着物のときの下着及び補正下着のお手入れ・長持ちさせる洗濯方法
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

着物のときの下着及び補正下着のお手入れ・長持ちさせる洗濯方法

着物のとききの下着・補正下着の洗濯方法

着物のときの下着・補正下着の基本のお手入れ(洗濯)方法を紹介します。

 

着物のときのものといっても、特別難しいことはありません。

 

「汚れを取り除きつつ長持ちさせる」洗濯の方法ですので参考にしてくださいね。

 

肌に直接触れるものは、家庭で洗濯できるものがほとんどですが、一応洗濯表示を確認してください。

 

スポンサーリンク

 

家庭で洗濯できるもののお洗濯

 

「手洗いのマーク」「洗濯機のマーク」があれば家庭で洗濯できます

 

ここでは、「和装ブラ、肌着、裾除け、ワンピースタイプの下着」を想定してます。

 

「手洗いマーク」は基本的に、たらいなどに水をはって手で押し洗いかふり洗いをします。

 

洗濯機で洗うと他の衣類とこすれたり絡まることがあるので、それをさけるためです。

 

でも、こすれないようまた絡まらないように、そして手洗いのようなやさしい洗い方ができるなら、洗濯機でもOKです。

 

 

手洗いマークでも洗濯機で洗う方法

 

和装の下着で「手洗いマーク」でも洗濯機で洗う、私の方法を紹介します

 

「こすれない」「絡まらない」「手洗いのようなやさしい洗い方」を実現させる洗い方なのでこのようにします。

 

  • 裏を向けてたたむ
  • 単品ごとに洗濯ネットに入れる
  • 「弱水流コース、おしゃれ着コース、ドライ洗い、手洗い」といった弱い洗い方を選択する

 

このようにすれば、下着どうしがこすれあったり絡んだりせず、生地が傷みません。

 

 

補正下着の手入れ(洗濯)方法

 

補正用の下着(胸パッドや腰のパッドがあらかじめ装備されているもの)のお手入れ方法です。

 

これらも洗濯表示を確認して、「手洗いマーク」「洗濯機マーク」があれば家庭で洗濯できます。

 

洗濯機で洗えるものは、そのまま洗濯機にいれてしまっていいのですが、長持ちさせるためには単品ごと洗濯ネットに入れるのがおすすめです。

 

洗濯機は水流が強いので、他の洗濯ものとぶつかって補正用のスポンジや厚みを出す綿などがつぶれやすく、変形する可能性があるからです

 

「手洗いマーク」の補正下着は、下着同様たらいなどに水をはって手で押し洗いかふり洗いをします。

 

でも、手洗いなんて面倒!ということなら、洗濯機でもOKの方法をためしてください(私が行っている方法です)。

 

 

「補正下着」を手洗いマークでも洗濯機で洗う方法

 

  • 裏を向けてたたむ
  • 単品ごとに、ちょうど入る大きさの洗濯ネットに入れる
  • 「弱水流コース、おしゃれ着コース、ドライ洗い、手洗い」といった弱い洗い方を選択する

 

下着のときと違うのは、補正下着が洗濯ネットの中で動かないようにすることです。

 

洗濯ネットの中で動くと、補正用のパットなどが変形しやすくなるので念のためこうしています。

 

でもこれで、手洗いから解放されます。

 

 

絹製品の下着で洗濯表示のないもの

 

着物のとききの下着・補正下着の洗濯方法、絹製品の場合

 

下着の中で、裾除けに絹製品のものがあります。

 

現代のものは品質表示がありますが、表示のないものを持っています。

 

クリーニング店に任せてしまってもいいですが、下着なのにその都度お金がかかるのも・・・ね。

 

私の場合は、絹の下着も「手洗い」しています。

 

  • ぬるま湯に洗濯用の中性洗剤をとかす
  • 手で押し洗いする
  • すすぎは三回する
  • 軽く脱水するかタオルドライする

 

これって、スカーフやセーターなどの洗いと同じです。ね難しくないですね。

 

 

下着・補正下着の干し方と仕上げアイロン

 

洗い終わったら、できるだけシワをとるようにして干します。

 

このときシワがとれていれば、アイロンをかける手間がはぶけます。

 

干すときに手で生地を挟んで軽くたたくようにして、シワをとります

 

下着と補正下着の場合は、「ひっぱる」「バンバンと振り下ろす」はNGです

 

絹のものは、陰干しします。

 

アイロンがけは、よほどシワの気になるものだけかければです。

 

 

着物のときの下着及び補正下着のお手入れ・長持ちさせる洗濯方法・まとめ

 

着物のときの下着と補正下着の洗濯は、「手洗いマーク」「洗濯機マーク」があれば家庭で洗濯できます。

 

手洗いマークでも上記の洗濯機で洗う方法にすれば、手間がはぶけます。

 

長持ちさせるためには「こすれない」「絡まらない」「手洗いのようなやさしい洗い方」です。

 

絹製品は陰干しして黄ばみを予防します。

 

補正下着は、補正のパットが変形しないように扱ってください。

 

 

なるべく手間をかけず着物と付き合いたいので、手洗い表示の下着類も洗濯機を利用することがあります。

 

上で書いた方法ですが、「絶対大丈夫」というものではありませんのでご自分で確かめつつやってみてくさいね。




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する