下駄(げた)とは、種類と具体的な例を画像で紹介・解説します

下駄(げた)とは、種類と具体的な例を写真で解説しました

下駄は着物(和装)用の履物です。

昔からあるものは「二枚歯」のもので、下駄というとこれを指すことも多いです。

下駄は浴衣の時に、素足に履くものという印象が強いですね。

でも今のように草履が主流でなかった時代には、改まった席以外には足袋に下駄をはいていました。

現代でも、紬や小紋のお出かけ程度なら、下駄をはいてもかまいません

着物初心者さんに向けて、ここでは下駄をいくつか紹介します。

スポンサーリンク


下駄の種類を紹介

最もポピュラーな下駄を紹介します。

  • 「白木の下駄」
  • 「塗りの下駄」
  • その他の下駄

二枚歯の白木の下駄の例

下駄(げた)とは、種類と具体的な例を写真で解説しました・白木の下駄

◆白木の下駄

これは桐の白木(しらき)の下駄です。

木そのままの色で、とても軽いです。

汗の吸収がよく、足裏が滑らずに履きやすいです。

まっすぐな長方形の台に歯が二枚ついています

昭和中期ごろまでは、この形の下駄が主流だと思います。

白木の下駄の例その2

下駄(げた)とは、種類と具体的な例を写真で解説しました・白木の下駄その2

◆白木の下駄その2

これも白木の下駄です。

鼻緒の結び目が可愛いらしい

白木の下駄は汗の吸収がよく履き心地がよいのですが、足のあとがつきやすいです。

なのではき終わったら、固くしぼったふきんで拭いておくとよいです。

焼き下駄の例

下駄(げた)とは、種類と具体的な例を写真で解説しました・焼き下駄の例

◆焼き下駄

「焼き下駄」と呼ばれる下駄です。

木に焼き色をつけた台の下駄です。

汚れが目立たないようにと、焼いて色を付けてあります。

写真の二足の下駄は、形状は「右近下駄」と呼ばれる形です。

この形は足が安定しやすいので、着物初心者さんにはこちらのタイプが歩きやすいでしょう。

上の画像のもの底にゴムがはってあり、滑りにくくしてあります。

ただゴムがあることで鼻緒の調整ができません。

購入する際には、足に合うことを必ず確認してくださいね。

こちらは普段用です。

そのほかの下駄

そのほか割とよく利用される下駄を紹介します。

  • 塗りの下駄
  • 鎌倉彫りの下駄
  • 一本歯の下駄
  • サンダル風下駄

塗りの下駄

菊の花をあしらった塗りの下駄 女性用

◆塗りの下駄

ほかには、二枚歯の下駄に黒や赤などに色が塗られている下駄があり、「塗りの下駄」と呼ばれています。

塗りの下駄のよさは、汗をはじくことです。

たたぶつけたときに、塗りがはがれることがあるという短所もあります。

鎌倉彫りの下駄

「鎌倉彫の下駄」も好まれています。

これは台の表面に彫刻で絵柄が彫ってあるものです。

脱いだときにその絵柄が出てくるので、ひそかなおしゃれ感のある下駄です。

一本歯の下駄

「一本歯の下駄」は、台が厚く太い歯が一本だけついているものです。

武道をされる方が、よく履くそうです。

「天狗の下駄」とも言われていますね。

バランス感覚を鍛えるのによいことから、ウォーキングに一本歯の下駄を利用している人もいます。

現代のサンダル風下駄

「サンダル風下駄」という下駄が登場しています。

かかとが高く足長に見えるので、若い女性が浴衣のときはくようになりました。

下駄(げた)とは、種類と具体的な例を画像で紹介・解説します、おわりに

下駄は浴衣のときだけでなく、カジュアルな着物のときに足袋とともにはいてOK。

二枚歯の下駄が主流、右近下駄は歩きやすいです。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました