草履(ぞうり)とは、種類と具体的な例を画像で紹介・解説します
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

草履(ぞうり)とは、種類と具体的な例を画像で紹介・解説します

草履(ぞうり)とは、種類と具体的な例を写真で解説しました

草履は着物(和装)のときの底が平らな履き物です

 

エナメル、畳表、蛇皮など、さまざまな素材のものがあります。

 

普段履きには、かかとの高さは3~4センチくらいのものを、

 

礼装用には、かかとが5センチ以上の高いものを合わせます。

 

はき方、歩き方、種類を順にお話しますね。

 

スポンサーリンク

 

草履のはき方と歩き方

 

草履は靴のように足をおおっていませんね。

 

草履の形状は、台と鼻緒だけでできています。

 

そのため靴とは、はき方・歩き方が違います。

 

 

草履の歩き方

 

草履は、足の親指と人差し指で、鼻緒の前のつぼを挟んで歩きます

 

前つぼを挟む足指に力を入れないと、べたっべたっとした音をたてたり、引きづるような歩き方なってしまいます。

 

 

かかとがはみ出すのが最適

 

草履の大きさは、かかとが少し(1~2センチ)はみ出す程度のものが適しています。

 

かかとの下に空間があることによって、草履が足の動きについてきやすくなります。

 

 

草履のサイズは4種類

 

草履のサイズ展開は、靴のように5ミリ刻みではありません。

 

女性用の場合は、S、M、L、LLの四種類です。

 

 

草履の具体的な例

 

普段~おしゃれ着用の草履の例

 

草履(ぞうり)とは、種類と具体的な例を写真で解説しました・普段用草履三種

 

普段用~おしゃれ着用の着物に合わせる草履です。

 

かかとの高さはどれも4センチでした。

 

一番左のものは、赤いドットで青海波模様、真ん中はこげ茶と茶の二色で台と鼻緒に少し変化のある草履です。

 

普段用のものは無地のものが比較的多く、鼻緒の色は台と同じか相性のよい色を合わせてあります。

 

 

草履とは

 

普段用の草履のかかとを見てみましょう。

 

台の下に半円形のゴム底が取り付けてあります。

 

ゴム底がすり減ったら取り換えます。

 

 

少し改まった席用の草履の例

 

草履(ぞうり)とは、種類と具体的な例を写真で解説しました・少し改まった席用

 

少し改まった着物に合わせる草履です。

 

左は台が三層になっていて、鼻緒に部分的に色がさしてあります。

 

右は畳表の草履で、芯が5枚のものです。

 

畳表の草履はフォーマルの席に向くものですが、鼻緒の色柄によってはおしゃれ用に使います。

 

幅広なので安定感があり、歩く時も心地よいです。

 

 

草履(ぞうり)とは、種類と具体的な例を写真で解説しました・少し改まった席用草履かかとの様子

 

かかとの様子です。

 

左のものは4センチ強、右のものは4センチ弱です。

 

 

礼装用草履の例

 

草履(ぞうり)とは、種類と具体的な例を写真で解説しました・礼装用草履の例バッグとセット

 

礼装に用いる金色の草履。バッグとお揃いです。

 

昔のものなので、あまりかかとは高くなく4センチほどでした。

 

 

振袖・訪問着用草履の例

 

草履(ぞうり)とは、種類と具体的な例を写真で解説しました・振袖訪問着用の草履

 

これは振袖や訪問着に向く、台の高い草履です。

 

かかとが7.5センチあります。

 

指先の方でも3.5センチの高さがあります。

 

鼻緒に金彩のあるバラの絵が描かれた現代風の草履です。

 

 

草履(ぞうり)とは、種類と具体的な例を画像で紹介・解説・まとめ

 

現代は着物に草履を合わせることが多いです。

 

目的に合わせてふさわしい草履をはくことによって、着物姿がいっそう引き立ちます。

 

かかとが1~2センチでるサイズが歩きやすい草履です。

 

前つぼを足指でしっかりつまんで、引きずらないように歩きます。

 

 




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する