仕立ての確認は、明るいところで行ってほしいのですが、日光のあたるところでは行わないこと。

 

そしてその後も、長時間陽の光があたらないようにしましょう。

 

色あせ、変色を避けるためです。

 

 

残布は残しておきたい

 

反物の残り布が入っていれば、とっておきましょう。

 

着物の修復用に使うことはないですが、バッグや鼻緒などの小物を作ることもできます。

 

 

着物ができあがった、確認したいこととやってはいけないこと・まとめ

 

着物が仕立てあがったら、確認するくせをつけるとよいですよ。

 

もし頼んだことと違うかも、ということがあれば早急に解決したいからです。

 

「飾りじつけ」は腕がよい人ほど、均等で細かい手作業、職人の技が発揮されています。

 

<こんなエピソードがありました>

 

管理人の知人で、以前にも頼んだことのある呉服屋さんに仕立てを依頼。

 

着てみたら、身丈が20センチちかく長く仕立ててありました。

 

そのことに気がついたのが、誂え後1年ほど経過してからです。

 

時間がたっていたので、直してもらうのをためらっていました。

 

届いて間もないなら、すぐに修正してもらえるはずですからね。

 




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する