着物でお出かけ・前日までにしておくこと/当日の着付け前の注意
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

着物でお出かけ・前日までにしておくこと/当日の着付け前の注意

着物でお出かけの前日までにしておくこと、橋をバックに着物の女性

着物でのお出かけが安心してできるよう、事前の準備は大切です。

 

特に大きなイベントならなおさらです。

 

ここでは、

 

  • 前日までに確認して用意したいこと
  • 当日の着付け前の注意

 

についてお話しますね。

 

スポンサーリンク

Twitter始めました。フォローお願いいたします。

 

着物を着る前日までの準備

 

気軽なお出かけなら前日までに、行事などに参加するならもっと前に済ませたいです。

 

  1. 長じゅばんに半衿をつけておく
  2. 着物や帯はハンガーにつるす
  3. コーディネートする小物を決めておく
  4. しつけ糸をとっておく
  5. 小物の用意
  6. 草履・バッグの確認
  7. 天候の確認

 

 

1)長じゅばんに半衿をつけておく

 

長じゅばんには半衿をつけておきます。

 

「付いていなかった!」となると焦りも半端ないですからね。

 

一番最初に確認しておきたいことです。

 

 

2)着物や帯はハンガーにつるす

 

着ていく着物、長じゅばん、帯は着物ハンガーにつるしておきます。

 

長じゅばんの衿に、衿芯を通しておきます。

 

たたみじわ、ほつれなどないかを確認。

 

別々のハンガーにしておくと、着付けしやすいです。

 

 

3)コーディネートする小物を決めておく

 

帯揚げ、帯締めを決めておきます。

 

また帯留めや根付け、アクセサリー類をどれにするかも決めておきます。

 

 

4)しつけ糸を取る

 

礼装などしつけ糸付きの着物は、しつけ糸とっておく。

 

 

5)小物の用意

 

下着、帯枕、帯板、足袋、腰ひも、補正用品など、

 

必要な小物類をひとつにまとめておきます。

 

 

6)草履・バッグの確認

 

着物でお出かけ

 

草履は汚れなどないか確認しておきます。

 

バッグには、あらかじめ用意できるハンカチ類、手鏡などを入れておきます。

 

 

7)天候の確認

 

お出かけ先の明日の天気を、念のため確認します。

 

もし小雨などの予想なら、雨具や替え足袋の用意も必要です。

 

 

当日の着付けの前の注意

 

次はお出かけ当日の注意についてです。

 

着物をできるだけ汚さないよう気をつけておきましょう。

 

 

手・首を清潔にする

 

着物でお出かけ、着付け前にせっけんで手はひじまで洗う

 

着付けのときと着ている間に汚れがつかないよう、石鹸でよく手を洗います。

 

ひじまできれいに洗います。

 

首も衿にあたる部分をふいて清潔にします。

 

 

油分のある化粧品を避ける

 

油分のある化粧品類は、避けるようにします。

 

ハンドクリーム、日焼け止めクリームなど油分のあるものは、着物や帯につくと「しみ」になる可能性があります。

 

 

飲食時の防汚対策

 

飲食のとき汚さないために、大盤のハンカチ・手ぬぐい・懐紙などを用意。

 

 

着物でお出かけ・前日までにしておくこと/当日の着付け前の注意・まとめ

 

当日余裕をもてるよう、準備は確実にしておきましょう。

 

慌てると、相手を待たせる、乗り物に間に合わないなど大変なことに。

 

着物でお出かけに慣れるまでは、チェックリストをつくっておくとよいです。

 

<関連ページ紹介>

 

帰ってきた後のお手入れも覚えておくとよいですね。

 

白足袋の手入れ⇒「白足袋の手入れ・長持ちさせる洗い方干し方/タビックスで予防も」

 

そのほか、アイロンかけの方法や腰ひものたたみ方ななどもお伝えしていますから、参考にしてくださいね。


Twitter始めました。フォローお願いいたします。




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する

Twitter始めました。フォローお願いいたします。