浴衣(ゆかた)最初の一枚はどこで買う?呉服店など浴衣販売店の特徴

浴衣選び方

「今年の夏は浴衣でお出かけしたい!」と思っているあなた。

ぜひ気にいった一枚を見つけてくださいね。

5月の中旬くらいになると、デパートをはじめ着物を扱うお店で、早くも販売が始まります。

毎年ですが、新作やトレンドなど変化があります

ゆかたは夏のファッションとして欠かせませんが、人によっては「勝負服」。

予算とともに失敗のないお買物を。

ここではお店による特徴、品ぞろえ、価格帯などをお知らせします。

スポンサーリンク


浴衣を買えるお店とその特徴

お店ごとの特徴を知って、下見をするのをおすすめします

実際のお買い物は、できれば着物に詳しい人と一緒にいくと、間違いのない一枚が手に入るはずです。

では浴衣を扱うお店ごとの特徴をざっくり把握しておきましょう。

  1. 呉服店の特徴
  2. デパート(百貨店)の浴衣売り場の特徴
  3. 大手スーパーに店舗のある呉服屋さんの特徴
  4. 量販店(きものスーパー・大手スーパーの浴衣売り場)の特徴
  5. インターネットショップの特徴

呉服店の特徴

単独の店構えの呉服店では、既製品は数が少ないか置いてないですが、反物(浴衣の布)の状態では呉服店にしかない品質のよいものが用意されています。

高品質のもの、日本古来の柄ゆきのものなどが得意です。

「ゆかたの反物を選んで、誂(あつら)える」のが呉服店。

自分にぴったりのサイズのものを、仕立ててもらえます。

価格は反物と仕立て代で、5万円~8万円くらい。

お仕立てにかかる時間はだいたい3週間からひと月です。

時間と予算に余裕があればぜひ誂えましょう。

デパート(百貨店)の浴衣売り場の特徴

浴衣(ゆかた)最初の一枚はどこで買う?呉服店など浴衣販売店の特徴

デパートの特徴は、なんといっても既製品の浴衣の品数が多いことでしょう。

広い売り場には、古典的な柄からデザイナーズもの、ブランドものも豊富です。

ブランド浴衣が好きなら、心ゆくまで検討できるのがデパートの浴衣売り場です。

デパートは昔から浴衣を扱っていますから、よい仕入れ先を確保でき品質のよいものが多数あります。

浴衣シーズンの前には、イベントを開催して有名人やデザイナーさんとトークショーがあったりします。

その年のトレンドを知って最新のものが欲しい方に向いています。

価格は既製品の浴衣で、1.5万円~4万円くらい。

おあつらえもあえい小物も充実

デパート(百貨店)は、既成品の浴衣ばかりでなく反物も多いです。

自分にピッタリにあつらえることもできます。

また浴衣帯はもちろん、和装下着や着付けの小物類、バッグや下駄、帯留めや扇子なども豊富にそろっています。

メイク用品や髪飾りなど、あらゆる小物商品がそろうのがデパートの強みです。

値段の幅も広く、初めてでも必要なすべてをそろえやすいです。

大手スーパーに店舗のある呉服屋さんの特徴

大手スーパーには呉服店が入店していますね。

浴衣のシーズンには、浴衣やゆかた用の帯の品揃え多く、非常に力を入れています。

デパートほどの品揃えではないですが、浴衣のときに必要なものはすべてそろいます

反物も多く、既製品だけでなく反物から選び誂えることもできます。

一番の特徴は、「浴衣・帯・下駄の三点セット」などお店が選んだセット販売でしょう。

セットのお値段は1万円未満~2万円ほどまで。

量販店(きものスーパー・大手スーパーの浴衣売り場)の特徴

浴衣選び方

きものの量販店も最近は人気ですね。

量販店の一番の特徴は「安さ」でしょう。

「浴衣・帯・下駄の三点セット」や、「浴衣・帯・下駄・巾着・腰ひもの五点セット」などセットものが多いです。

価格はセットでも5,000円程度から用意されています。

デザイナーものなども扱っていますが、価格を抑えるとを軸にしているため単品ものは少ないです。

お出かけに必要なものはちゃんとそろっているので、心配はいりません。

最近の流行りを中心とした品ぞろえ、そして主に若い人向きの品ぞろえになっています。

インターネットショップの特徴

ネットショップなら一年中浴衣が販売されています。

画像で見るのと実際届いたものでは、色がやや違うと感じることもあるようです。

返品できるかどうかなども確認してから購入してください。

主に既製品を扱っていて、浴衣と帯のセット、下駄や巾着までそろうセットなど様々です。

主流は浴衣と帯のセットで1.5万~3万くらいです。

数多い中から気にいる商品を選ぶ楽しみがあります。

浴衣選び最初の一枚で注意したいこと

次は、最初の浴衣選びで注意したいことをお話します。

浴衣と帯だけでなく、着つけるのに必要な小物も不足なく用意を。

<浴衣を着るのに最低必要なもの>

  • 腰ひも2本
  • 伊達締め
  • 下駄

教室で着付けを習うなら、衿芯、帯板などの用意も必要になるかも。

また、仕立ててもらう場合は1か月ほどの余裕をもって注文を。

着付けを覚えるのであれば、その習得の日程も入れておかなくてはなりませんね。

浴衣(ゆかた)最初の一枚はどこで買う?呉服店など浴衣販売店の特徴・まとめ

できるだけいくつかお店を見て、下調べをしてから購入するお店を決めるとよいです。

上記でみたように特徴がありますから、自分の好みと予算にあうところを見つけてくださいね。

初心者さんに一番買い回りしやすいお店はデパートでしょう

できれば着物(和装)に詳しい人と一緒に行くと、納得したお買い物ができるでしょう。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました