「柄合わせ」で見栄えが変わる「小紋着物」・体型と柄の特徴で考える
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

「柄合わせ」で見栄えが変わる「小紋着物」・体型と柄の特徴で考える

「柄合わせ」はよって見栄えが変わる「小紋着物」・体型や模様のつき方を考えて

「着物の柄合わせ」についてお話しますね。

 

着物には、

 

  1. 初めから柄の位置が決まっている着物
  2. 柄を合わせる工夫ができる着物

 

の二種類があります。

 

2の柄を合わせる工夫ができる着物は、小紋・浴衣など、着物の生地全体に柄があるものです。

 

着物はすべて形が同じ、その中で最大の美しさを表すために、柄をどう合わせるかを考えるわけです。

 

特に柄が大きいものは、どこにどう柄を配置するかで、見栄えが大きく変わります。

 

ただこれは、仕立ての専門家にお任せすることなので、任せておけばいいといえばいいのです。

 

ただ、知識として知っておくと、今後自分も希望が言えるようになると思います。

 

ここでは柄の合わせ方の基本的なことをお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

体型による柄合わせの基本

 

柄合わせは体型によって、基本の合わせ方があります。

 

 

ふくよかな人の柄合わせの例

 

ふくよかな人は、上半身をすっきり見せたいかと思います。

 

その際は、肩や胸の部分は無地または小柄な模様が出るようにすると、上半身のボリュームが押さえられます。

 

 

やせた体型の人の柄合わせの例

 

やせ型の人は、上半身に柄を出しボリューム感が出るようにすると、体型をカバーしやすくなります。

 

 

以下は着物の模様の特徴による柄の合わせ方の基本です。

 

模様の特徴による柄の合わせ方の基本

 

「柄合わせ」はよって見栄えが変わる「小紋着物」・体型や模様のつき方を考えて

 

縞模様、大きな模様、動物柄やとび柄といった柄付けでの、柄合わせの基本をおさえます。

 

 

縞模様・横に段のある模様

 

横に段のある模様の場合は、柄をつなげるかずらすかします。

 

柄をつなげると横に大きく見えるので、やせた方に向きます。

 

ふくよかな人は、段をずらすと太さが目立ちにくいです。

 

 

縞模様・たてに半分ずつ模様が違う場合

 

真ん中で半分ずつ模様の違う縦縞の柄は、特に気をつけて柄合わせをしてください。

 

あわせ方で印象がずいぶん違ってきます。

 

中心に考える点は、

 

  • まず衿にどちらの柄を持ってくるか
  • 背中心で色柄を合わせるかまたは背中心で色柄を分けるか

 

仕立ての方と相談しながら決められるとよいですね。

 

ただ身長のある方は、生地の断ち方に制約がでるので、希望通りの柄合わせができないこともあります。

 

 

大きな模様

 

繰り返しある模様の中でも、「大きな柄の小紋着物」があります。

 

大きな柄が繰り返す小紋着物は大柄な方に似合います

 

着たとき目立つ位置に柄を配置するのもポイントです。

 

着たときに目立つところといえば、左身頃と膝、そして背中、ヒップ、裾の順です。

 

 

動物柄・とび柄で気をつけたいこと

 

「動物柄」「とび柄」(無地場が大きく柄が飛び飛びにしかない)ものは、衿の模様に気をつけましょう。

 

衿には上向きの柄をもってくるようにします。

 

すると柄が活かされ、顔映りもよくなります。

 

 

細かい柄の場合は柄合わせは不要?

 

これまで特徴的な柄で柄合わせをみてきましたが、細かい柄がたくさんある場合はどうでしょう。

 

特に柄合わせしなくてもかまわないといえます。

 

ただ一点、一番目につく衿には、「上向きの一番よい柄」をもってくるようにしましょう。

 

 

「柄合わせ」で見栄えが変わる「小紋着物」・体型と柄の特徴で考える・まとめ

 

小紋や浴衣を仕立てるにあたって、どのように柄を配置するかはよく考えて工夫を。

 

背が高い・低い、太目・やせているなど気になる方は、良い所を活かせる柄合わせを相談されるといいですよ。

 

柄合わせはものによって時間がかかりますが、「柄合わせ代」をあえて請求することはないようです

 




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する