京都で観光着物レンタル失敗談・秋冬の寺社仏閣は寒さがつらい
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

京都で観光着物レンタル失敗談・秋冬の寺社仏閣は寒さがつらい

京都で観光着物レンタル失敗談・秋冬の寒さがつらい

京都で観光するなら、着物でしょ!というくらい誰もが憧れるきものの似合う街京都。

 

着物を持っていなくても、自分で着られなくても大丈夫です。

 

レンタルのお店にぜーんぶお任せして、行ってきました!

 

友人と一緒にかわいい着物スタイルになってワクワクしながら、いざ清水寺に出発しました♪

 

・・・ところが・・・

 

外はさむーい、12月にはいったばかりだというのに、寒い〜〜〜〜。

 

冬の京都の寒さに、結局観光できなかった・・・そんな加代さんの失敗談をまず話します。

 

スポンサーリンク

 

半端じゃないよ冬の京都の寒さって

 

「冬の京都の寒さは半端ない」と聞いたことがありましたが、まさかこんなに寒いとは!

 

着物を着せてもらって、 バス停まで歩きました。

 

でもすぐに手が冷たくなって、草履を履いている足がスースー寒いです。

 

一緒にいた友達二人も「寒いね」を連発。

 

女同士腕を組んで歩いたのですが、 しんしんと冷え込んできます。

 

バス停はすぐ目と鼻の先なのですが、この後ずっとこの寒さを耐えなきゃならないと思ったら、 もう観光どころではなくなりました。

 

京都で会おうよと二年ぶりにあう私たちは、ちゃんとした観光の目的があったわけではありません。

 

あまりの寒さ負けて、駅前のカラオケ店に飛び込んで、歌とおしゃべりに花をさかせました。

 

それなりに楽しい時間を過ごせましたが、京都観光は全くしていない!

 

帰りの新幹線で「何のために京都まで行ったんだろ?」 と 寂しいやらがっかりな気持ちになりました。

 

 

冬の着物レンタルはオプションをプラス

 

残念ですね〜〜本当に、着物でほとんど歩いてもいないなんて。

 

確かに京都の冬はとっても寒いです。

 

底冷えするっていう感じで、北風がふいていなくてもしんしんと体が冷えてくるんですよね。

 

着物をレンタルしていてもそこまで寒いと感じるのには、レンタルのある事情があると思うのです。

 

普通にレンタル一式だけではNG

 

京都で観光着物レンタル寒さが厳しい冬

 

加代さんがレンタルしたのは、街歩き用の着物一式。

 

全く普通のパターンでお願いしたわけです。

 

予約した時は 11月の初めで、まだ冬の寒さを意識していなかったのかもしれません。

 

着物レンタル店では、寒さ対策のオプションがあるはずです。

 

羽織・ショール・ アームレッグウォーマーなど が大抵はあるはずなんです。

 

当日寒さ対策の提案を、お店の人がしてくれればよかったのでしょうが、それもなかったのでしょうか。

 

街歩きをするにあたっては、羽織やショールをするとせっかくの着物姿が台無しになってしまう かもしれません。

 

ですが、もみじが見ごろになると外の気温は ぐっと下がります。

 

もみじ狩りのころには羽織ものは必須です

 

 

で、どうする?京都の冬の着物レンタルは

 

京都で観光着物レンタル失敗談・秋冬の寺社仏閣は寒さがつらい・防寒ショール

 

京都の着物レンタルでは、11月から3月くらいまで、防寒用のオプションが設定されています。

 

羽織、ショール、ファーショール、ファーケープ、アーム、レッグウオーマー、などがオプションになっているはずです。

 

また着物に似合うブーツが借りられることもあります。

 

「下着はヒートテックの上下を着てきてください」、とか「カイロは販売しています」といった案内が書かれているお店もあります。

 

冬に京都観光するなら、これらの防寒対策は必ずしておきたいです。

 

 

散策におすすめの防寒グッズ

 

「冬の京都は寒い」を前提にして、事前にできることを考えておきましょう。

 

冬の京都観光には、防寒用グッズを自分で用意するかその場で借りてください。

 

着物を着ているといっても、手、足はとても寒く感じます

 

京都で観光着物レンタル失敗談・秋冬の寺社仏閣は寒さがつらい・手袋

 

冷え性の人はひじくらいまである「手袋」足袋の下に重ねられる「足袋ソックス」を身につけるのがおすすめです。

 

特にお寺を拝観するなど、廊下や室内にはいると、暖房が行き届いていないので底冷えします

 

 

美しすぎる冬の京都を見逃さないで

 

真冬になり最低気温が氷点下を下回ると、つららができたり雪がふったりします。

 

でもそんな冬の庭園や趣のある路地が、とても風情があり、京都らしく美しいです。

 

ぜひ一度は観ておいてくださいね。

 

 

事前予約のチェックポイント

 

当日でも着物のレンタルはできますが、事前に予約しておくと一日中街歩きが楽しめます。

 

事前に予約の際は、防寒用にどのオプションを利用するかを決め、自分でもできる対策を用意すること。

 

荷物を預かってもらえるかどうか、返却の時間と場所を確認すること。

 

防寒対策のオプションは、お店によって利用できる期間や内容に違いがあります。

 

京都で観光着物レンタル失敗談・秋冬の寒さがつらい・まとめ

 

冬の京都を着物で観光するなら、防寒対策をしていないと寒くて楽しめません。

 

11月〜3月に着物をレンタルするなら、羽織もの、手足の寒さ予防を考えた方がよいです。

 

12月〜2月は特に寒く、寺社仏閣をめぐる観光は、暖房設備がないので充分な寒さ対策をしてくださいね。

 




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する