帯枕とは・役割や選び方/お太鼓がうまくできないときの解決法も

帯枕とは・帯枕の役割や選び方/お太鼓がうまくできないときの解決法も、二重太鼓の後ろ姿

「帯枕」は、着物のときに結ぶ帯の形を補助する小物の一つです。

名古屋帯でのお太鼓結び、袋帯での二重太鼓や飾り結びのとき用います。

「帯枕」の役割や選び方を知って、着物姿にいっそう磨きをかけてください。

  • 帯枕の役割
  • 袋帯の変わり結びに使う帯枕
  • 一般的な一重太鼓用の帯枕
  • 体型・年齢による見栄えと帯枕の扱い
  • お太鼓を作りやすい帯枕とは
  • 最適な帯枕を作る

の順にお話しますね。

スポンサーリンク


帯枕の役割

帯枕とは・帯枕の役割や選び方/お太鼓がうまくできないときの解決法も、一重のお太鼓の後ろ姿

◆小紋の着物に名古屋帯の後ろ姿

帯枕は主に「お太鼓(たいこ)」をするときに、お太鼓の上部を形作ります。

名古屋帯は「一重太鼓」、袋帯は「二重太鼓」をするときに使います。

帯枕の大きさ厚みで雰囲気が変わる

お太鼓そのものは「着物の後ろ姿の顔」といわれるくらい大事なところです。

お太鼓のボリュームや全体の形で、着物姿の雰囲気が大きく変わります

そのためどんな帯枕を使うかは、とても大切です。

帯枕には、厚みがふっくらしたものと薄いもの、サイズの大小があります。

それらを使い分けることで、

  • カジュアルな着物姿
  • スラっとした粋な着物姿
  • 立派な礼装向きの着物姿

といった目指す着物姿へと変化させます。

<帯枕の役割・まとめると>

  • お太鼓の上部を形づくる
  • お太鼓の全体の雰囲気を決める

袋帯の「変わり結び」にも帯枕を使う

帯枕はお太鼓結びだけでなく、袋帯で華やかな「変わり結び(飾り結び)」をするときにも使います。

飾り結びをするときも、結び方や飾り方によって帯枕を使い分けます。

お太鼓系・文庫系に使う帯枕の例

帯枕とは・お太鼓系・文庫系の結び用帯枕

◆お太鼓・文庫に向く帯枕

こちらはお太鼓系や文庫系の帯結びをする際に、主に用いられる帯枕です。

幅は狭いけれどこんもりと丸みを帯びた帯枕です。

画像の帯枕は両方とも厚みが6センチ近くあります。

一重太鼓や変わり結び用の例

帯枕とは・一重太鼓や変わり結び用の例

◆一重太鼓向き帯枕

一重太鼓に使う一般的な大きさの帯枕の例です。

ほかに立て矢系、現代帯結びの様々なバリエーションの帯結びに用います。

上のものは手作りの帯枕で、厚みは4.5センチ。

下のものはプラスチック製、厚みは3.5センチ。

体型・年齢による見栄えと帯枕の扱い

帯枕は、体型や年齢によって、できれば使い分けたいです。

若い方向きは(普段用~礼装まで)

若い方は、大き目で厚みのある帯枕が普段~礼装向きまで使えます。

特に礼装では帯の柄も目立ち、若さを際立たせることができます。

普段にもお召しになるなら、厚みの薄いものがひとつあるとカジュアルに装えます。

中年の方向きは

落ち着いた年代の方は、お太鼓はボリューム控えめが似合うでしょう。

帯枕は普通のタイプです。

ただ礼装や正装をする場合は、厚みのある帯枕で立派に見せましょう。

ご高齢の方向きは

ご高齢の方で痩せている方は、幅の狭いものがむいています。

また素材の柔らかい帯枕にして楽な着心地に

礼装や正装の際は、普段より大きめが似合います。

お太鼓を作りやすい帯枕とは

「お太鼓結びが上手くできない」というお悩みをよくよく聞いていると、「帯枕が適していないのでは?」と思うことがあります。

帯枕の形ではなく、「扱にくい」ことが原因のようです。

なぜ帯枕が扱いにくいかといえば、

  • ついている紐が細い
  • 帯枕の背につく面がかたい

からだと思われます。

そのときは、このように少し手を加えてみてください。

お太鼓を作りやすい帯枕にする

紐が細い、素材が硬いなど扱いにくい帯枕を扱いやすくするには、

「ガーゼを紐ごと覆うようにかぶせます」

帯枕とは・お太鼓を作りやすい帯枕にする、ガーゼでおおう

◆標準タイプのお太鼓枕にガーゼをかけて

こうすると帯枕が背中につきやすくなり、お太鼓の山の形も安定しやすいです。

ガーゼによって背中につく面が、ほどよく密着しやすくなります。

上の画像の三つは、厚みが4.0~4.5センチ、サイズは17~20センチです。

一重太鼓に使うにはこれくらいのものが標準で、ほとんどの方に合うサイズです

それでも「まだ上手くお太鼓ができない」ときの対処法

「ガーゼをとりつけてみたけど、それでもまだ上手くお太鼓ができない」ときは、

帯枕の背中にあたる平面のところに、薄いハンカチをたたんで置き、それからガーゼで覆う。

こうすると、背中へのフィット感が格段にアップするはずです。

買うときは、背中にあたるところにクッション性があり、太めのひもがついているものを最初から選ぶのがポイントですね。

それでも適した帯枕がないときの裏ワザ・手作り

それでも満足できるものにならない場合は、こんなワザはいかがでしょう。

「帯枕そのものを作ってしまう!」

のです。

ハンドタオルや薄いタオルで、自分の好みの長さと厚さの帯枕を作ります

薄い帯枕にタオルを巻いて、好みの大きさ厚さにもできます。

お太鼓の大きさが決まったら、全体をガーゼで覆います。

これで自分にぴったりの帯枕ができあがりです!

タオルの層があるので、背中にフィットしやすくなりますよ^^。

<手作り帯枕の利点>

  • 形状はタオルの量で調整できる
  • 背中にフィットしやすい

芯には発泡スチロールも利用できます。

以前教室でお話したところ、「目からウロコ!」と驚かれていました。

ご自分用に手を加えることで、帯結びがきっとうまくいくでしょう。

帯枕とは・役割や選び方/お太鼓がうまくできないときの解決法も・まとめ

帯枕はお太鼓や飾り結びに必須の小物。

ご自分の好みと着物姿の雰囲気によって、大きさなど選んでくださいね。

基本、普段用は普通サイズ、礼装・正装には厚みのある帯枕で。

ガーゼで全体を覆うと、帯と枕が滑らずお太鼓を作りやすくなる。

大きさや厚みの調整をタオルで試してみましょう。

そのほか気になることはトップページ「きもの物語」の検索窓でどうぞ

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました