端午の節句のお祝い・食べ物や料理、お祝いの仕方は?
スポンサーリンク

端午の節句のお祝い・食べ物や料理、お祝いの仕方は?

端午の節句男の子のお祝い・料理やお祝いの仕方はどうする?

「端午の節句」は5月5日の祝日、どんなお祝いをしたらいい?

 

男の子が生まれお食い初め(100日祝い)が終わると、話題にのぼりますね。

 

ここでは生後はじめての「初節句」と、

 

その後の一般的なこどもの日のお祝いの仕方をお話しますね。

 

スポンサーリンク

Twitter始めました。フォローお願いいたします。

 

男の子の初節句はいつ?

 

男の子のお祝いは5月5日の子供の日(祝日)。

 

この日は「国民の祝日に関する法律」で、「こどもの日」と昭和23年に定められました。

 

「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」という趣旨です。

 

 

初節句は最初の5月5日ですが

 

初節句というのは生後最初の5月5日です。

 

ただ、まだ生後間もなくとか、お食い初め(100日祝い)を開いたばかりなどだと、

 

初節句のお祝いを一年遅らすこともあります。

 

ご両親でお考えになればよろしいです。

 

 

初節句の招待客とお祝いの料理

 

初節句の当日は親しい人たちを招いて、お祝いの膳をもちます。

 

初節句は、両親と祖父母を招待します。

 

 

端午の節句に縁起の良い食べ物

 

端午の節句に欠かせない「ちまき」「柏餅」

 

ちまき

◆ちまき

 

「ちまき」と「柏餅」は、こどもの日には欠かせないといっていいほどの食べものです。

 

子供たちがある程度大きくなると、お祝いらしい行事はしなくても「ちまき」「柏餅」は食べるという家庭は多いです。

 

それぞれこんな意味あいがあります。

 

「粽(ちまき)」は中国で古くから、邪気や厄を祓うものとされてきました。

 

それが日本に伝わったものです。

 

端午の節句男の子のお祝い・柏餅

◆柏餅

 

「柏餅(かしわもち)」は、「柏」という木の葉に包まれています。

 

この柏は、新芽が出るまで古い葉が落ちないことから「子孫繁栄」の縁起物とされています。

 

そのほか縁起の良い食べ物を

 

初節句のお膳は赤飯、鯛のかぶと煮をはじめ縁起のよいものを用意します

 

好まれている縁起の良い食べ物として、

 

  • 「たけのこ」・・・すくすくとまっすぐに成長するように
  •  

  • 「レンコン」・・・穴が開いているので見通しのよい人生を
  •  

    かつおのたたき

    ◆カツオのたたき

     

  • 「鰹(かつお)」・・・「勝男」にちなんで。たくましく強い男の子に育つようにという意味
  •  

  • 「鰤(ぶり)・鱸(すずき)」・・・成長するに従って名前が変化する出世魚。子供の出世を願う
  •  

  • 「蓬(よもぎ)」・・・魔除けや厄払いの霊力があると考えらている。またよもぎの薬効により、子どもの健康を願う意味
  •  

  • 「豆」・・・「まめ」は健康で体が丈夫だという意味

 

 

端午の節句のお祝いの仕方・行事

 

初節句が終わり、翌年からは簡素な行事に移行します。

 

鯉のぼりや五月人形を飾るのは同じで、行事食はやや簡素にむりなく行っていきましょう。

 

 

菖蒲湯(しょうぶゆ)に入る

 

端午の節句の日は、菖蒲湯に入ります。

 

菖蒲湯というのは、菖蒲の葉を湯舟に浮かせたお風呂

 

葉の形が刀に似ていることから、「病邪を払う、厄除け」として考えられてきました。

 

また菖蒲=勝負にも通じることから葉を利用するようになったとも。

 

湯舟に浮かせるだけでなく、菖蒲の葉を体にこすりつけたりもします

 

こどもの健康を願う風習です。

 

 

端午の節句の招待客として贈り物は何がいい?

 

もし招待されたら、贈り物も縁起のよいものを贈りたいものです。

 

「菖蒲の花」「ケーキ」子供には「おもちゃ」が喜ばれます。

 

リクエストを聞いておくのもよいですね。

 

「おもちゃ」は年齢より少し高めのもので、「知育玩具」「絵本」などが無難です。

 

 

端午の節句のお祝い・食べ物や料理、お祝いの仕方は?まとめ

 

初節句は両親、そのご両親の喜びもひとしおで、お膳を用意するなど豪華にお祝いし、

 

その後の節句は簡素化していく祝い方が一般的です。

 

広く親戚が集まる機会としてもよいですし、ともに食事をし子供の健康と成長を喜びましょう。

 

地域の風習を尊重して、楽しくお過ごしください。

 


Twitter始めました。フォローお願いいたします。




スポンサーリンク





  はてなブックマークに登録する
Twitter始めました。フォローお願いいたします。