博多織(はかたおり)とは・博多帯と献上博多/特徴(着物用語)
スポンサーリンク

博多織(はかたおり)とは・博多帯と献上博多/特徴(着物用語)

博多織(はかたおり)とは・着物用語、女性用博多帯

 

博多織とは、多くの 経糸(たていと)に緯糸(よこいと)を強く打ち込むことで、厚くて張りのある生地に織り上げたもので、昔から和服や浴衣の帯として使われてきました。

 

そのため博多織とは「博多帯」そのものをさすこともあります。

 

スポンサーリンク

Twitter始めました。フォローお願いいたします。

 

博多帯の由来

 

「博多織」は、鎌倉時代に中国に渡った博多(今の福岡)の商人が、

 

織物の技術を持ち帰ったことから始められました。

 

江戸時代に、福岡県の大部分にあたる筑前藩の領主の黒田長政が、

 

毎年博多織を幕府に献上したことから、

 

博多織は「献上博多」と呼ばれるようになりました。

 

 

「献上博多」(博多帯)の特徴

 

博多織(はかたおり)とは・着物用語、女性用博多帯文様アップ

◆中心の独鈷模様と左右の華皿模様と縞・女性用の博多帯

 

献上博多の技法には、文様と色が定められています

 

 

「独鈷柄(どっこがら)」

 

柄のひとつ「独鈷柄(どっこがら)」と呼ばれる柄は、

 

仏具の一種の「独鈷」を図案化したものです。

 

独古は煩悩を破砕して菩提心を表す象徴とされています。

 

 

「華皿(はなざら)」

 

ほかに「華皿(はなざら)」の図案が取り入れられています。

 

華皿は仏を供養する花を散布するものです。

 

使われる色は、中国の隋の時代の国制にならって、

 

紫、青、赤、黄、紺の五色に限られています

 

献上博多の帯は、独古柄、華皿、縞を交互に配置した、すっきりとした帯です。

 

 

縞は二種類

 

女性用博多帯(名古屋帯)

華皿・両子持縞・独鈷・中子持縞・華皿

 

献上博多帯の縞柄は二種類あります。

 

  • 中子持縞(親子縞):太い線の内側に細い線がある
  • 両子持縞(親孝行縞):中心が太い線で両脇に細い線がある

 

献上博多帯の織り方

 

献上博多の帯は、細いたて糸を密にして、

 

太いよこ糸を強く打ち込んでいき、

 

たて糸を浮かせることで、文様を織り出します

 

よこ糸がたて糸に覆われているので、艶がでて、

 

強く打ち込むために、張りがあって締めやすくなります。

 

締める時、しゅっという絹鳴りの音がします。

 

とても丈夫なため、100年間は締めることができるといわれています。

 

 

もともとは男性用だけだった

 

締りがよく緩みにくいことから、男性用女性用ともに、とても人気の高い帯です。

 

博多献上はもとは男性用が主だったのですが、

 

明治18年ごろにジャカード機が導入されるようになり、

 

複雑な織りができるようになったことで、

 

女性用がこのころから織られるようになりました。

 


Twitter始めました。フォローお願いいたします。




スポンサーリンク





  はてなブックマークに登録する
Twitter始めました。フォローお願いいたします。