浴衣をリメイクしてツーピースの外出着に・ウエストリボンつき
スポンサーリンク

浴衣をリメイクしてツーピースの外出着に・ウエストリボンつき

浴衣からリメイク、ツーピースの外出着(ワンピースとしても)

浴衣をリメイクしてツーピースの外出着にしました。

 

ウエストにリボンベルトをつければ、涼しさいっぱいのワンピースに見えます。

 

背の低い人も高い人も大丈夫。

 

ヒップ100センチの人まで着用できます。

 

浴衣一枚でできるのでぜひお試しくださいね。

 

スポンサーリンク

Twitter始めました。フォローお願いいたします。

 

浴衣をリメイク⇒トップスとスカートに

 

女性用浴衣(リメイク前)青い蝶の柄

◆リメイク前の女性用浴衣

 

トップスの裾をスカートの内側に入れると、ワンピースに見えるので、お好みで着方を変えてみてください。

 

<リメイク用の浴衣のサイズ>

 

  • 丈:142.0センチ
  • 裄:62.0センチ
  • 前幅:22.5センチ
  • 後幅:28.0センチ
  • おくみ:14.0センチ

 

浴衣としては小さいサイズのものです。

 

ではこの浴衣をリメイクします。

 

 

リメイクに必要なもの

 

<必要なもの>

 

  • ミシン・生地色に合う糸
  • 縫い糸・縫い針
  • リッパ―(ほどき用・糸きりハサミでもOK)
  • ウエストサイズ×0.85の長さのゴム
  • スナップボタン8個

 

作り方

 

手順は、袖と衿をはずして、脇をぬいとめ、衿周り、裾、スカートを作製します。

 

ファスナーやダーツはとりません。

 

まずトップスからお話します。

 

 

ステップ1・衿と袖をはずす

 

最初に衿と両袖をはずします

 

衿の周りは身ごろの生地が折りたたまれているので、衿が縫いとめてあった位置から1センチを残して切り落とします。

 

女性用浴衣の袖と衿をはずしたところ

◆浴衣の衿と袖をはずし、衿1センチのこしたところ

 

するとこのような状態になります。

 

女性用浴衣の衿をはずし、掛け衿と芯とわける

◆衿と掛け衿と芯

 

衿からは掛け衿をはずし、内側の芯も取り出しておきます。

 

 

ステップ2・衿の周囲をテープでくるむ

 

次に衿の周囲をくるみます。

 

はずした衿から、バイアステープのように、1センチ内側におれる1.5センチのテープ状のものを作ります。

 

これを元の衿がついていた位置にとりつけます。

 

↓↓↓

 

浴衣からリメイク、衿の周囲をくるむテープをとりつけているところ

◆衿の周囲をくるむテープをとりつけているところ 衿先のあたり

 

衿のついていた位置にとりつけます。

 

浴衣からリメイク、衿の周囲をくるむテープをとりつけたところ

◆衿の周囲をテープでくるみました

 

 

ステップ3・脇をぬう

 

脇のあきを肩山から20センチのこしてぬい閉じます

 

(袖をとりはずすと、肩山から33~35センチくらい空いています。)

 

 

ステップ4・上下を切り離しトップスの裾を作る

 

肩山から68センチのところをまっすぐに切り離します。

 

裾の3センチの分で三つ折りにして裾を作ります。

 

 

ステップ・5トップスの前部分を作る

 

浴衣からリメイク、トップス前に逆二等辺三角形の取り外し可能なパーツ

◆トップス前に逆二等辺三角形の取り外し可能なパーツ

 

はずした袖から、柄のよいところを選んで、トップスの前の部分に空きをカバーする逆二等辺三角形のパーツをつくります。

 

これはトップスを平面において、空きの部分をはかってその大きさにします。

 

肩山から13センチの位置に取り付けできるようはかります。

 

(型紙をつくりそれに合わせて布を裁断)

 

周囲は先ほど衿の周囲をくるんだものと同じ大きさのテープ状のものをつくって付けます。

 

浴衣からリメイク、トップス前に逆二等辺三角形の取り外し可能なパーツをつけた

◆スナップボタンをつけたところ

 

スナップボタンを6個、そのパーツにつけ、2個はトップスのあわせにつけます。

 

 

スカートの作製

 

スカートの裾はそのまま使います。

 

いしきあてはそのままでもいいし、とってもかまいません(この浴衣は透けやすいのでつけたままにしました)。

 

 

ステップ1・長い分はウエスト部分で切り落とす

 

長さはウエスト部分で調整します(長すぎるときはウエスト部分を切り落とす)。

 

ゴム通し用に4センチをつけておきます。

 

 

ステップ2・スカートの脇を閉じる

 

浴衣からリメイク、スカートのすそ20センチあけて

◆スカートのすそ20センチあけて

 

「おくみ」の端と端を1.5センチ縫い代で縫い合わせます

 

そのとき下から20センチはあけたままにしておきます。

 

縫い代をアイロンでたおします。

 

 

ステップ3・ウエストにゴムを通す

 

ウエストのゴム通し部分を1センチ縫い代で3センチの通し部分を作り

 

1.5センチ幅のゴムを通します。

 

ゴムの端は1~2センチ重ねてぬい合わせます。

 

※後でゴムを通すとひっかかって(浴衣のときの縫い代の倒れ方がマチマチなので)しまうことがあるので、ゴムを通しながら作るとよいかもしれません。

 

 

ベルト(ひも)を作る

 

最後にひもを作っておしまいです。

 

はずした衿から幅4.5センチ×188センチのひも(ベルト)を作ります。

 

浴衣からリメイク、ベルト ひも作成

◆ベルト(ひも)を作る

 

端を1センチ折り込んでひもを作ります。

 

ひもは幅4~5センチ、長さはとれるだけの長さをとってかまいません。

 

 

浴衣をリメイクしてツーピースの外出着に・ウエストリボン まとめ

 

サイズの小さい浴衣でも、このデザインはリメイクできます。

 

ゆったり着たい場合はトップスを出して着用できます。

 

透ける浴衣生地の場合は、外出着としてはペチコートを利用した方がよいでしょう。

 

見える下着をトップスの下に着てみると雰囲気が変わります。

 

浴衣からリメイクしたツーピース、見える下着で

◆見える下着を着てみる

 

浴衣からリメイクしたツーピース、見える下着で

◆見える下着とウエストベルト

 

相性さえあえば、見える下着(名称がわかりません)やTシャツを内側にして楽しんでください。

 

<関連ページ紹介>

 

着物からのカンタンなリメイクをお伝えしています。

 

着物のリメイク・ほどかず筒袖の割ぽう着(上っ張り)に・超カンタン


Twitter始めました。フォローお願いいたします。




スポンサーリンク





  はてなブックマークに登録する
Twitter始めました。フォローお願いいたします。