木綿着物のシワとりアイロンがけの極意(浴衣も同じ)プロ直伝の順序

木綿着物のシワとりアイロンかけの極意(浴衣も)・あさイチ苦手を克服

木綿の着物は気持ちよく普段に着ることができますが、シワになりやすいのが気がかりです。

放っておけないシワには、やはりアイロンがけが必要ですね。

着物は面積が大きいので、アイロンをかけにくいですが、この「極意」を身につければ大丈夫。

この「ひと工夫」とプロ直伝の順序で行えば、スムーズにできますよ。

  1. 木綿きもののアイロンがけの極意
  2. 干すときのひと手間
  3. アイロンをかけるときの順番
  4. アイロンがけのときの注意
  5. シワがのびやすいのはスチーム?霧吹き?

この順に詳しくお話しますね(浴衣も同じ方法です)。

スポンサーリンク


木綿きものアイロンがけの極意と基本

アイロンをかけるときの極意、それは力の入れ方です。

絹の着物のときは力を入れませんが、木綿のときは入れます。

これからお伝えする「かけ方の基本」をおさえてくださいね!

<木綿着物のアイロンがけの基本>

  • アイロンの後ろの方に力を入れて、とがった先をわずかに浮かす

こうすると生地と接する部分が後方だけなので、スイスイっと自然に滑っていきます。

干すときのひと手間でアイロンを減らす

アイロンをかける手間は、極力減らしたいもの。

そのためには、干すときのひと手間をおしんではいけません。

以下三つ紹介しますね。

干すときのひと手間1・バンバンっとはらう

これ、洋服を干すときにもやっているかもしれないですね。

干すときに、2~3度はらうっていう動作。

木綿の服やタオルなど、干すときにバンバンっと2~3度はらうと思います。

それを木綿の着物のときもやるわけです。

こうしておくとシワをある程度のばしておくことができます。

干すときのひと手間2・引っ張る

着物ハンガーに干すとき、生地を引っ張りましょう。

  • 袖を縦方向に引っ張る
  • 身頃も縦方向に引っ張る
  • 衿も同じように衿先を引っ張る

これで洗いあがりのシワが減ります。

引っ張るときは、片手でなく両手で引っ張り合うようにします

干すときのひと手間3・手で挟む

また細かな洗いジワをとるには、手で挟むのも効果があります。

具体的には、両掌で生地を挟んで、押し付け合うようにしてすべらせます

またパンパンっとやはり両掌で挟んで、シワのところを軽きます

こうすると後からのアイロンがけが楽になりますよ。

木綿着物のアイロンのかけ方

木綿着物のアイロンのかけ方

では実際に木綿の着物にアイロンをかけましょう!

アイロン台の上にのせたら、かけるところの形を手で整えてからかけるようにします。

シワのあるところに霧吹きで霧をかけて、その都度アイロンをかけます

アイロンをかける順番は大切

新たなシワをつけたくないので、アイロンをかけるときはこの順で行うのがおすすめです。

<木綿きものにアイロンをかける順番>

  1. 最初に袖と衿に
  2. 身頃の裏を向け、後ろ身頃の繰り越し(肩山から40センチほどのところにある縫い目)より上に
  3. 表側にして前身頃と後ろ身頃を重ねて、前身頃側から

その後は本だたみするときのようにたたみながら、アイロンをかけます。

  ↓↓つづき

  1. 左側が肩右側を裾にして、手前にある右の脇線を折りたたんで、前身頃の上から
  2. 裾から肩山まで
  3. おくみを折り返して、向こうにある上前のおくみ・衿を重ね、おくみのところに
  4. 向こう側の左の脇を手前にある右の脇に合わせて、背縫いがまっすぐになるように整え、裾から肩山まで
  5. 左袖・右袖を外側に折り、右の後身頃が出るようにし、右の後ろ身頃にシワがあればアイロンをかけて終了

アイロンをかける時の注意点

以下のことに注意してかければ、さらに効率的です。

  • アイロンをかける前に手で必ず生地を平たくしておく
  • アイロンの後方に力を入れ、アイロンの進む先の生地をもう一方の手で軽く引っ張りながら
  • 広い台で着物がのるくらいの長さがあるものがやりやすい
  • 大きな台がない場合は、床に薄い毛布か平なバスタオルを敷きてかけてもよい
  • 「きせ」はつぶさないように

ビシっと仕上げたいなら、スプレー式のアイロン用のり剤を使ってくださいね!

シワがのびやすいのはスチームそれとも霧吹き?

木綿着物のシワとり

スチームか霧吹きか、どっちがシワがとれるでしょう。。。

答えは。。。木綿の着物のシワとりは、霧吹きを使う方が断然よくとれます

理由は霧吹きの方が、スチームより繊維に水分が残りやすいからです。

「スチームの水滴の大きさは、霧吹きの水滴の大きさのなんと100万分の一」!

しゅーっと吹きかけてもほとんどが繊維を通り越してしまい、繊維に水分を残さないのです。

勢いよく出るスチームですが、数回のスチームより一回の霧吹きの方が、繊維に残る水分量が多くシワが取れやすいです。

ですからぜひ霧吹きを使ってくださいね。

シワののびる仕組み

余談ですが、シワがのびる仕組みについても少し。

木綿の繊維に水が入ると、シワという分子の結合状態が解けて分子が自由に動けるようになります。

そこにアイロンをかけることで分子が整然と並んで、乾くとその状態が固定され、シワがなくなるという仕組みです。

木綿と麻は水に濡れやすいため、霧吹きなら十分に繊維の中まで濡れるので、シワがとれやすいのです。

洗ったあとの脱水時間が長いとシワができやすいので、ゆるめに脱水してください。

あと少しで乾くときに(湿気が少し残っている状態)で取りこめば、そのままアイロンをかけていけます。

木綿着物のシワとりアイロンがけの極意(浴衣も同じ)プロ直伝の順序まとめ

木綿着物のアイロンがけは、絹の着物とは全くちがう方法ですね。

アイロンがけの手間を減らすための干すときのひと手間は、アイロンがけの時間短縮になりますよ。

霧吹きは木綿の洋服のときも威力を発揮。

これはNHKあさイチで以前紹介されていた方法に、私のやり方をミックスした方法です。

さすがプロだなという印象をうけたところがあったので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

<関連ページ紹介>

絹の着物のアイロンがけの方法です⇒「着物のしわ取り(シワのばし)アイロンをかける具体的な方法!」

<おまけ・ワイシャツに応用するアイロンのかけ方>

プロに教わるアイロンのかけ方・ワイシャツのアイロンのかけ方

プロに教わるアイロンのかけ方が紹介されていたので、その方法を書き残しておきます。

  • ワイシャツにアイロンをかける時も、アイロンの後方に力を入れてかける
  • アイロンの先が浮くので、前ボタンもひっかからずにかけられる
  • アイロンを持たない方の手は、アイロンが進みやすいよう進行方向の先を引っ張る

<ワイシャツアイロンかけの順番>

余分なシワを作らないようにかけるには、離れたところからかけます。

そこでかける順序が大切になります。

1)袖口(裏からかける)と袖
2)前立て
3)衿(裏からかける)
4)後ろ身頃(裏からかける)、肩の部分も裏からかける
5)前身頃を重ねて一気にかける

プロの教える順序でかけると、仕上がりがとってもきれい!

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました