腰ひも(紐)のしまい方まとめ方・「たすき掛け」を簡単にする方法

腰紐の扱い方としまい方

「腰ひも」は、着物を着用するときに欠かせない小物ですね。

普通長じゅばんに一本、着物に二本使って着つけます。

帯を締めるときの補助ひもとして利用すれば、着付けに四本以上使う人も。

ここでは手際よくしまう方法をお話します。

しまうだけでなく、次使うときに取り出しやすいように考えてまとめておきましょう。

腰ひもの種類はいくつかありますが、ここでは幅5センチほどの平たい「腰ひも」で説明します。

最後に「たすき掛け」を簡単にする方法も。

スポンサーリンク


腰紐(ひも)の種類

腰ひも5本

◆よく使われる腰紐5本

一般的な平たい腰ひもは、長さ約2.2メートル、幅約4~5センチ

「長尺」と表示のものは、2.3~2.7メートルほどあります。

腰ひもの素材・種類

素材は、絹・毛(モスリン)・ポリエステル・ナイロン素材のものがあります。

個人的な感想としては、モスリンの腰ひもが一番締まりやすく扱いやすいです。

腰紐のしまい方まとめ方

では腰ひものしまい方とまとめ方を三種類紹介します。

着物と同じように、体温と湿気がとれてからがよいでしょう。

  1. 鉢巻きだたみ
  2. 手に巻き付ける方法
  3. ひと結びする方法

最もおすすめしたいのは、五角形の形にまとめておく方法です。

これは「鉢巻だたみ」といって、シワが取れやすいです。

しまい方その1・鉢巻だたみ

腰ひもの扱い方しまい方・鉢巻だたみ

◆鉢巻きだたみにした腰紐

「鉢巻だたみ」とよんでいるたたみ方です。

「鉢巻だたみ」は、腰ひもの長さを半分にして端の方から五角形にしていきます。

最後のところをが腰ひもの中央になるので、使う時すぐに使えます。

五角形にしておくことで、自然とシワが伸びやすいです

しまい方その2・手に巻き付ける方法

もう一つのおすすめは、半分の長さにしてから端から手の甲に巻き付けるようにして巻く方法です。

最後を上からさし込むようにし、取り出しやすくしています。

腰ひもの扱い方しまい方・手に巻いていく方法

↓↓↓

腰ひもの扱い方しまい方・手に巻いていく方法出来上がり

◆最後は出しておく

これはシワを伸ばす効果はあまりありません。

この方法も出ているところを持てばそこが腰ひもの中心なので、着付けがしやすいです。

しまい方その3・ひと結びする方法

腰ひもの扱い方しまい方・四分の一の長さにしてひと締めする方法

四分の一の長さにしてから、ひと結びして形を整えておく方法です。

※ 強いシワがついている場合は、アイロンをあてて伸ばしてからいずれかにまとめておきます。

腰ひもの保管・保存

毛(モスリン)の腰ひもは、保管中に虫食いにあうことがあります。

ウールの着物と一緒にして、防虫剤を入れておくと安心です。

「たすき掛け」を簡単にする方法

腰ひもの活用法・たすき掛け

◆たすき掛けをしている後ろ姿

<「たすき掛け」とは>

  • 紐1本で袖のたもとが邪魔にならないようにする知恵です

たもとがじゃまになるとき、たもとを汚したくないときに。

「たすき掛け」を簡単にする方法

一般的な「たすき掛け」のやり方は、一方の端を口にくわえて八の字に身体に巻きます。

でもちょっと難しいので、もっと簡単にする方法を紹介します。

腰ひもの端を結ぶ

腰ひもの扱い方しまい方・活用法・たすき掛け端を結ぶ

まず腰紐の端と端を結びます。

それを、数字の8を横にした形に整えます。

輪に腕を通す

腰ひもの扱い方しまい方・活用法・たすき掛け輪に腕を通す

その輪にそれぞれの腕を、羽織るように通すだけです。

「たすき掛け」の出来上がり!

掛けてみて調整が必要であれば、結び目の紐の長さを調整してくださいね。

腰ひも(紐)のしまい方まとめ方・「たすき掛け」を簡単にする方法のまとめ

「腰ひも」は着物を着るときに欠かせない小物の一つ。

純毛(モスリン)の腰ひもは、締まりやすく扱いやすく価格も手ごろ。

「鉢巻きだたみ」ならシワがとれ、次回使うときも中心が手にとれて扱いやすい。

ご自分の収納場所にあった腰ひものまとめ方を。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました