着物リメイク/ポケットティッシュケースの作り方・画像ありで簡単

着物生地からリメイク、ティッシュケース三種類

和服(着物)生地をリメイクして、ティッシュケースを作りました。

思い出のあるきもの、気にいっている柄などを、形にして残すのにいかがですか?

ポケットティッシュケースなので、少量の生地で簡単にできますよ。

では作り方を詳しくお伝えします。

スポンサーリンク


ポケットティッシュケースの作り方

<用意するもの>

  • 23センチ×14.5センチの着物生地一枚
  • 同じサイズの裏用の生地一枚または接着芯
  • ミシン
  • アイロン
  • まち針
  • 接着芯がないときはのり
※出来上がりはティッシュ二つがはいります。

1)二枚の生地を貼り合わせる

着物生地からリメイク、ティッシュケース、生地の用意

まず生地の裏と裏を合わせて、貼りあわせます。

画像のものは、のりを薄く周囲につけてアイロンで押さえて貼り合わせています

二枚合わせて周囲にジグザグミシンをかけてもよいです

この生地はほつれやすい布なので、ジグザグミシンをかけほつれ止めしています。

2)幅の始末

着物生地からリメイク、ティッシュケース、端をおって留める

長い方の端をそれぞれ1センチ折り返して、5~8ミリはいったところをミシンで縫い押さえます。

3)入れ口を少し重ねる

着物生地からリメイク、ティッシュケース、表を内側にして、中央にした入れ口を5~8ミリ重ねる

表を内側にして、中央にした入れ口を5~8ミリ重ねます。

4)上下を縫う

着物生地からリメイク、ティッシュケース、上下端から1センチのところを縫う

上下を1センチの縫い代で縫います。

今縫ったところの縫い代を、入れ口のない方にアイロンでしっかり倒します。

5)表に返して完成

着物生地からリメイク、ティッシュケース表に返して完成

表に返して形を整えれば完成です。

  • ここではわかりやすいよう白い糸で縫っていますが、表生地と似た色の糸で縫ってくださいね。

着物生地からリメイクしたティッシュケース三種類

着物生地からリメイク、ティッシュケース三種類

真ん中が今作った、紺と赤の市松どりのもの。

左のものは茶色地で小花の花柄。

右が紺の絞りのもの。

今並べてみて、どれも元は羽織だったのを思い出しました。

左のものは特に柔らかい生地ですが、裏地をつけることでしゃんとしたティッシュケースになりました

どれも生地は絹なので、バッグから取り出すときとてもいい感触です。

着物リメイク/ポケットティッシュケースの作り方・画像ありで簡単・まとめ

気に入った着物柄をリメイクして残しました。

絹の生地は柔らかいので裏生地を必ずつけましょう。

裏地を接着芯にすれば、あっという間にできます。

<関連ページ紹介>

ほかにも簡単なリメイクの方法をお伝えしています。

お手玉の作り方⇒「幸せお手玉(座布団型)の作り方!画像ありで誰でもOK(プレゼントにも)

巾着袋の作り方⇒「巾着袋(着物生地からのリメイク)基本の作り方・画像付きで簡単

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました