タンスの肥やしの着物が100万円!いいえ200円 それって高い安い?
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

タンスの肥やしの着物が100万円!いいえ200円 それって高い安い?

タンスの肥やしの着物が100万円!いえいえ200円?

タンスの肥やしの着物が100万円になったという話と、200円だったという話を同時にききました。

 

これ、不要な着物を買い取ってもらったときの話です。

 

100万円と200円では、極端すぎる、、とは思います。

 

それにしても着物って、昔はすごく価値がありました

 

質屋さんにもっていってお金を貸してもらえたのです。

 

貸すだけだから、買い取ってもらうのとは違うはずですが、

 

今はどうなっているのでしょう?

 

 

念のため質屋さんに電話してみた

 

一応念のためと思い、大手で名の通っている市内の質屋さんに、

 

電話で問い合わせしてみました。

 

すると「着物は扱っていない」といわれました。

 

扱っていないといわれれば引き下がるしかありません。

 

 

質屋さんが着物を扱わない理由

 

質屋さんが着物を扱わなくなったのには、

 

「利息をつけてまで着物を取り戻しにくる人がなくなった」ということです。

 

またお金を借りられるところも、ほかに増えましたし、

 

質屋さんはあくまで、「着物を買い取ってくれるところではない!」

 

のですね。

 

 

タンスの肥やしが100万円になった!

 

つい先日、 タンスの肥やしが100万円になったというテレビの番組がありました。

 

「お店が持ち主から100万円で着物を買い取った」のです。

 

つまり手放した人は、100万円うけとったのです。

 

その着物は、「一竹(いっちく)」 という落款が入った着物でした。

 

 

着物の落款とは?どこに?

 

「落款」というのは、 書道などに名前とともに付いてる赤い印です。

 

有名な人の作った着物は、 前あわせの内側にくる着物に落款が入っています

 

タンスの肥やしになっている着物があるなら、

 

そもそものお値段が高そうなのかどうかは、その「落款」を探すといいですね。

 

超高級着物なら、100万円なるということです!

 

 

買取り200円の着物もある、200円って安いの?

 

タンスの肥やしの着物が200円って安いの?

 

持ち主から買い取った着物で、その横にある着物を手にして、

 

「これは200円」と言っていました。

 

全体に模様が入った若い人向けの着物のようです。

 

(一瞬だったのでよくわかりませんが)

 

「200円、それは安すぎでしょ」

 

と思ったものの、

 

「でも、捨てるんだったら200円の方がいいかもしれない。。。」

 

とふと思いました。

 

古着なのに、よいものは100万円になることもあるし、200円にしかならないものもある。

 

それは普通の人には、わからないですね。

 

ただ落款が入った作家さんのものは、万単位のお金になるということがあるのです。

 

 

タンスの肥やしの着物の価値、分からないのが当たり前

 

タンスの中に着物が眠ってるっていうのは、 着物を全く着ないからですよね。

 

その人にとって着物が必要でないからですよね。

 

そういう人が着物の価値を知ろうとしても、そう簡単にはわかりません。

 

「元々は高い値段で買ったんだろうな」と予想はできるものの、

 

たんすに入れておくだけ。

 

古くなる一方では、価値が下がってもやむをえません

 

 

かといってゴミ袋に入れて捨てるのも。。。ねぇ。

 

 

実際高く売れるかどうかなんて、

 

素人では「判断しようがない」というのが古い着物の世界です。

 

もしどれくらいの値段になるのか知りたいなら、

 

鑑定できる専門家に見てもらのが手っ取り早いですよ。

 

なぜって、価値がわからないまま着物を売りに行って「損しちゃった!」

 

という人もあるからです。

 

損しちゃった真知子さんの話

 

⇒「着物を高く売るには・絶対損しない着物の買取先を選ぶなら




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する