タンスの肥やしの帯や着物をいかす方法・仕立て直しやリメイク

タンスの肥やしの帯や着物をいかす方法・仕立て直しやリメイク、着物数枚並べて置いてある様子

タンスの肥やしとなっている帯や着物の生かし方についてお伝えします。

大きく分けると、和装品として生かすかそうでないかです。

具体的には、

  • サイズを直し仕立て直す
  • 着物なら羽織や帯に直す
  • 袋帯→名古屋帯に仕立て直す
  • リメイクして洋服、小物にする

といったことが考えられます。

また手放して、ほかの人に活用してもらうなら、

  • 譲る
  • 売る

を選ぶことになりますね。

ここでは、タンスの肥やしの帯や着物を自分のために生かす方法を中心にお話します。

スポンサーリンク


タンスの肥やしの帯・着物の生かし方

タンスの肥やしの帯や着物をいかす方法・仕立て直しやリメイク

自分のために生かす方法・帯の場合

帯がタンスの中で眠っているなら、形を変えて生かしてみましょう。

着物をこれからも着る方は、

帯を帯へ作り変えることで、イメージチェンジを考えてみてはどうでしょう。

方法は以下の通り、

  • 華やかな袋帯を名古屋帯に作り変える
  • 名古屋帯の傷みを修正して名古屋帯として再び作り変える
  • 名古屋帯から半幅帯に作り変える

ことが考えられます。

袋帯は傷みが少ないはずなので、名古屋帯に作り変えることはできます。

ただ名古屋帯にしたとたん豪華さゆえに、合わせる着物に困るかもしれません。

もう着物は着ないというなら、

ほどいてリメイクするのがよいでしょうね。

帯の丈夫でかたい生地を生かして、

  • バッグにする
  • 壁飾りにする
  • テーブルランナー(テーブルクロス)にする
  • 花瓶敷きにする

といったリメイクが向いています。

自分のために生かす方法・着物の場合

タンスの肥やしの帯や着物をいかす方法・仕立て直しやリメイク、着物の場合

着物の場合は、もっと幅広いお直しと活用法があります。

着物をこれからも着る方は、以下の方法が考えられます。

  • サイズを直して今の自分に合う大きさに直す
  • 染めなおしをして今の自分に合う着物にする
  • 羽織に仕立て直す
  • 帯に仕立て直す
  • 長じゅばんに仕立て直す

着物の柔らかい生地質を生かして、

着物より小さいものへの仕立て直しは可能です。

もう着物を着ないなら、

ほどいてリメイクするのがよいでしょうね。

着物の柔らかく光沢のある生地なら、

  • ワンピース、ドレスにする
  • スカートやブラウスにする
  • スカーフ、クッションカバー、小物入れにする

といったリメイクが向いています。

ほかにも着物生地の大きさなら、さまざまなリメイクが可能です。

人のために生かす方法

タンスの肥やしの帯や着物をいかす方法・仕立て直しやリメイク、人のためにいかす方法

タンスの肥やしになっている帯や着物を、人のために生かすなら、

「譲る」か「売る」が考えられます。

きものが好きな方、リメイクが好きな方があれば、

譲って差し上げるのが最もよいと思います。

ただ、身近にそういう人が見当たらないこともあります。

そんなときは「売る」という選択になります。

「売る」と欲しい人に渡ります

着物を売るというと、抵抗感がありますか?

でも必要ないものを手放した先に、必要とする方の目にとまることになります。

お金に換えて儲けようという趣旨ではありません

自分で必要な人を見つけるのはむつかしいので、

それを専門の方にやってもらう、ということです。

ただし「金額はとても安い」と了解しておいた方がよいです。

「タンスの肥やしになったままなら、売ってもいいかな?」

とお考えなら、経験談が参考になりますよ。

⇒「着物を高く売るには・絶対損しない着物の買取を!

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました