昼夜帯(くじら帯・腹合わせ帯)の例・特徴をいかして楽しむ
スポンサーリンク

友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円

昼夜帯(くじら帯・腹合わせ帯)の例・特徴をいかして楽しむ

昼夜帯(くじら帯・腹合わせ帯)

「昼夜帯」は別名「くじら帯」または「腹合わせ帯」ともいいます。

 

表と裏に別の生地を使った女性用の帯です。

 

「なぜ「昼夜帯」というのか?」ですが、

 

片側には黒の繻子(しゅす)織りの生地を用い、

 

片側には白い博多織りの生地を合わせて仕立てたものが始まりだったからのようです。

 

黒は夜白は昼ということで「昼夜帯」と呼ばれるようになりました。

 

またクジラの背と腹に見立てて「くじら帯」と呼ぶ地域もあります。

 

では、ハートが印象的なこの帯を例にして詳しく紹介しますね。

 

  • 昼夜帯の例
  • 昼夜帯の時代とサイズ
  • 昼夜帯から腹合わせ帯へ
  • いかして楽しむ
  • 自分で仕立てればオリジナル

 

スポンサーリンク

Twitter始めました。フォローお願いいたします。

 

片面が黒い昼夜帯の例

 

昼夜帯(くじら帯・腹合わせ帯)

◆昼夜帯の例

 

これは片面が黒繻子織りの生地の「昼夜帯」です。

 

黒繻子の方はもっぱら裏として使われ、生地が薄いの軽くて締めやすいです。

 

黒い色は、表側にどんな色模様の生地がきても、引き立てたりバランスを保ったりするのに効果的な色です。

 

また日本女性の黒髪にもよく合います。

 

結び方によっては、黒いたれや手先を出すこで、帯姿に変化を持たせることができます。

 

昼夜帯ができた時代は、日本髪をゆい着物の衿には黒い掛け衿をかけていました。

 

衿とのバランスも絶妙だったのではと想像します。

 

 

この昼夜帯の時代とサイズ

 

さて、写真の昼夜帯ですが、長さは3メートル52センチ。

 

現代の名古屋帯よりより少し短いです。

 

昼夜帯(くじら帯・腹合わせ帯)

◆表生地が20センチほど折り返してある

 

この帯は、裏の黒繻子のたれ先は表生地が20センチほど折り返してあります。

 

仕立てられたのはたぶん大正時代か昭和のはじめごろ。

 

日常で使われていた帯なので使用頻度は高かったはと思います。

 

表側は銘仙と呼ばれる絹の生地で、帯の端の方に界切線(オランダ線)があるので帯用の生地とわかります。

 

 

ハート型の模様の意味は?

 

昼夜帯(くじら帯・腹合わせ帯)

 

「昼夜帯」は普段に使うおしゃれ感のある帯が多いです。

 

この帯は「ハート型」の模様がありますね。

 

紫のハートをよく見ると、薄い金箔がはげ落ちた?と思える痕跡があります。

 

大正の時代にハートってあったの?ですが、

 

これは「葵の葉」なのですね、内側は葉脈というわけです

 

葵の葉は、徳川家の家紋にもなっている文様なので、きっとおなじみのはず。

 

すっきりとした柄ですが5色使い、縦線がきいていますね。

 

 

昼夜帯から腹合わせ帯へ

 

「昼夜帯」は裏面が黒繻子のこの例のようなタイプが主流でしたが、

 

徐々に、両面の生地を自由に合わせるようになっていきます。

 

昼夜帯(くじら帯・腹合わせ帯)

 

裏側の生地も表側として通用する生地を選ぶようになっていき、

 

やがて両面使いが当たり前の帯になっていきます。

 

裏も表同様に表に出せるものは、「腹合わせ帯」と呼んでいます

 

ただし、「昼夜帯」と呼んでも間違いではありません。

 

 

昼夜帯・腹合わせ帯の特徴

 

昼夜帯の特徴は、以上のように表裏が使えるので、一本の帯で二本分楽しめるところにあります

 

一本の帯で利用価値は二倍、旅行などで外出する際には活用したい帯ですね。

 

また二種類の色は相性のよいもので仕立てるといいですね。

 

帯の端にも別の表生地が見えるのですから、よく考えたいところです。

 

 

名古屋帯と袋帯のサイズがあります

 

昼夜帯は二種類の長さがあります。

 

  • 名古屋帯と同じ一重太鼓が結べる長さのもの
  • 袋帯と同じ二重太鼓が結べる長さのもの

 

名古屋帯のサイズとしても、お太鼓柄でなく全通柄が扱いやすいでしょう。

 

 

昼夜帯をいかして楽しむ

 

一本で二本分利用できる昼夜帯。

 

二本あれば四本分の楽しみ方ができるというのは、お得感がありますね。

 

市販のものを探せばよいのですが、数は少ないかもしれません

 

そこで、自分で仕立てるということも考えてみました。

 

 

昼夜帯、自分で仕立てる

 

仕立て方は「同じサイズの生地を二枚合わせて、芯を入れる」だけ

 

普通の名古屋帯を仕立てるよりは、簡単に仕立てられるはずです。

 

なんとかできるかもしれませんね。

 

生地は帯に向きそうな反物、着物からのリメイクもよいですね。

 

自分だけのオリジナルな昼夜帯の楽しみ方をなさってくださいね。

 

 

昼夜帯(くじら帯・腹合わせ帯)の例・特徴をいかして楽しむ まとめ

 

最後にまとめると、

 

昔の昼夜帯は片面が黒、片面が表生地の帯になっているものが多い。

 

普段使いの帯で、名古屋帯サイズと袋帯サイズのものがある。

 

現代では両面使えるようにしている昼夜帯が主流で、「腹合わせ帯」という名称を使うことが多い。

 

今でいうリバーシブルなので、帯一本で二本分の利用価値。

 

生地を選んで仕立てれば、オリジナルなコーディネートが楽しめますね。

 


Twitter始めました。フォローお願いいたします。




スポンサーリンク






友人がうらやむハリのある毎日・2か月分の現品お試しセッ70%FF!2980円



二部式着物?ツーピース着物?いえいえ!きらこよしえ流『お気軽着物』です。

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

格安で着物を手に入れて、その着物をわずか3分で着付ける方法お気軽着物の作り方

お気軽着物誕生物語はこちら

  はてなブックマークに登録する

Twitter始めました。フォローお願いいたします。