藍染の色名・数十種類もある(着物用語)

青染めの色名

染液の入ったかめの中では緑色をしていた布や糸が、

取り出して空気中の酸素で酸化させると、青い色になります。

藍染の青い色は、染色を繰り返すことで色の調整をします。

具体的には、「染め液のはいったかめに布などをつけ、空気にさらす」

という作業を繰り返すことで、藍の色を濃くしていきます。

その回数が少ないと薄い色、回数が多いと濃い色になります。

スポンサーリンク


藍染の色の名前

「甕覗(かめのぞき)」

一番薄い藍染めの色。

ほんの少しかめを覗いたくらいにつけただけ、という意味合いです。

「藍色」

「空色」

「水色」

「納戸色」

「標(はなだ)」

「紺」

「鉄紺」

「茄子紺」

「留紺」

など、藍の濃さによって古くから、それぞれの色名がついています。

時代や用途によって、数十種類もの色名が残っています

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました