裄(ゆき)・裄丈(ゆきたけ) 測り方(着物用語)

裄(ゆき)・裄丈(ゆきたけ)着物用語

裄(ゆき)・裄丈(ゆきたけ)というのは、袖幅と肩幅を足した長さです。

着物の裄(ゆき)のお直し・袖幅と肩幅の表示

◆きものの「肩幅」と「袖幅」

つまり、

体の位置としては、背中の中心の首の付け根にあたる少し出っ張っている骨(第7頚椎)を起点にして、手首のくるぶしまでの長さをいいます。

スポンサーリンク


裄丈の測り方

裄の測り方を紹介します。

背筋を伸ばして立った状態で、腕を斜めにおろした状態にします。

首の付け根(第7頚椎)(ここを「ぐりぐり」と称していることが多い)から肩端までメジャーをあて、メジャーを滑らせ手首のくるぶしまでを測ります。

裄丈は重要

着物では裄丈は重要です。

自分の裄丈は、一度決めたら変更はまずしません。

なぜなら、着物の裄が基準になって、長じゅばんや羽織の裄が決まってくるからです

着物の袖は洋服より短めが普通

裄丈は手首のくるぶしまではかるといいました。

自分の裄丈を決めるにあたっては、

  • くるぶしがかくれるところまでとするか
  • くるぶしが見えるところまでとするか

1~2センチ違いますから好みで決めます。

裄丈が短ければ軽快な印象に、長ければエレガントな印象になります。

基本的に、着物の袖は洋服の袖より短めに仕立てることが多いです。

そのため短いと感じる人もあるかもしれません。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました