使用後シワになった麻の帯の手入れ「寝押し」・麻素材の特徴
スポンサーリンク

使用後シワになった麻の帯の手入れ「寝押し」・麻素材の特徴

シワになった麻の帯の手入れ

麻素材の帯は、通気性がよくさらっとした心地が魅力。

 

夏には欠かせない素材ですが、使用後にシワがたくさんできますね。

 

吊るしておくだけではシワが解消することはないので、しまつが大変。

 

それを敬遠してか、麻の帯は人気がいまひとつのようです。

 

そこで今回は麻の帯の手入れ、主にシワを取る方法について紹介しますね。

 

スポンサーリンク

Twitter始めました。フォローお願いいたします。

 

シワがくっきりついた麻の半幅帯のシワ取り方法

 

シワになった麻の帯の手入れ

◆使用後大きなシワがついた麻の半幅帯

 

これは先日使った麻の半幅帯です。

 

5時間ほど締めていた帯を解いてみると、折り目がくっきりとシワになって残りました。

 

これだけ見ると、「ああ、もうシワだらけ!アイロンかけなきゃ」と気分が下がります。

 

後回しにして、ほったらかしにしたいくらい。^^

 

 

シワとりにおすすめの「寝押し」

 

シワを取るといえばアイロンを使うと考えがちですが、麻の帯のシワは「寝押し」がいいですよ。

 

「寝押し」というのは、寝て押すという文字の通り、きちんとたたんで布団の下に置き、寝ている間に押さえられてシワがとれるという方法です。

 

中高生のとき、学生服のスカートのプリーツを整えるのに、敷き布団の下に挟んだことがあるかと思います、あの寝押しです。

 

 

寝押しした半幅帯と具体的な方法

 

シワになった麻の帯の手入れ

◆寝押しが済みもとに戻った半幅帯

 

寝押しの具体的な方法は、

 

  1. 寝押しの前に「霧吹き」でシワがくっきりできているところに霧を吹く
  2. 四分の一の長さにたたみ、糊をおとした薄い木綿の布に挟んで敷布団の下に置く

 

今回は昼間4時間ほど布団に挟んで取り出しました。

 

それできれいにシワがとれていましたよ。

 

アイロンはいっさい使っていません。

 

取り出したとき、わずかに湿気が残っていたのでハンガーにかけ陰干ししました。

 

 

「寝押し」の方法、薄い板を使う方法

 

「寝押し」の方法で、より確実に寝押しできる方法があります。

 

それは「薄い板二枚の間に挟む」という方法です。

 

その方がシワが取れやすいでしょう。

 

麻の着物や紬の着物を寝押しするのにも利用できます。

 

半幅帯の場合は面積が小さいので、板の代わりに「白い厚手の紙」や「段ボール紙」でもいいでしょう。

 

霧を吹くので、印刷した紙や色のついた布はやめます。

 

 

寝るとき以外でもOK

 

また寝るとき以外でも、寝押しの方法はあります。

 

  1. 座布団を何枚か重ねて上に置く
  2. 座布団を一枚敷き自分がその上に座り重さをかける

 

要は適度な重さをかければよいのです。

 

 

麻素材の特徴

 

麻の素材は夏向きの優れた素材ですが、気になるところもあります。

 

良いところと気になるところをまとめましたので、お手入れの参考にしてくださいね。

 

 

麻素材の良いところ

 

  • 通気性がよく涼しい
  • 軽くさらっとした肌触りである

 

 

麻素材の気になるところ

 

  • 摩擦に弱い(擦れると白っぽくなることがある)
  • 染色しにくく色落ちしやすい
  • 伸縮しにくい
  • シワになりやすい

 

摩擦に弱いので、帯の結び目は次第に繊維が切れるような毛羽立ちが出てきます。

 

そのためあまり頻繁には使いたくないと感じます。

 

帯結びも一度で決めるようにしないと、擦れることで毛羽立ちが出てきます。

 

気になる点はあるものの、麻素材は夏の和装の素材として、涼感のある最適な素材です。

 

特徴を知って、おおいに利用したいですね。

 

 

使用後シワになった麻の帯の手入れ「寝押し」・麻素材の特徴・終わりに

 

麻の帯は使用後そのままではシワがとれません。

 

霧を吹きかけて寝押しすれば、ほぼ元の状態にもどります。

 

それでもシワが気になる場合は、霧を吹きアイロンをあてます。

 

麻の和装品には、着物・帯・長じゅばん・半衿・帯揚げなどがあるので、特徴を知ってご活用くださいね。

 


Twitter始めました。フォローお願いいたします。




スポンサーリンク





  はてなブックマークに登録する
Twitter始めました。フォローお願いいたします。