衣紋(えもん)抜きとは・長じゅばんへの取り付け位置(着物用語)

衣紋の作り方取り付け方、長じゅばんと衣紋抜き

「衣紋抜き」は着物の衣紋が詰まったとき、それを解消するためのものです。

長じゅばんのうしろ衿に取り付け、手で引っ張れる長さのものです。

衣紋が詰まる、という経験は、着物の初心者のころによくあります。

「衣紋抜き」で美しい着姿をキープしましょう!

スポンサーリンク


「衣紋抜き」とは・画像でみると

衣紋抜の自作・半襟はこの上につける

◆自作した衣紋抜き・マチ針で仮止め

これは自分で作った「衣紋抜き」です。

白い薄手の木綿生地で作っています。

衣紋が詰まってきたら、着物の内側のこの衣紋抜きの下をもって下に引きます。

すると元の衿の状態に戻ります。

衣紋抜きの取り付け位置

衣紋抜きを取り付ける位置は、長じゅばんの後ろ衿。

衣紋抜きの上から1センチほどを衿に縫い付けます。

長じゅばんについていないとき

長じゅばんをあつらえると、つけてくれていることもあります。

ついていないなら市販品を購入してつけておきましょう。

既製品の長じゅばんでは、最初から衣紋抜きがついているものもあります。

衣紋抜きのサイズ

衣紋抜きのサイズは、たて約55センチ×よこ18センチほどです。

私は自分で作っています。

腰ひもを通すところも作っておくと、衣紋のくずれがほとんどありませんよ。

白い木綿の薄手の布、たて54センチ、横18センチ、

綿テープを、幅2.5センチ、長さ14センチで作ることができます。

作り方と取り付け方の詳しい説明はこちらで紹介しています⇒「衣紋(えもん)抜きの作り方・取付け方/誰でもできる画像と手順

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました