伊達締め(だてじめ)なしで浴衣を着るには?腰紐利用とポイント
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

伊達締め(だてじめ)なしで浴衣を着るには?腰紐利用とポイント

伊達締め(だてじめ)なしで浴衣を着たら・腰ひもでの対処法と着方のポイント

浴衣を着るのに必要なものがそろいました。

 

「さあ、着付けを練習しましょ」っとはじめたところ、

 

「伊達締め(だてじめ)がない!」ことに気づきました。

 

着付けの練習本を開いてみたら、「伊達締め」という小物を使って解説しているではありませんか!

 

浴衣を買う時に、いるなんて言われなかったのに!

 

でも、ご安心を

 

伊達締めがなくても浴衣姿になれますよ

 

スポンサーリンク

 

伊達締めなしで浴衣を着るには、注意点

 

とはいえ伊達締めをしないと、

 

  • 「おはしょりの形が安定しない」ことがある
  • 「衿がゆるみやすい」ということもある

 

つまり伊達締めは、おはしょりの形を整え、衿の形を安定させることができるものなのです。

 

伊達締めなしの浴衣

 

伊達締めがない、つまり写真のような状態で帯をするわけですね。

 

すると最初はよいのですが、しばらくして整えたおはしょりが下がることがあります

 

 

でも、あまり気にしないで。

 

「おはしょりだけのことなんだから気にしないワ」、それでOKです

 

 

ただ、「やっぱりそれじゃあ、見た目よくないかも」と思うなら、

 

「腰ひも」を代わりに利用しましょう。

 

 

伊達締めの代わりに腰ひもを利用

 

伊達締めがないとき、腰ひもで代用しましょう。

 

腰ひもを使って、おはしょりの形を安定させましょう。

 

伊達締めなしでの浴衣の着付け方

 

やり方は、おはしょりの底を平らにし、

 

伊達締めなしで浴衣の着付け方後ろ側

 

後ろ側も同じ位置までおはしょりの底をあげて整えます。

 

脇にシワがあればタックをとります。

 

こうすればおはしょりの形が整います。

 

伊達締めの代わりに腰ひもで代用した浴衣の着方

 

そこに、腰紐を締めます。帯で隠れる位置にね。

 

これで、伊達締めをしているのと同じように、おはしょりの形を整えておけますよ。

 

伊達締めの代わりに腰ひもで代用した浴衣着付け

 

帯をしめれば、腰ひもは隠れました。

 

 

腰ひもがないときは?

 

「腰紐の余分がない」というときは、さらに代用品を利用しましょう。

 

薄手のビニールテープや細い紐などで、腰ひもの代わりにしてください。

 

この上に帯を締めるので、何を使っているのかはわからないですから。

 

 

「衿もおはしょりも気遣いし過ぎない」気楽に考えてもいい

 

浴衣を着てのお出かけですから、できるだけ「きれいに」「わかいく」と思いますね。

 

ただ、「きっちりと着たい」と考える人と、「遊び着なんだからゆるっと気楽に着たい」と考える人があるでしょう。

 

遊び着として気楽に着たいなら、衿やおはしょりに少しゆるみが出ても、気にしないでおけばいいのです。

 

あまりルーズにだらしないのはNGですけどね。

 

 

衿が緩まない着付けポイント

 

とはいえ、やはりルーズよりはきちんと見えた方がいいですね。

 

それには、こんなポイントを押さえて浴衣を着てみてください。

 

  • 衿は深めに合わせる。
  • 二本目にする紐(腰ひも)は、バストのすぐ下でしっかり引き締める。

 

そしてあまり激しい動きは控えて、腕を高くあげる動作も控えましょう

 

 

伊達締め(だてじめ)なしで浴衣を着るには?腰紐利用とポイントのまとめ

 

伊達締めは衿とおはしょりを整える役目があるので、浴衣のときも利用するのが一般的。

 

伊達締めがない!なら腰紐を伊達締めの代わりにします。

 

そのときは衿は深めに合わせ、二本目にする紐(胸ひも)はバストのすぐ下で引き締めます。

 

<関連ページの紹介>

 

市販の伊達締めに代わる手作り品を紹介します。

 

年中使え洗い替えもできるので、けっこう便利よ。

 

「浴衣着付けで伊達締めがない!ときの対処法」




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する