七五三の神社での参拝方法、どのようにご祈祷はすすむの?

七五三の神社での参拝方法、どのようにご祈祷はすすむの?

七五三のお祝いで、神社に参拝する際の、参拝の作法です。

参拝やご祈祷を気持ちよくすすめる手順として紹介しますね。

本殿で神職の方から、ご祈祷やおはらいを受けたりすることを、「正式参拝」・「昇殿参拝」ともいいます。

スポンサーリンク


参拝の最初のステップ・予約

神社にあらかじめ祈祷(きとう)の申し込み、予約をしておきます。

小さ神社、あるいは大きすぎる神社では、当日受付という場合もありますからその点を確認。

当日は「初穂料」を用意していきます。

「初穂料」の設定がされている場合もありますので、予約のときに確認しましょう。

参考までに体験談を⇒「七五三の「初穂料」「ご祈祷料」神社へのお礼はいくら?

神社はクレジットはないので、おつりのないように現金を用意します。

当日神社参拝の進め方

当日は相応しい服装で、時間に余裕をもって出かけましょう。

神社へついてからの作法を紹介します。

  • 鳥居をくぐるときは軽く会釈し、神様に敬意をはらう
  • 参道は中心をさけて歩く(参道の中心は神様が歩かれるところ)
  • 途中に「手水舎(ちょうずや、てみずや)」があるので手と口を清める

手水舎(ちょうずや、てみずや)」の作法

手水舎での作法を覚えておくとよいですね。

  • まず右手に柄杓(ひしゃく)を持ち、水を受けて左手を清める
  • 柄杓を左手に持ち替えて、右手を清める
  • 再び柄杓を右手に持ち代え、左のてのひらで水を受けて口をすすぐ
  • 左の手のひらを清める
  • 最後に柄杓を縦にして、柄の部分に水を流して清める
  • 元の位置に柄杓を伏せて置く

申し込みからご祈祷まで

予約をしてある場合は、社務所に声をかけます。

当日申し込みは、必要事項を記入して、ご祈祷料をおさめます。

本殿に上がる際は、軽く会釈をして上がり、着席して静かに待ちます。

ほかの家族と一緒に拝殿する場合は、神職の方の指示がありますので従ってください。

御祈祷の流れについて

祝詞(のりと)が終ると玉串が手渡されるので、祭壇の前に進みます。

右手に根左手に中央あたりを持ち、右に回転させて根を自分に向けてから、また右に回転させて根を祭壇に向けます。

そして玉串を祭壇にささげ、一歩さがって姿勢を正します。

次に二礼二拍手一礼の作法をします。

深く二回おじぎをし、胸の前で拍手を二回(拍手のことをかしわでともいいます)そして一回おじぎをします。

そして席にもどります。

本殿から出る際は、入るときと同様軽く会釈をします。

鳥居をくぐるときも、神殿方向に会釈をしてから出ます。

七五三の神社での参拝方法、どのようにご祈祷はすすむの?まとめ

参拝方法は、堅苦しく考えなくても大丈夫です。

何かを間違えても、特に問題はありません。

わからないことは社務所で尋ね、疑問を解消しておきましょう。

大きな神社は、何家族か何人かをまとめてご祈祷するので、指示に従えばよいです。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました