子供の浴衣サイズを小さくする「肩あげ」の方法!画像つきで解説

子供の浴衣の「肩あげ」の方法を写真つきで詳しく解説しています、男の子肩あげ腰あげ済み浴衣

子供の浴衣のサイズを小さくする、「肩あげ」の方法を紹介します。

「肩あげ」は、袖(裄・ゆき)が長すぎるときに短くする調整です

子供の成長は目覚ましいので、少し大き目の浴衣を用意しますね。

そして今の体に合わせて「あげ」をとって着せます。

「あげ」というのは、生地をつまんでタックをとるという意味です。

「あげ」の取り方は男の子も女の子も同じ方法です。

ここでは幼児の浴衣で「肩あげ」を解説します。

スポンサーリンク


「肩あげ」の方法・男の子の浴衣の例で

上の画像は、1歳から3歳くらいまで着られる「一つ身ひとえ長着」と呼ばれる浴衣で筒袖です。

(※「肩あげ」と「腰あげ(丈のサイズを短くしている)」がしてあります)

浴衣以外にも、裏地のないものは同じ方法で「あげ」をします。

肩あげの寸法の割り出し方

子供の浴衣の「肩あげ」の方法を写真つきで詳しく解説しています、図1

◆1図

まず肩あげの寸法の割り出し方です、1図参照。

浴衣のゆきたけを計って、その寸法から子供の「着ゆきたけ(背中心から手首までの寸法)」を引きます。

その残りが「あげしろ」になります。

このあげしろの二分の一が、「あげ」の深さになります。

肩あげの位置を決める

子供の浴衣の「肩あげ」の方法を写真つきで詳しく解説しています、図2

◆2図

肩あげの位置を決めます。2図参照。

肩揚げの位置は、背中心から袖付けまでの幅を二等分して、その中心を「あげ山」とします

このあげ山を、あげ止まり(後ろ前ともに、袖付け止まりから1センチ上まで)までまっすぐに通します

肩あげの縫い方・前

子供の浴衣の「肩あげ」の方法を写真つきで詳しく解説しています、3図

◆3図

前側の肩あげの縫い方です、3図参照。

前側は、「あげ山」を袖付け止まりから1センチ上までですが

最後は1センチ脇の方へ「あげ山」をよせ、1センチ浅く縫い終えるようにします。

幼児はおなかがでているので、こうして前身ごろに余裕を持たせます。

肩あげの縫い方・後ろ

子供の浴衣の「肩あげ」の方法を写真つきで詳しく解説しています、4図

◆4図

後ろ側の肩あげの縫い方です、4図参照。

後ろ側は、あげ山を袖付止まりから1センチ上まで、まっすぐ縫います

子供の浴衣・肩あげの縫い方具体的に

<必要なもの>

  • 縫い針・木綿縫い糸(浴衣と同じ色)
  • マチ針
  • 糸切りばさみ
  • アイロン

肩あげ縫い方手順とポイント

  • まずはマチ針で、縫うところを押さえる
  • 縫い糸は浴衣の生地と同じ色の糸にし、二本どりで
  • 縫いはじめと縫い終わりは、返し縫をする
  • 和裁では二つ目落としという針目で縫いますが、5ミリから1センチくらいの並縫いでもOK
  • 二つ目落としで縫うときは肩山だけは三つ目落としにする
  • できた「肩あげ」は袖方向に倒す
  • アイロンで押さえる

裄(ゆき)・袖の長さを短くする「肩あげ」の方法・まとめ

男の子の浴衣も女の子の浴衣も同じ方法で「肩あげ」をします。

甚平の上着も、袖が長すぎるようなら同じように行ってください。

丈を短くするのは「腰あげ」といいます。やり方はこちら

「子供の浴衣の丈を短くする「腰あげ」の方法!画像つきで解説」

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました