「かんぬき止め」のやり方・画像付き詳細解説です(手縫い)
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

「かんぬき止め」のやり方・画像付き詳細解説です(手縫い)

かんぬき止め・手縫いやり方

◆「かんぬき止め」の例

 

この写真はウールのひとえの着物の左袖の袖付二か所と、身八つ口止まりの「かんぬき止め」のしてあるところです。

 

「かんぬき止め」は動きの激しいところの生地が破れないように、また縫い目がほつれないようにする和裁の縫い方のひとつです。

 

  • 「かんぬき止め」」をする理由
  • 「かんぬき止め」をする着物の種類
  • 「かんぬき止め」のやり方詳細
  • きものが破れた体験談

 

についてお話しますね。

 

スポンサーリンク

Twitter始めました。フォローお願いいたします。

 

糸だけでなく着物生地が破れるのを防ぐ

 

普段着の着物を着て家事をしていると、腕をよく動かしますね。

 

腕の動きが激しいと、脇のところに負担がかかりやすいです。

 

女性の着物は、脇が開いていて案外動きに対応しやすいのですが、負担もやはりかかります。

 

それでうっかりすると、ここがビリっと破れてしまうことがあります。

 

ビリッとした破れの音が、縫い糸のものならいいのですが、裏生地や表生地が破れたとなると大変です。

 

そこで糸の破れだけでなく生地の破れ防止のために、「かんぬき止め」をしておくわけです。

 

 

かんぬき止めをする着物の種類

 

「かんぬき止め」を施すとよいのは、主によく着る長じゅばんと着物です。

 

単衣(ひとえ)袷(あわせ)関係なく、よく着るものに施すとよいです。

 

私は他に、コートや羽織にも自分で「かんぬき止め」をしています。

 

理由は、あまりしとやかでないということと、袖付けがしっかりとめていない場合があるからです。

 

袖付けの糸が破れるにはかまわないのですが、生地が破れてしまうと直しようがありません。

 

 

高級着物は「力布」ありですが

 

高級な着物には、袖付けに「力布」がつけてあることもあります。

 

ですがおしゃれ着の小紋クラスの着物くらいまでは、力布はついていないようです。

 

力布を取り付けるのが一番よいですが、高度な技術が必要なので、素人にはむつかしいです。

 

なので紬や小紋の着物をよく着る人は、「かんぬき止め」を施して生地の破れを予防しておくのもよいと思います。

 

 

かんぬき止めの縫い方

 

では「かんぬき止め」の縫い方を説明しますね。

 

「かんぬき止め」のやり方説明1・身八つ口止まりのところに最初の針をさす

 

ここでは身八つ口止まりのところの「かんぬき止め」を行います。

 

最初は裏側から針をいれます。

 

「かんぬき止め」のやり方説明2・脇専を越して表から針をさす

 

脇の線を越して表から針をさします。

 

この間は5ミリから1センチ弱くらいです。

 

「かんぬき止め」のやり方説明3・最初に針をさしたところから針を出す

 

そして最初に針をさしたところと同じ場所から、針を出します。

 

「かんぬき止め」のやり方説明4・糸に針を巻く

 

出ている糸を針に13~7回ほど巻き付けます

 

そして針を引き抜いて、糸を手前に倒しながら糸をキュっと引き締めます。

 

「かんぬき止め」のやり方説明5・二度目にさした場所に針をさし終わります

 

糸を引き締めて緩みがないようにして、二度目に針を刺した場所に針をさして終わります。

 

裏で玉止めをします。

 

完成です。

 

「かんぬき止め」・完成裏からみたところ

 

かんぬき止めの裏側の様子です。

 

ここではわかりやすいように白い糸で行いましたが、着物の表生地と似た色の糸を使ってくださいね。

 

ウールや絹生地の着物には、絹の縫い糸がよいです。

 

糸は一本どりでOK

 

慣れれば1分でできます。^^

 

 

参考例・コートの袖付けのかんぬき止め

 

「かんぬき止め」コートの袖付け止まりに施したところ

 

これはコートの右袖の袖付のところのかんぬき止めです。

 

 

きもの生地を破いてしまった苦い経験

 

着物にあまり慣れていないころのことです。

 

上がりかまちのところで裾を踏んでしまい転びそうに。

 

そのとき脇のところにビリビリっという音がしました。

 

幸い転びはしませんでしたが、踏ん張った腕の脇を見てみたら表生地と裏生地が、縫い目に沿って引き裂かれていました!

 

縫い糸は強かったみたいで、絹の薄い生地が耐え切れずに破れてしまったのです。(>_<)

 

このにがい経験から、かんぬき止めの必要性を痛感。

 

その後、普段用に着るウールや化繊、木綿の着物などは、特にしっかりとかんぬき止めをしています。

 

おかげて活発に家事をしても、脇の縫い糸さえ破れそうになったことはありません。

 

「かんぬき止め」の威力はすごいです。

 

 


Twitter始めました。フォローお願いいたします。




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する

Twitter始めました。フォローお願いいたします。