ウールの着物の見分け方・合わせる帯/洗い方/着用時期とおしゃれ

ウール着物の特徴、着用時期、保管や洗濯の方法

「ウールの着物」とは、羊の毛で織られた着物です。

昭和中期にブームがあり、今も普段用の着物として利用されています。

3シーズン着用でき、木綿の着物とともに扱いやすいのが特徴です。

ここでは、

  • ウール着物の見分け方と素材の特徴
  • 合わせる帯
  • 着用する季節
  • 着用範囲
  • 洗い方
  • ウールの帯とのコーディネート例

を詳しくお伝えします。

スポンサーリンク

ウールの着物の見分け方と特徴

ウールの着物 ウールきもの 格子柄

◆ウールの着物 格子柄

まず、ウールの着物はどうやって見分けるかについて。

ウールの着物は素材の表示がないものが多いですね。

でも、この方法を知っていれば、すぐに見分けがつきます。

見分け方

見た目からわかる見分け方は、生地を光にすかすようにして見たとき、小さな毛羽立ちがあります。

そして光沢はありません。

さわったときの見分け方は、そっと表面をなでるとザラザラと、またゴワゴワとした感じがします。

それでも分からないときは、裏側の端の糸をとり燃やしてみるとわかります。

縮むように黒く燃えて、きつい臭いがします。

※絹は黒く縮むように燃えますが、臭いはきつくない

※木綿はフワッと灰色に燃えてきえる

※燃えずにとければ化学繊維

ウール着物の特徴

ウールの着物 ウールきもの 市松模様に絣柄

◆ウールの着物 市松模様に絣柄

ウールは羊の毛から作ったもので動物性の繊維(セーターやニットと同じ素材)です。

普段用の衣類で、裏地をつけずに仕立てます。

天然素材であるウールは、むれることなく湿度を適度に調節してくれるので快適な着心地です。

一般的な特徴・特色

ウール着物は、しわになりにくくお手入れがしやすい着物です。

ウール100%のものが主流ですが、絹の混紡化学繊維が混紡されたウールの着物もあります。

コットンが織り込まれたコットンウールは、ウールのざらつき感が減りとても着心地が良いです。

ウール着物・模様の特徴

昔のウール着物の特徴模様色柄

◆絣模様のシルク混のウールの着物

柄は、格子や縞、市松、幾何学模様などシンプルな模様が多いです。

一枚の着物で色は2~3色が多く、全体にあっさりしています。

現代では、モノトーンや無地、ドット柄など、シンプルでモダンな雰囲気のものもあります。

絹に比べお値段安い

絹の着物は高価なものですが、ウール着物は手頃で、普段用の着物として求めやすい値段です。

夏用のウール着物

夏用のウール着物の例

◆夏用のウールの着物

また夏は透け感のある夏用のウール素材もあります。

夏用はあらく薄く織ってあります。

ウール着物に合わせる帯

名古屋帯 袋名古屋帯 お太鼓柄

◆名古屋帯(袋名古屋帯)

ウールの着物はおしゃれ着・普段着なので、合わせる帯は、

  • 半幅帯
  • 名古屋帯
  • しゃれ袋帯

のいずれかで、名古屋帯は「袋名古屋帯」がカジュアルな雰囲気になります。

しゃれ袋帯は、シルク混のやや光沢のある外出用のウール着物に向きます。

適している素材としては、

  • 半幅帯なら、ウール、木綿、化繊、紬
  • 名古屋帯なら、ウール、化繊、木綿
  • しゃれ袋帯なら、絹または化繊との混紡

ウールの着物を着る季節

季節としては、暑さが一段落した初秋から春までの3シーズンに着用します。

ウールの着物の着用範囲

着用範囲は、日常生活~近所への買い物・気軽なランチなど、日常生活の延長上に利用します。

絹(シルク)が混織されているものはやや光沢があり、おしゃれな外出着としての利用もできます。

「カジュアルな着物」なので、儀礼的なフォーマルな場には向きません

外出するときに何を着る?

気軽に着られるウール着物ですが、真冬の外出には羽織ものがいりますね。

洋服のときのショールやストール、ポンチョもよいでしょう。

絹の羽織やコートがいけないわけではないですが、素材のバランスが合わないとおもいます。

ウール着物の洗い方・保管の仕方

次にウールの着物の洗い方と保管の仕方を紹介します。

洗濯のしかた

ウールの着物は、自宅で洗えます。

基本的にはウールのセーターと同じように、おしゃれ用洗剤で手洗いします。

<おすすめの手洗い方法>

  • 汚れのあるところを前面にしてたたむ
  • 中性洗剤をといた水(30℃くらい)につけ、押し洗いする
  • すすぎは2回おこなう
  • 脱水時間は50秒ほど(1分を超えない程度)
  • シワをとりながら着物ハンガーにかけて陰干し
  • シワがあればアイロンをかける

洗濯機で洗うこともできます。

その場合は、たたんで洗濯ネットにいれ、中性洗剤で、

  • おしゃれ着洗いコース
  • 弱洗い

他は手洗いのときと同じようにしてください。

保管の仕方

ウール着物には虫が付きやすく、虫食いの穴があくことがあります。

それを防止するためには、保管のとき防虫剤を必ず入れるようにしましょう。

ウールの着物やウールの帯の専用の入れ物に入れ、適量の防虫剤を。

臭いのある防虫剤は、量が多いと臭いが残ることがあるので、適量を守るようにしてください。

ウールの帯とのコーディネート例

最もカジュアルなコーディネートは半幅帯で、その中でもウールの帯との相性がよいので、紹介します。

ウールの着物とウールの半幅帯のコーディネート例

◆ウールの着物にウールの半幅帯のコーディネイト例・1

次も同じく、ウールの着物とウールの半幅帯の例です。

ウールの着物にウールの半幅帯のコーディネイト例

◆ウールの着物にウールの半幅帯のコーディネイト例・2

ウールの着物の見分け方・合わせる帯/洗い方/着用時期とおしゃれ・まとめ

天然素材のウールは、しわになりにくく保温力があります。

同じ着物を初秋~春までのスリーシーズン着用でき、自分で洗える気軽さが魅力。

 

趣味・おしゃれ着・普段着の着物
プロフィール
この記事を書いた人
きらこよしえ

着付け師範として着物着付け教室を運営。簡単着付けの2部着物など考案、雑誌に取り上げられたり、着物用下着など監修者。温泉好きでスーパー銭湯や温泉巡りでドライブ旅行趣味。温泉ソムリエ資格取得。旅系ブログna58.net YouTube運営。

きらこよしえをフォローする
きらこよしえをフォローする

スポンサーリンク


きもの物語

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました