浴衣デビュー時の息子(ビフォー・アフター)腰あげをして浪人結びで

息子

7月の下旬のこと、息子が突然「浴衣を着たいからオヤジの見せて」といいます。

以前夫に合わせて作った浴衣を、二枚出しておきました。

夫との身長差は1センチなので着れるといいなと思いつつ。

夜お風呂上りに着せてみたところ、柄についてはひとつを気にいって、帯もOKということになりました。

男性用の浴衣は、年代を問わないものが多いですね。

しかしながら、体型が違うので、身幅はだぶつくし丈も長すぎです!

スポンサーリンク


浴衣を試着・長すぎ!ビフォー

浴衣デビュー時の息子の写真(ビフォー・アフター)腰あげをして浪人結びで

◆浪人結びを結んだ姿

ちなみに、

  • 息子のサイズ:身長は177センチ・体重65キロ・ウエスト76センチ
  • 夫のサイズ:身長178センチ、体重80キロ・ウエスト??(おなかぽっこり)

身長はほとんど同じにもかかわらず、夫の浴衣では息子には丈が長すぎなのです!

長すぎて床に引きずりそうです。

約6センチ長すぎます。

「ありゃりゃ、こんなに着丈が違うのかぁ・・・(-_-;)」です。

とてもこのままではムリなので、丈を短くすることにしました。

兵児帯はボツに・角帯を貝ノ口で

浴衣デビュー時の息子の写真(ビフォー・アフター)貝ノ口結び

◆浴衣後ろ姿・貝ノ口結び

どうも花火を見に行くらしいので、ラクな着付けがいいとおもい最初は兵児帯を試してみました。

でも兵児帯は幅がたっぷりあって、むしろ暑苦しい感じです。

色の取り合わせもよくないため、ボツになりました。

それでこの博多風の角帯を締めてみました。

一般的な大きさの「貝ノ口」を結んでみたのですが、大きすぎる印象です。

「ここも小さくまとめないと」

とわかり、「本番はもう少しバランスよくするからね」というと、「オレ自分でやるから教えてくれ」といいます。

確かに自分でやってくれれば、これからも好きなときに着られます。

今からデートだと悟られることなく浴衣で外出できるから、本人にとっては好都合です。

この後も自分で浴衣を着てくれることを期待しつつ、伝授しようと思います。

補正してほしいけど嫌がる

補正についてですが、ウエストの補正を男性の場合もおすすめしています。

息子にさせたら「暑い!」っと嫌がります。

理由を説明しても、暑いからという理由で拒否されました(>_<)。

花火大会当日(アフター)の着付け

浴衣デビュー時の息子の写真(ビフォー・アフター)腰あげをして浪人結びで

◆紺色の浴衣姿・角帯で浪人結び

6センチ長すぎた丈は、すでに「揚げ」をとりちょうどよい丈にしてあります。

あげの取り方(身丈短く)は⇒「男性浴衣の揚げ(腰あげ)のやり方を写真とともに解説しています

また余っていた身幅は、下前を脇で折り返し、上前は脇でタックをとって着付けました

これでOKです。

帯結びは、息子は「浪人結びの方がカッコいい!」というのでそちらにしました。

これが本番の写真です。

浴衣デビュー時の息子の写真(ビフォー・アフター)腰あげをして浪人結びで

◆浪人結びの後ろ姿

本番当日も補正はどうしても嫌がるので、なしのままです。

エアコンをかけて涼しーくして着付けましたので、本人も快適だったようです。

太っちょのお父さんの浴衣も、ほっそり息子が着ることができほっとしています。

シーズンに一度か二度しか着ないときは、こんな風に手を加えてみてくださいね。

ちなみに息子は左利きで、「扇子はこの向きが使いやすい」ということで。

浴衣デビュー時の息子(ビフォー・アフター)腰あげをして浪人結びで・まとめ

兵児帯なら薄手のものが浴衣には合います。

身長がほぼ同じでも、太いか細いかで身丈が数センチ変わってきます。

男物はおはしょりの調整がないので、ちょうどよい丈を用意する必要がありますね。

<関連ページ紹介>

ここで結んでいる「貝ノ口」と「浪人結び」の結び方です。

メンズ(男性)の帯結び「貝の口」「浪人結び」を紹介・結んであげる

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました