長じゅばんのしわをとりたい!アイロンしていい?やり方は?

長じゅばんにアイロンをあてていいですか?

長じゅばんのたたみ方が悪かったのか、衿のそばと袖にしわがついてしまいました。

アイロンを当ててもいいのでしょうか?

また、着たときにできたシワをとりたいですが、アイロンをしてから収納した方がいいでしょうか?

多分ちゃんとたたんでいたはずです。

何枚か重ねて収納した場合、接している一枚を取り出すときにずれたのかもしれません。

ずれた長じゅばんに、上から重みが加わるとシワができてしまいます。

さて本題、アイロンをあてていいかについてです。

スポンサーリンク


長じゅばんのアイロンはOK

長じゅばんのしわをとるのにアイロンですが、アイロンをあてても大丈夫です

ただしあて方は丁寧に行ってくださいね。

丁寧というのは「長くじっくりあてる」という意味ではありません。

「コツ」と言ういう意味で、このようにしてくださいね。

どんな素材のものでも、このことは共通しています。

<アイロンのあて方のコツ>

  • 長じゅばんの材質に適したアイロンの温度を選択する
  • すべらすようにアイロンを移動させながらあてる
  • 強く押し付けない

特に注意したい絹・シルクの長じゅばん

長じゅばんにアイロン・特に注意したい絹・シルクの長じゅばん

特に絹の長じゅばんは、注意してアイロンをあててくださいね。

あて方が悪いと「変色」「毛羽立ち」などをおこしかねません。

上記のあて方のコツにプラスして、以下のようにおこなってください。

<絹・シルクの長じゅばんのアイロンのあて方>

  • 「あて布」(白い薄い木綿生地でのりを落としてあるもの)をしてアイロンをあてる
  • 布の目にそって移動させる
  • シワがとれないときは、霧吹きで「あて布」に霧を吹いてアイロンをあてる

※霧が長じゅばんに飛び散らないよう注意を。

次に、「収納するときにアイロンを当てるかどうか」ですが、

収納するときアイロンをあてる?

着用後のしわが気になることがありますね。

目立ったシワがのこったら。。。

アイロンをあてて、シワをとってから収納するのはOKです

アイロンの熱がとれてから収納してくださいね。

目だったシワがなければそのままで

目だったシワがなければ、アイロンをあてずにたたんでしまってもOKです。

ウエスト周りに残ったシワは、手のひらで軽く押さえて(手のしをして)たためばほぼとれます。

長じゅばんの小さなシワはあまり気にしなくても大丈夫です。

でも、着物のときはそうもいきませんね。

着物は慎重にしわとりをしてくださいね
 ↓↓
「着物のしわ取り(シワのばし) アイロンをかける具体的な方法!」

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました