袋帯(ふくろおび)とは・製法やフォーマル用とおしゃれ用の違い(着物用語)

袋帯(ふくろおび)着物用語

「袋帯」というのは、幅31センチ・長さ4.2メートル~4.5メートルほどで、袋状に閉じてある女性用の帯です。

「フォーマル用」と「おしゃれ用」に大きく分けられます。

帯結びは主に二重太鼓にしますが、若い女性の振り袖には華やかな「変わり結び」をします。

スポンサーリンク


袋帯は「フォーマル用」と「おしゃれ用」とに大別

袋帯は

  • 「フォーマルなもの」と
  • 「おしゃれ用のもの」があります

フォーマル用は、格調高い文様が表現されています。

おしゃれ用の袋帯は、「しゃれ袋帯」と呼ばれています。

フォーマル用の袋帯

フォーマル用の袋帯

◆フォーマル用の袋帯

フォーマル用の袋帯

◆フォーマル用の袋帯

フォーマル用の袋帯は、おめでたい模様や有職(ゆうそく)模様が表現され、金銀や色糸がふんだんに使用されています。

フォーマルに二重太鼓を結ぶ理由

二重太鼓に結んだ袋帯

◆二重太鼓に結んだフォーマル用の袋帯

礼装や正装のとき、袋帯をつかって「二重太鼓」を結びます。

お太鼓部分が二重に重なる結びで、「慶びごとが重なるように」

という意味が込められています。

「しゃれ袋帯」と合わせる着物

おしゃれ用の袋帯

◆おしゃれ用の袋帯

「しゃれ袋帯」は、現代風の抽象模様や、動植物を描いた遊び心のあるものなどがあります。

紬着物や、小紋に合わせます。

中には現代的な柄のもの、金銀を少ししか使用しない軽い印象のものもあり、

軽い江戸小紋・小紋・付け下げに合います。

袋帯の種類

製作方法によるちがい

製作方法により三種類に分けられます

  • 本袋
  • 縫い袋
  • 片縫い袋

本袋

「本袋」は表地と裏地が袋状に1つに織られている袋帯です。

本袋は作業工程が複雑なため、現在はほとんど製造されていません。

縫い袋

袋帯の作り方で最も主流な「縫い袋」

表地と裏地はそれぞれ別々に織り上げ、生地の両端をミシンやかがり縫いをして仕上げます。

片縫い袋

「片縫い袋」は表地と裏地を合わせて16寸幅(約60cm)に織り上げ、それを半分に折って片側の端を縫い合わせたものです。

袋帯・柄のつき方による違い

  • 「全通の袋帯」・・・表側全体に柄がついているもの
  • 「六通の袋帯」・・・6割程度に柄があるもの

軽くて安価に制作できることから、現代の袋帯の主流は「六通の袋帯」です。

織り帯が主流

生地は主に、

  • 「錦織り」
  • 「唐織り」
  • 「綴織り」
  • 「佐賀錦」
  • 「ビロード織り」

などの織り帯ですが、まれに染めの袋帯もあります。

ここでは袋帯の製法、フォーマル用とおしゃれ用を紹介しました。

さらに詳しいことは以下の関連ページをご覧ください。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました