腰ひも(紐)の扱い方としまい方まとめ方・たすき掛けを簡単にする方法
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

腰ひも(紐)の扱い方としまい方まとめ方・たすき掛けを簡単にする方法

腰紐の扱い方としまい方

「腰ひも」は、着物を着用するときに欠かせない小物の一つです。

 

長くて細いので、しまい方などに困っていませんか?

 

次に使うときのことを考えて、さっと取り出せるようなしまい方がよいですね。

 

今回はそんなお話です。

 

着付けしやすい腰ひもの扱い方をお伝えします

 

腰ひもの種類はいくつかありますが、ここでは幅5センチほどの平たい「腰ひも」で説明します

 

スポンサーリンク

 

腰紐(ひも)の用途と種類

 

腰ひもの用途

 

腰ひもの扱い方しまい方・用途と種類

 

腰紐は着物を着るときに着物や長襦袢がはだけないように胴に巻くひもです。

 

着付けには、普通長じゅばんに一本、着物に二本使います

 

ほかに、帯を締めるときの補助ひもとしても利用します。

 

長さは2.2メートル前後で、幅は約4〜5センチです。

 

「長尺」と表示のものは、2.3〜2.7メートルほどあります。

 

腰ひもの素材・種類

 

市販されているものは、絹、毛(モスリン)、ポリエステル、ナイロン素材のものがあります。

 

よく締り扱いやすいおすすめは、毛製品の腰ひもです。

 

 

腰ひもの色

 

毛(モスリン)の腰ひもは、女性用は白や生成りのほかピンクの一色のものが中心です。

 

その他には、細かい和柄がプリントされた愛らしいものがたくさんあります。

 

男性用のウールの腰ひもは、黒・紺・白・生成りが主流です。

 

隠れたおしゃれを楽しめる「柄物」もあります。

 

 

着付けのときの腰ひもの扱い方・力加減

 

腰ひも(紐)の扱い方としまい方まとめ方・力加減

 

着付けの際は、キツくしたりゆるくしたり、力を加減します。

 

その力加減が着付けのときは重要です。

 

どのひももギュッと締めてしまうと、苦しかったり痛かったりしてしまいます。

 

 

補正のときの力加減

 

まず補正のときに使う腰ひもについて。

 

下着の上にタオルなどで補正をするときの力加減は、ゆるくてOKです

 

タオルを押さえるだけなので、タオルのふくらみをつぶさない程度です。

 

 

長じゅばんのときの力加減

 

長じゅばんの前合わせを留めるときは、衿が緩まないようややキュッと締めます

 

結び目が胃に直接あたらないように配慮したいですね。

 

 

着物のときの力加減

 

着物を着るときに最初に締めるひもは、最も力を入れて引き締めます

 

一重目を背中で交差させて、ギュっと締めるようにします。

 

ここがゆるいと、裾が落ちてきます。

 

次に衿を合わせる時に使う腰ひもは、長じゅばんのときと同じくらいの力でキュっと締めてください。

 

 

着付けのときの腰ひもの始末

 

基本的には「蝶結び」でもよいですし、「二度掛けして交差」させてもOKです。

 

 

腰紐のしまい方まとめ方

 

着物を脱いだあとのしまい方についてです。

 

しばらくの間ハンガーなどに掛けて、体温と湿気をとります。

 

すぐ使う場合はそのまま放置しておいてもよいです。

 

シワをとるのに、五角形の形になるようにまとめておくと次回シワがのびた腰ひもがすぐに使えます。

 

しまい方その1・鉢巻だたみ

 

腰ひもの扱い方しまい方・鉢巻だたみ

 

「鉢巻だたみ」とよんでいるたたみ方です。

 

たたみ方はこちらで詳しくのせいています⇒腰紐(こしひも)と伊達締(だてじ)めのお手入れ方法・しまい方まとめ方

 

「鉢巻だたみ」は、腰ひもの長さを半分にして端の方から五角形にしていきます。

 

最後のところをが腰ひもの中央になるので、使う時すぐに使えます。

 

五角形にしておくことで、自然とシワが伸びアイロンをあてなくてもよいです

 

 

しまい方その2・手に巻き付ける方法

 

もう一つおすすめなは、やはり半分の長さにしてから端から手の甲に巻き付けるようにして巻く方法です。

 

最後を中心で引き抜いておきます。

 

腰ひもの扱い方しまい方・手に巻いていく方法

 

↓↓↓

 

腰ひもの扱い方しまい方・手に巻いていく方法出来上がり

 

これはシワを伸ばす効果はあまりありません。

 

この状態にしておくと、出ているところを持てば腰ひもの中心が持てるので着付けがしやすいです。

 

 

しまい方その3・ひと締めする方法

 

腰ひもの扱い方しまい方・四分の一の長さにしてひと締めする方法

 

四分の一の長さにしてから、一締めして形を整えておく方法です。

 

強いシワがついている場合は、アイロンをあてて伸ばしてからいずれかにまとめておきます。

 

保管・保存

 

毛(モスリン)の腰ひもは、保管中虫食いにあうことがあります。

 

ウールの着物と一緒にして、防虫剤を入れておくと安心です。

 

 

腰紐の活用法「たすき掛け」

 

腰ひもの扱い方しまい方・活用法・たすき掛け

 

着物を着ていて家事をするときは、「たすき掛け」をしておきましょう。

 

暑い季節や割烹着が身近にないときは、「たすき掛け」が便利です。

 

<「たすき掛け」とは>

 

  • 腰ひもを肩と袖に回して端を結び、袖のたもとがゆれないようにすることです

 

 

「たすき掛け」を簡単にやる方法

 

本格的な「たすき掛け」のやり方は、一方の端を口にくわえて八の字に身体に巻く方法です。

 

でもちょっと難しいです。

 

もっと簡単な方法があるので紹介します。

 

腰ひもの端を結びます

 

腰ひもの扱い方しまい方・活用法・たすき掛け端を結ぶ

 

腰紐の端と端を結びます。

 

それを、数字の8を横にした形にして整えます。

 

輪に腕を通す

 

腰ひもの扱い方しまい方・活用法・たすき掛け輪に腕を通す

 

その輪にそれぞれの腕を、羽織るように通すだけです。

 

「たすき掛け」の出来上がり!

 

掛けてみて紐の長さが長すぎとか短すぎであれば、結び目の紐の量を調整してくださいね。

 

 

腰ひも(紐)の扱い方としまい方まとめ方・たすき掛けを簡単にする方法のまとめ

 

「腰ひも」は着物を着るときに欠かせない小物の一つ。

 

腰ひもは基本の長さがありますが、長尺(長め)もあります。

 

どこに腰ひもを締めるのかによって、力の加減ができると、着物が快適です。

 

純毛(モスリン)の腰ひもは、締まりやすく扱いやすく価格も手ごろと思います。

 

見えないところのおしゃれにこだわる方は愛らしいプリントを。

 

「鉢巻きだたみ」ならシワがとれ、次回使うときも中心が手にとれて扱いやすいです。

 

「たすき掛け」をするとお出かけ前の家事もしやすいです。




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する