浴衣(ゆかた)の着方・簡単な着付けはこの手順で(写真付き・女性)
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

浴衣(ゆかた)の着方・簡単な着付けはこの手順で(写真付き・女性)

浴衣(ゆかた)の着方・簡単な着付けはこの手順で(女性)

「浴衣を着るって難しそう。。。」って思っていませんか?

 

「やっぱり洋服でいいや」と、ゆかたを今年もあきらめようとしているあなた。

 

そんなあなたに見ておいてもらいたいページです。

 

どんな風に着つけるのかあらかじめ見ておくというだけですが、見様見真似でできることもありますよ

 

写真をみながら、できるかぎり詳しく解説していきますので、試してみてくださいね。

 

女性の浴衣の着方を紹介します。

 

スポンサーリンク

 

浴衣の着付け

 

浴衣を着るのに必要なものの準備

 

浴衣を着るのに必要なものは、以下のものです。

 

装飾品、アクセサリー類は含めていません。

 

<浴衣着付けに必要なもの>

 

  • 浴衣(ゆかた)
  • 腰ひも3本
  • 伊達(だて)締め1本
  • フェイスタオル1枚

 

まずはこれだけ用意します。

 

あるとさらによいものがあるので、それは後程用意されるといいですよ。

 

<浴衣姿をグレードアップさせる、あるといいもの>

 

  • 浴衣用の下着(和装スリップ)
  • 衿芯
  • 帯板

 

 

女性の浴衣の着方(着付け方)

 

浴衣(ゆかた)の着方・簡単な着付けはこの手順で(女性)

 

写真のボディーはこちらを向いているので、これが自分だとして読んでくださいね。

 

まず下着をつけます。

 

襟のあいた下着ならなんでもよいですが、浴衣用のワンピースタイプのものならさらによいです。

 

ウエストのくぼみに、フェイスタオルを半分幅に折って巻き、腰ひもで留めます。

 

これを補正するといいます。

 

(写真は半分に折る前に、腰ひもを挟んであります、その方が巻きやすいです)

 

あらかじめ「補正用胴帯」を作っておくと、着物のときにも使えて便利。

 

作り方はここに詳しく解説しています。
 ↓↓
補正用タオル胴帯の作り方詳細解説です

 

 

浴衣の裾を決めて、下半身を整えます

 

浴衣(ゆかた)の着方・簡単な着付けはこの手順で(女性)

 

まず浴衣を羽織ったら、裾を決めて下半身を整えます。

 

下半身を整えるやり方は、

 

袖を通し、片手で襟の先20センチあたりをもち、もう片手で背中心をつまんで、裾を足首より上に持ち上げます。

 

裾を足首あたりで決めます。

 

左手を右の腰骨にもっていき、浴衣の幅を右のももにつけます。

 

このとき鏡を見て、ももが見えないところでとめます。

 

このとき浴衣の右手を外に力をむけるようにして、軽く引っ張り気味にしておきます。

 

(生地が身体にフィットしている状態です)

 

 

浴衣(ゆかた)の着方・簡単な着付けはこの手順で(女性)

 

ヒップについている浴衣生地をずらさないようにして、左手を離し右手を左の腰に持っていきます。

 

つまさきが床から15センチほどあがった状態で、右手を離します。

 

手を離した浴衣が落ちないよう、左のひじで押さえつつ、最初に左手で決めた浴衣の端の位置までもっていきます。

 

そして裾を5センチほど上げます。

 

空いた右手で腰ひもをとり、腰骨より5センチほど上で巻いてしっかり結びます

 

(腰ひもの中心をお腹にあてて後ろに回し、持ち替えて脇で引き締めてから前で結びます。)

 

あまった紐は、巻いた腰ひもに下からしまいます。

 

背中に手を回して、紐の下にシワがよっていたら左右にシワをよせておきます

 

これで下半身がきれいになりました。

 

 

次は上半身を整えます

 

浴衣(ゆかた)の着方・簡単な着付けはこの手順で(女性)

 

次は上半身を整えます。

 

袖付の下に隙間(身八つ口)があるので、そこから左右手を入れて、手のひらをひらいてトントンとたるみをとります。

 

首の下20センチくらいのところに、襟が一枚掛けてあるので、そこを左右合わせます。

 

片方の手で持ち、首の後ろで襟が数センチ離れているのを確かめてください。

 

鏡を見て襟をのどのくぼみあたりで合わせます。

 

左手を脇の隙間(身八つ口)から入れて、内側に斜めに折り上げ、右の腰のところまで斜めになるようにします。

 

腰ひもを今度は胸の少し下に中心をあてて、後ろにまわし、持ち替えて前で結びます。

 

結び目は、胸の中心よりすこしだけずらすとよいです

 

あまった紐は、巻いた腰ひもに上からしまいます。

 

背中に手を回して、紐の上にシワがよっていたら左右にシワをよせておきます。

 

背中の中心の縫い目が、手でさわって真ん中にあるのを確認しておきます。

 

 

おはしょりを調整し伊達締めをする

 

浴衣(ゆかた)の着方・簡単な着付けはこの手順で(女性)

 

胸に巻いた腰ひもの下に布が余っている場合は、少し上に寄せて、布の底が腰骨の上部になるように調整します。

 

(おはしょりの長さを調整している)。

 

後ろ側も布が余っているようなら、同じように長さを調整し、前側と同じ長さにします。

 

そして調整したおはしょりが動かないように、伊達締めを締めます。

 

中心をおなかにあてて、後ろで交差します。

 

結び目は二度かけてから交差させて、端をしまい込みます。

 

 

浴衣(ゆかた)の着方・簡単な着付けはこの手順で(女性)

 

ベルトタイプのこういった伊達締めなら、さらに簡単に着付けができます。

 

これで浴衣が着られました!

 

 

さあ、この後は帯結びです。

 

浴衣用の帯の話と、とっても簡単な帯結びを二つ紹介します

 

結び方の手順を写真つきで解説しています。お試しください。
 ↓↓
浴衣の帯の結び方で簡単に結べる帯結びをマスターしませんか?




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する