「上っ張り」とは・着物用の上着(家庭用)/作ってみました!

着物用上っ張り・自作したもの

着物のときの羽織もので、「上っ張り」と呼ばれる上着があります。

「上っ張り」とは、事務服とかスモックのように、衣服の汚れを予防するものです。

着物でいう上っ張りは、作務衣によく似た、袖幅が広い上半身の衣服です

秋冬は防寒にもなり、丈を長くすれば水屋着にもなります。

「上っ張り」の特徴や、自分で作ったものを紹介しますね。

スポンサーリンク


着物の上っ張り・市販品の例

着物用上っ張り市販品の紹介

◆上っ張り市販品

まず、どんなものか市販品をご覧ください。

特徴は、

  • きもの衿
  • 袖は船底
  • 作務衣(さむえ)のように胴についている紐二か所でとめる
  • 帯を締めても十分なゆとりがある
  • 袖口は狭くたもとはでてこない
  • 脇が少し空いていて通気性がよい

市販品には、袖口が絞ってあるもの、丈の長いものもあります。

自作した着物の上っ張り

着物用上っ張り・自作 もじり袖

◆自作した「もじり袖の上っ張り」

こちらの上っ張りは、大塚末子先生の本を見て作りました。

反物6メートルから作成しています。

「もじり袖」と呼ばれる、袖の下側がバイアスになっている仕立て方です。

この袖の作りは、腕の上げ下ろしが楽にできます

袖口は16センチ、テキストではゴムを通してあります。

仕事着としてなら、袖口がきっちり閉まっていた方が便利でしょう。

これは脇が閉じているタイプ。

防寒と汚れ防止にしたかったので、ウールの反物から作成しました。

上っ張りの着方・たもとの扱い方

着物用上っ張り・自作 もじり袖 着方

◆下前の紐と左脇内側の紐を結んでいる

着るとき、たもとをスムーズにおさめるのがコツです。

袖を通すとき、たもとをゆるく腕に巻きつけて、袖口とたもとを指先で押さえます

そのまま袖に通し、袖口手前で指をはなします

こうすると袖がすっきりおさまります。

そのあと、下前についている紐と、左の脇の内側にある紐を結びます。

最後に上前の紐と、右の脇にある紐を結びます。

自分で作るなら一工夫して着やすく

防寒用か、水屋着としてか、目的に合わせて作ってみましょう。

丈が短いと動きやすく、丈が長いと汚れ防止・防寒に役立ちます。

ひもの長さは35センチくらいあると、結びやすく調整しやすいですよ。

参考にした「大塚末子先生の本」

大塚末子先生の上っ張り製作のページ。

作ったときのメモ書きが残ってます。^^ 

着物用上っ張り・自作する、大塚末子著本

◆大塚末子さんの本

洋服の上着・作業着としてもとっても重宝しますよ。

反物から作るのはちょっと大変だったので、簡単にリメイクでできる方法を紹介します

これなら大丈夫、できますよ!

◆超簡単筒袖で上っ張り⇒「着物リメイク・ほどかず筒袖の割烹着(上っ張り)に・超カンタン」

◆簡単ゴム入り筒袖の上っ張り⇒「着物リメイク・ほどかず衿を活かして割烹着(上っ張り)に(和洋兼用)」

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました