お太鼓の山が下がってきます、ぎゅっとすると苦しいです。どうしたらいい?
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

お太鼓の山が下がってきます、ぎゅっとすると苦しいです。どうしたらいい?

お太鼓の山が下がってきます、ぎゅっとすると苦しいです。どうしたらいい?

 

お太鼓の山が下がったり斜めになります。

 

背中にしっかりつけると、とても苦しいです。

 

帯枕を背中にぴったりつけようとして、帯枕のひもをぎゅっと結んでいるのですね。

 

でも結び方が緩いと、枕の位置が不安定になってしまう、のですね。

 

その解消法は、やはり帯枕の紐の結び方というか締め方にあります

 

着つけるときに以下のような点に気をつけてみてください。

 

 

帯枕を背中にぴったりつける方法

 

では解消法お伝えします。

 

  • お太鼓の山を作るとき、帯線の上にちゃんと帯枕がのっていることを確認します。
  •  

  • 帯枕についている紐を、床と並行でなく斜め下(45度)に向かってしっかり引きます
  •  

    (こうすることで、背中にぴったりと帯枕がつきます)

     

  • そのまま帯枕の紐を前ですき間のないように結んで、帯の内側に入れます。
  •  

  • 結び目をを帯幅の真ん中あたりまで押し込むようにします。
  •  

    (こうすることでさらに背中にぴったりと帯枕がつきます)

 

 

帯枕のひもを太くするのもいい方法です

 

あなたの帯枕についている紐をみてください。

 

紐がツルツルしていて細い紐ではありませんか?

 

もし細い紐なら、力が入れにくく体に密着させにくいです。

 

そんなときは、ガーゼで帯枕をすっぽりと包んみてください

 

お太鼓の山が下がってくるとき、紐を太くするのもよい方法です

 

そうすると、斜め下に力をいれるとき入れやすく、結ぶときもゆるみにくいです。

 

ガーゼなら取り外して洗うこともでき、衛生的です。

 

また帯枕そのものが滑りやすい素材の場合も、ガーゼをかけておくといいですよ

 

「帯枕」お太鼓の形を決める重要なものです。

 

お太鼓をうまく素早く作るための「技」を紹介していますので、こちらも参考にしてください。
 ↓↓

 

「帯枕とは・帯枕の役割や選び方を知って帯結び上達」

 




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する