藍染めとは・藍液の作り方(着物用語)

青染め

藍染とは、藍液で糸や布を染めること。

または藍で染め上げたもの。

藍瓶の中に糸や布を浸してから絞り、

染められた糸は、空気にさらすと酸化されて、青色に発色します。

浸す回数などによって色の濃淡を調整します。

夏の浴衣で代表的なものは、なんといっても藍染めの浴衣です。

スポンサーリンク


藍液の作り方

では藍の液をどうやってつくるかというと、

原料の藍(タデ科の植物)の葉を、乾燥させてから、

水分を加えて発酵させます。

その発酵させたものを「すくも」といい、

これをさらに2~3年寝かしてから、

職人さんがすくもに、灰汁(灰を水に溶かした液のうわ澄み液)と水を加えて、

毎朝晩20~30分、約1週間以上練りこみます。

そこに、ブドウ糖を加えて7日から10日間混ぜ、

かめの中心に泡がこんもりと出来あがると、藍の染料ができます。

これを「醗酵建て」と呼びます。

すくもを作るのにも専門の職人さんがいて、

その作業日程は、3~4ヶ月もかかります。

また、乾燥させた藍の葉を発酵させるにも、

むしろにひいた大量の藍を練るのは、

重労働ですし、水加減によって発酵の加減が変化するといいます。

藍の染料を作るのは、時間と手間を要する仕事で、

今の時代では、徳島県の阿波にわずかに残るだけです。

この伝統的な日本の藍染めの手法による着物は、

100年前なら、木綿に藍の絣の着物を代表として、

庶民がみな愛用していたものでした。

しかし明治30年に合成藍が輸入されてからは、

手間のかからない合成藍が主流になってしいます。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました