京袋帯とは・カジュアルと粋を楽しむ汎用性のある帯(着物用語)
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

京袋帯とは・カジュアルと粋を楽しむ汎用性のある帯(着物用語)

京袋帯の写真 たてわくの紺白とえんじの木綿地 

「京袋帯」とは、長さ約350~60センチ、幅は袋帯のように同寸で表裏使える帯です。

 

つまり長さが名古屋帯と同じ、見た目は袋状になった帯といえます。

 

もう少し詳しく説明しますね。

 

スポンサーリンク

Twitter始めました。フォローお願いいたします。

 

「京袋帯」の特徴

 

表布、裏布を同寸に断って、袋状に合わせて仕立てます。

 

芯は入れずに仕立てるので、やや厚地の生地が用いられます。

 

そのため生地の素材のよしあしが出ること、その素材を楽しめるのがいいところです。

 

裏生地といっても裏用ではなく、いわゆるリバーシブル(両面使い)できる生地を使うため、

 

両面の生地でお太鼓(または角出し)に結ぶことができ、二種類楽しめる利点もあります。

 

両面を使うため、相性のよい色柄や同質の生地でおもに作ります。

 

「京袋帯」は普段着~おしゃれ着の範囲で利用する帯で、軽いお出かけ程度までの着物に合わせます。

 

「京袋帯」の場合は、お太鼓柄はなく全通柄が一般的です。

 

 

「京袋帯」個人的に思うこと

 

京袋帯の写真 たてわくの紺白とえんじの木綿地 

 

ほっそりした20代の人より、ちょっと年齢が上の方のほうが、似合うような気がします。

 

両面の生地を生かせるのが特徴ですが、

 

  • 胴にくる部分を2通りすることができる
  • お太鼓にくる部分を2通りすることができる

 

つまり2×2で、4通りに見栄えを使い分けることが可能です。

 

胴帯とお太鼓の色柄が違うという、ちょっとした違和感が演出できるわけです。

 

このような京袋帯の組み合わせを楽しむには、無地または飛び柄の着物が向くかと思います。

 

 

「リバーシブル帯」「昼夜帯」との違い

 

表も裏も両方使えるものは「昼夜帯」(現代では「リバーシブル帯」ということもあります)という呼び名の帯もあります。

 

「昼夜帯」は薄い生地を用い芯を入れるものが一般的で、現代ではあまり作られない仕立て方です。

 


Twitter始めました。フォローお願いいたします。




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



  はてなブックマークに登録する
Twitter始めました。フォローお願いいたします。