着物の前掛け(昔ながらの)の作り方/反物の倍の幅で簡単にできる

着物用前掛け・二幅で作成したもの白

着物の前側の汚れを防止する「前掛け」。

着物をおおってしまう割烹着とともに、きもののときに重宝する衣類です。

今回紹介する前掛けは、「反物の幅×2」プラスアルファでできる手軽なものです。

この作り方の応用で、おしゃれなカフェエプロンもできるでしょう。

丈を長くすれば膝をついたときの汚れを防止にもなります

ぜひお試しくださいね。

スポンサーリンク


反物幅を利用した「前掛け」の作り方

新品の「反物」または、不要になった着物や羽織を解いた生地を利用します。

反物の幅を「ひと幅」といいます。

二幅分使用するので、「二幅の前掛け」になります。

これは布が最小限で済む方法だと思います。

二幅でできる前掛け・用意するものとできあがり

着物用前掛け・二幅で作成したもの木綿縞

◆縞模様の木綿反物で作った「二幅の前掛け」

ポケットをつけて使いやすくします。

<用意するもの・数字はセンチです>

  • 反物(長さ60)を二枚
  • ひも用の布 たて10×よこ220
  • ポケット用の布 たて20×よこ18
  • ミシン
  • アイロン
※ひも用の布は、できあがり5センチ長さ110センチをつなげてもOK

※出来上がりは、ひざにかかるくらいの丈になります

具体的な作り方

では作ってみましょう。

反物の一枚はそのままで、もう一枚は半分の幅に断ちます。

断ち目にはジグザグミシンをかけておきます。

半分幅になったものを、切っていない布の両端に縫い合わせます。

下から15センチは縫い残してスリットにします。

裾はジグザグミシンをかけて1センチ折って縫い留めます。

腰に巻く紐を作る

ひもは共布の反物からとりましたが、別布で110×2をつなげてもよいです。

上部にミシンでしっかりとりつけます。

ポケットを取り付ける

ポケットの布は端をしまつし(ジグザグミシン)、上部は2センチ、他1センチの縫い代で縫い留めます。

完成。

ほかの前掛け作成例

長さと素材を変えて、同じように二幅の前掛けを作りました。

紺色でハリのある反物使用の例

着物用前掛け・二幅で作成紺薄手

◆紺色の薄い生地の「二幅の前掛け」

これも反物を利用しています、ポケットなし。

前掛けの長さを75センチにし、スリットは20センチとってあります。

最初の白の前掛けより長く膝下までの長さになりますが、スリットがあることで動きやすいですよ。

着物用前掛け・二幅で作成紺薄手後ろ側

◆後ろ側

これは後ろ姿の様子です。

紐を後ろで結んでいますが、前に回して結んでもよいです。

白のレースカーテンで作った例

着物用前掛け・二幅で作成白

◆白い「二幅の前掛け」

これはレースのカーテンの生地ですが、反物と同じ幅で作りました。

出来上がりは上の紺のものと同じです、ポケットなし。

夏に涼し気なので気に入ってます。

作成前にお伝えしたいこと

作る前に、生地やサイズのことでお伝えしたいことがあります。

  • 腰に巻く紐は2メートル20センチにしてありますが、後ろで結ぶならもっと短くてOKです
  • 前掛けなので洗いやすく丈夫な生地で

着物の前掛け(昔ながらの)の作り方/反物の倍の幅で簡単にできる・まとめ

着物用の前掛けは直線で作るので簡単にできますね。

オールシーズン用には洗いやすい木綿が向いています。

割烹着では暑い季節に、「前掛け」と「たすき掛け」が便利。

洋服のときにももちろん使えます。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました