着物の「袖の丸み」とは・丸みの型を紹介します(着物用語)

着物の「袖の丸み」とは・袖の丸みの型

着物の「袖の丸み」についてお話します。

「袖の丸み」は、袖口から下にむかった、「たもと」の角のところをいいます。

たもとの角はどの着物もややカーブしていますね。

ここを「袖の丸み」とよんでいます。

スポンサーリンク


袖の丸みの作り方

着物の「袖の丸み」をつくるには、仕立てのとき「丸みの型」を置いて、カーブをつくります

カーブの小さいものから大きいものまで、選ぶのは自由です。

ただ、現代では、一般的には「2センチの丸み」を使います

例「2センチの丸み」のカーブの作り方

例として、「2センチの丸み」のカーブのとり方を説明します。

「2センチの丸み」は、

角から上下それぞれに、2センチはいった点に接するように円を描いたときの丸み、になります。

このカーブに沿って、たもとの角を縫います。

袖の丸みの型・適した丸みについて

丸みをつける型を紹介します。

着物の「袖の丸み」とは・袖の丸みの型

◆丸みの型三種類

ひとつの型で、四種類の丸みがとれるようになっています。

型の中央に中振袖、小振袖、四ツ身長袖など、

その型に適する着物の種類がかかれています。

おしゃれ着の袖の丸みは自由に決めていい

それぞれの着物に適した丸みはあるものの、おしゃれ着は自由に決めかまいません。

袖の柔らかな雰囲気をだすのには、6~8センチの丸みが適しています。

私は普段用のおしゃれ着には、8センチの丸みにしています。

礼装などの着物は2センチの丸みですが、それより優しい雰囲気になることと、袖をぬらしにくいように思います。

おしゃれ着の着物を仕立てるときは、好みの袖の丸みを検討されてはどうでしょう。

<関連ページ紹介>

ひとえの着物のたもとを直すとき、丸みを変更する方法を紹介しています。

「袖丈直し(ひとえ着物)丸みを変更する方法も解説してます」

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました