名古屋帯とは・特徴や種類・由来を解説します
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

名古屋帯とは・特徴や種類・由来を解説します

名古屋帯の由来特徴種類

街でみかける着物姿の女性は、ほとんどの方が帯を「お太鼓」に結んでいます。

 

そのときの帯が「名古屋帯」です。

 

長さは約3メートル40センチ~70センチ、

 

胴に巻く部分がお太鼓の部分の半分の幅になっている帯です。

 

セミフォーマルからカジュアルなものまで利用できる帯です。

 

ここでは名古屋帯をいくつかお見せしながら、

 

特徴や種類、由来などをお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

 

 

名古屋帯の特徴

 

名古屋帯の特徴は、なんといっても利用範囲が広いことでしょう。

 

セミフォーマルからカジュアルな場面まで、幅広いシーンで利用できます。

 

 

柄のつき方で呼び方が変わる

 

名古屋帯は柄の付き方で三種類に分けられます。

 

  • 名古屋帯は帯の全体に柄のあるタイプを「全通柄」
  •  

  • 6割くらいに柄のあるタイプを「六通柄」
  •  

  • お太鼓と前の胴帯部分のみに柄のあるのを「ポイント柄」または「お太鼓柄」

 

と呼び分けています。

 

 

名古屋帯の種類

 

名古屋帯には「八寸名古屋」と呼ばれるものと「九寸名古屋」とよばれるものがあります。

 

これは、仕立てる前の状態での、帯の生地幅をさしています。

 

出来上がりはおなじ寸法(幅)になります。

 

「格」は九寸名古屋の方が上です。

 

 

「九寸名古屋帯」の特徴

 

九寸名古屋帯紺地六通柄

 

「九寸名古屋帯」は、帯芯を入れ両端を五分ずつ合計一寸を縫いしろとして、内側に折り込んで仕立てます

 

そのため、出来上がりは八寸になります。

 

帯の生地の厚さにより、生地にあった芯を選んで仕立てます。

 

「名古屋帯」というと通常「九寸名古屋帯」をさすことが多いです。

 

 

「八寸名古屋」の特徴

 

八寸名古屋帯は、帯芯は使わずお太鼓になる部分だけを折り返し、端をかがるだけの仕立て方です。

 

そのため出来上がりはそのままの八寸の幅になります。

 

別名「袋名古屋帯」といいます。

 

八寸名古屋帯・袋状のお太鼓がわかるよう衿芯おいてある

◆この写真は「袋名古屋帯」の「全通柄」で、お太鼓の袋状がわかるよう衿芯をはさんでいます

 

帯として十分な張りと厚さがある生地を使っています。

 

「八寸名古屋帯」は、カジュアルな雰囲気の帯で、軽く締めやすいのが特徴です。

 

また利用範囲は、普段用~おしゃれ着用になります。

 

 

新名古屋帯の特徴

 

名古屋帯の仲間にはその他に「新名古屋帯」と呼ばれるものがあります。

 

「新名古屋帯」は、帯の長さは名古屋帯と同じで、胴に巻く部分も同じ幅です。

 

裏と表が別の生地です。

 

現代では利用する人が少ないようです。

 

「新名古屋帯」は、「昼夜帯」「京袋帯」とも呼ばれています。

 

昼夜帯裏は黒をお太鼓に

 

表も裏も両方使えるものは昼夜帯といい、今でいうリバーシブルということですね。

 

また表は表、裏は裏として使用するものは京袋帯と呼んでいます。

 

「新名古屋帯」は、やや厚手の生地で芯はいれません。

 

普段着~おしゃれ着として着まわせる色柄の生地が多いです。

 

表裏使えるものは、一本の帯で四通りの帯姿になることができます。

 

(胴の部分とお太鼓の部分を使い分けることができるので)

 

※生地の厚さにより芯を入れる場合もあります。

 

 

夏用の名古屋帯の例

 

夏用の袋名古屋帯

 

「八寸」「九寸」それぞれに夏用があります。

 

より薄い生地、すける生地などが使われ、清涼感のあるものになります。

 

 

「名古屋帯」の由来

 

名古屋帯は、大正7~8年ごろ服装改良運動がおこり、当時の名古屋女学校の創始者が考案した帯です。

 

この帯が考案されるまでは、帯の幅は一定のものしかありませんでした(袋帯・昼夜帯)。

 

そのため帯を締めるのに時間がかかっていました。

 

それを胴に巻き付ける部分を半分の幅に改良し、一重のお太鼓にしました。

 

帯を身に着ける時間を、短縮させることができました。

 

この改良によって生地が少なくて済むようになり、節約にもつながりました。

 

当時の呉服店(現三越)が量産して販売したことで、

 

昭和にはいって全国にひろまるという経緯をたどります。

 

考案者の地域と学校名から「名古屋帯」という名称として知られるようになりました。

 

<帯の簡略化でできた名古屋帯の特筆すべき点>

 

  • 胴に巻く部分を最初から半分の幅に折って仕立てたこと。
  •  

  • 二重にしていたお太鼓を一重にした分、長さを短くし軽くしたこと。

 

 

名古屋帯とは・特徴や種類・由来を解説します・まとめ

 

名古屋帯は、服装改良運動の時代に考案され、昭和になって全国に広まった帯です。

 

セミフォーマルからカジュアルまで対応できる帯です。

 

「九寸」と呼ばれる名古屋帯が最もポピュラー、「八寸」はカジュアルな名古屋帯です。

 

「八寸」「九寸」は仕立て方による名称の違いで、出来上がりは同じ幅です。

 




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する