着物のフルセットのレンタルの注意点・初心者さんへ・着物用語
スポンサーリンク

着物のフルセットのレンタルの注意点・初心者さんへ・着物用語

フルセットレンタルとは(きもののレンタル)・着物用語、着物姿の二人の女性

行事などで着物を着る機会に、購入するかレンタルするか。

 

振り袖や七五三の着物、袴などはめったに着る機会がない衣装ですから、

 

「フルセットでレンタル」を選ぶことも増えています。

 

この「フルセットでレンタルする」は、文字通り、「セットですべてレンタルできます」ということ。

 

これで安心なのですが、ちょっとだけ注意点もあります。

 

着物初心者さんには念頭に置いていただきたいことをお伝えします。

 

スポンサーリンク

Twitter始めました。フォローお願いいたします。

 

着物のフルセットのレンタル・具体的に

 

着物の「フルセットレンタル」は、着用して出かけることができるまでの、

 

衣裳や小物の全てがセットになっている、という意味です。

 

ですから通常は、着物姿になるために必要なものすべてをいいます。

 

着物姿になるのに必要なもの

 

  • きもの
  • 帯締め
  • 帯揚げ
  • 長じゅばん
  • 半衿
  • 伊達衿
  • 帯板
  • 帯枕
  • 腰ひも
  • 伊達締め(または着付けベルト)
  • 衿芯
  • 足袋(購入のことも)

 

をいいます。

 

 

外出にあたって必要なもの

 

また外出にあたって必要なものも含まれます。

 

  • 草履
  • バッグ
  • 末広

 

これらをセットの一式に含めているのが普通です。

 

ここまではポピュラーなフルセットのレンタル内容です。

 

 

ほかに含まれることがあるもの

 

ほかにも、

 

  • 着物用の下着
  • 補正用品
  • 和装ストッキング

 

を含めるところもあります。

 

これらは肌に直接つけるまたは自前での代用がきくので、セットにない場合もあります。

 

セット内容の中にあるのかどうか確認をしておきましょう。

 

 

フルセットレンタルの注意点

 

紺色の訪問着姿

◆紺色の訪問着姿

 

着物姿になるためのフルセットですから、安心して利用できるようになっていると思っていいのです。

 

ですが、下着やストッキングな、直接肌にふれるものについては

 

セットに入らず、「購入」の場合があります

 

  • 購入する必要のあるものと値段の確認を

 

 

着付けについて注意したいこと

 

自分で着られない方は、着せてもらうわけですが、

 

美容院などで着付けを依頼する場合は、レンタルのセットの内容をあらかじめ伝えておくとよいでしょう。

 

より美しい着物姿になるために、過不足がないことを確かめておくと安心です。

 

 

※末広(扇子)は留袖にセットされます
※七五三女の子用には髪飾りがセットされることが多いです
※女性用の着物に髪飾りはセットされないです

 

 

 

 


Twitter始めました。フォローお願いいたします。




スポンサーリンク





  はてなブックマークに登録する
Twitter始めました。フォローお願いいたします。