袋帯(ふくろおび)着物用語
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

袋帯(ふくろおび)着物用語

袋帯(ふくろおび)着物用語

「袋帯」というのは、長さが4m20cm〜50cmくらいで、袋状に閉じてある帯。

 

お祝い用からおしゃれ用まで幅広くあります。

 

主に二重太鼓に、また若い女性の変わり結びに用いられます。

 

スポンサーリンク

 

礼装に二重太鼓を結ぶ理由

 

礼装や正装のとき、袋帯をつかって「二重太鼓」を結びます。

 

お太鼓部分が二重に重なる結びで、「喜びごとが重なるように」

 

という意味が込められています。、

 

 

柄のつき方によって呼び分ける

 

表側全体に柄がついているものを「全通の袋帯」、

 

6割程度に柄があるものは「六通の袋帯」と呼びわけています。

 

 

織り帯が主流

 

生地は主に、「錦織り」「唐織り」「綴織り」「佐賀錦」「ビロード織り」などの織り帯ですが、

 

まれに染めの袋帯もあります。

 

 

フォーマル用とおしゃれ用とに大別できる

 

袋帯は主にフォーマルなものと、おしゃれ用のものがあります。

 

フォーマル用は、格調高い文様が表現されています。

 

おしゃれ用の袋帯は、「しゃれ袋帯」と呼ばれています。

 

「しゃれ袋帯」は、現代風の抽象模様や、

 

動植物を描いた遊び心のあるものなどがあります。

 

紬着物や、小紋に締めます。

 

一部に、現代的な柄のもの、金銀を少ししか使用しない軽い印象のものもあり、

 

小紋や付け下げなどに合わせます。

 




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する