女性用兵児帯の作り方と結び方・手順つき(反物から・服地から)

女性用兵児帯・服地から作成しリボン返しのアレンジ結び

普段の着物のときに「兵児帯(へこおび)」を利用すると着心地が楽です。

浴衣のときだけと思われがちですが、日常の着物生活にもよいですよ。

「兵児帯」の特徴は、軽やかでふんわりしているところ。

そのため締め付けも少なく、着心地が楽です。

普段にもいいですし、軽いお出かけ程度の着物のときにも向いています。

まだ着物に兼用できそうな商品そのものの数が少ないように思うので、気にいった生地でご自分で作ってみてはどうでしょう。

作り方はいたって簡単、ぜひお試しください。

スポンサーリンク


女性用兵児帯の見本と作り方

ここではごく簡単に手作りできるものを紹介します。

和装用の反物で作るのが一番かんたんですよ

反物なら長辺の始末が不要で、短い辺は三つ折りの始末だけで済みます。

女性用兵児帯の見本

まず手作りした兵児帯の見本を紹介します。

生地の質感などをみてください。

<兵児帯出来上がりサイズ>

幅35~38センチ、長さ360~400センチ

反物から作成した女性用兵児帯

女性用兵児帯・反物から作成した完成品

◆反物から作成した兵児帯

この紺色の兵児帯は、着物の反物からつくりました。

短辺の端の始末だけがしてあります。

長さは自由ですが、私の扱いやすい長さ390センチ・幅38センチです。

木綿の洋服地から作成した女性用兵児帯

女性用兵児帯・洋服地から作成した完成品

◆木綿の洋服生地から作成した兵児帯

これは木綿の絞りの洋服生地で作りました。

白地に赤黒い絞り染めのあるものです。

洋服地は反物のような長さがありません。

そのため中心に60センチ継ぎ足しました

帯は締めるものなので、継ぎ目は袋縫いにしています

生地の継ぎ目の縫い方・袋状に縫う方法

女性用兵児帯・洋服地から作成袋縫いの方法

袋縫いは、表と表を合わせて、1センチずらし、内側(短い方)の端から5ミリはいったところで縫い、

女性用兵児帯・洋服地から作成袋縫いの方法

その後長い方を端から8ミリで折り、

女性用兵児帯・洋服地から作成袋縫いの方法

今縫った縫い目のところでまた折って、その端を縫います。

裏側からは縫い目が二本見えています。

表側からは一本縫い目が見えています。

洋服地から兵児帯、端の始末

長辺の一方はミミになっている生地なので、そのまま利用します。

長辺のもう一方は、7~8ミリ幅の三つ折りにし端を縫います。

女性用兵児帯・洋服地から作成完成

最後に、短い辺の両端を同じく三つ折りにして、端を縫います

完成です。

適した反物がない場合の洋服地の選び方

手作りするうえで一番おすすめなのは、和服用の反物です。

ですがちょうど良いものが見つからない場合は、上記のように洋服地を利用します。

そのさいの目安というか、兵児帯に適した生地の見つけ方を紹介します。

<兵児帯に適した洋服地>

  • 薄くて張りのある生地
  • 化学繊維、または表面に凹凸のある素材のもの

を選ぶとよいでしょう。

理由は、結んだときペタッとならず、ふわっとしたボリュームが出る素材だからです。

兵児帯で結んだ例を紹介

兵児帯で結んだ例を三つつ紹介します。

リボン返し

女性用兵児帯・洋服地から、リボン返し結び

洋服地から作った兵児帯で、「リボン返し」という簡単な帯結びをしてみました。

胴に二重巻き付けて、蝶々結びをして、たれと手先を結びめの下から通してたらした結びです。

リボン返しのアレンジ結び

女性用兵児帯・洋服地から、リボン返しのアレンジ結び

同じリボン返しですが、羽根とひだを少し変えました。

少しですが雰囲気が変わります。

反物から作った兵児帯で「角出し太鼓」結び

女性用兵児帯を手作りして角出し太鼓を結んだ例

◆先に紹介した青い帯で結んでいます

反物で作った青い兵児帯で、角出し太鼓を結んでみました。

これは落ち着いた雰囲気になりますから、40代以降の方に特におすすめしたい結び方です。

「「角出し太鼓」結び」の詳しい解説はこちら⇒角出し太鼓(兵児帯)の結び方とアレンジ・画像入りで詳細解説

リボン返しの詳しい結び方はこちら⇒リボン返し(兵児帯)の結び方とアレンジ・画像入りで詳しく解説

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました