羽織(はおり)はいつ着る?種類と着方紹介(室内・椅子にすわるとき)

羽織(はおり)はいつ着るの?種類と着方(室内では、椅子にすわるときは)

秋が深まり寒さを感じるようになったら、最初の防寒はまず「羽織」。

羽織を着るのは、紅葉の頃から桜が咲く頃まで

さらに寒さが厳しくなれば、羽織の上からショールやコートを着用してください。

ここでは羽織の種類や着方について詳しくお伝えします。

スポンサーリンク


羽織の種類について

羽織は丈の長さによって何種類かあり、呼び名も変わります。

  • 「本羽織」
  • 「長羽織」
  • 「中羽織」
  • 「茶羽織」

と呼び分けています。

好みや目的に合わせて選びます。

それぞれの特徴を説明しますね。

「本羽織」とは

「本羽織」とは、本来は着物の格をあげるために着るものです。

  • 黒一色で染めたものを「黒紋付羽織」
  • 一色で染めたものを「色無地紋付羽織」
  • 絵羽模様で柄を華やかに施したものを「本羽織」

と呼んでいます。

既婚女性のが着るもので、黒紋付や色無地紋付は、結婚式はじめ格式のある行事のときに。

絵羽模様の柄の羽織は、観劇やお正月などのよそ行き用に。

「長羽織」とは

膝より下まで丈がある羽織を、「長羽織」と呼んでいます。

おしゃれ用の着物に羽織るものです。

絵羽模様に近い背模様・ワンポイント模様・無地が主流。

「中羽織」とは

羽織(はおり)はいつ着たらいい?種類と着方(室内・椅子にすわるとき)、中羽織の例

◆中羽織の例

「中羽織」といえば羽織の代名詞のようなもので、羽織といえばまず中羽織のことを指します

中羽織の特徴は、

  • 丈は膝上まで
  • 袖の部分にマチが付いている

一般的な外出用の羽織です。

着物の柄をそこなわないような、落ち着いた柄付けのものが主流です。

羽織(はおり)はいつ着たらいい?種類と着方(室内・椅子にすわるとき)、中羽織の例

◆中羽織の例

「茶羽織」とは

最後に茶羽織について。

茶羽織は中羽織と同じ見た目ですが、裾が短くマチが無いものが茶羽織です。

茶羽織は家庭内で防寒を目的として着用するものです。

そのため地味な色で仕立てられているものがほとんどです。

現代では旅館の浴衣の上に着るものとして定着しています。

羽織の着用方法

羽織は洋服でいうと、ジャケットやカーディガンと同じ扱いの衣類です。

そのため防寒用ではありますが、室内で脱ぐ必要はありません

いすや座布団に座るときは、裾をはねてお尻にしかないように着席します。

衿は後ろを半分に折る

羽織の衿は、肩から後ろを半分の幅に折って着用します。

羽織の衿は肩から後ろを半分折ってきます

羽織は防寒用としてだけでなく、

装いに変化をつけるため、また室内での温度調節にも適しています

羽織の袖幅と袖丈について

羽織の袖幅(手首までの長さ)は、着物の袖の幅より1~2センチ長く仕立て、着物の袖が見えないようにします。

また羽織の袖丈(たもとの底までの長さ)は、着物の袖の丈より1~2センチ短く仕立て、着物の袖が落ち着くようにします。

羽織を仕立てる生地について

羽織の仕立ては本来「羽尺」という「羽織に適した長さの反物」で仕立てます。

ただ現代では羽織を仕立てる人が減り、「羽尺」の生産量も減っています。

そこで羽織を仕立てるにあたっては、着物用の反物(着尺といいます)から仕立てることが多くなりました。

羽織(はおり)はいつ着る?種類と着方紹介(室内・椅子にすわるとき)・まとめ

羽織は紅葉のころから桜が咲くころまでが着用の目安。

最もポピュラーな羽織は「中羽織」で膝上丈の羽織。

ひざ丈より長い「長羽織」はエレガントな印象に。

室内で脱ぐ必要はなく、座るときは裾をはねます。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました