着物コート・衿のデザインや丈の違い/装いアップのコートの知識

着物コート・冬の外出・衿丈の違いでおしゃれ度でフォーマル度アップを

冬に着る着物のコート(和装のコート)は、冬の始まりからの防寒着です。

着る目安は洋服のコートの期間と同じです。

ここでは着物コートの種類や衿のデザイン、丈の違いなどについてお話します。

スポンサーリンク


着物用コートの種類

着物用のコートは羽織と違い、前に打ち合わせる部分があります

ミシンで仕立てるのも特徴です。

従来の着物用のコートは、衿以外の形がほぼ同じです。

そこで、個性的に装うには、衿を好みの形にして仕立てます

衿の形状がいくつもあり、それによって名称が違います。

最初に代表的な二種類のコートを紹介します。

着物コートの代表 道行(みちゆき)コート

道行衿の着物用コート

◆道行コート

着物用コートの中で最も多く利用されているのが、「道行コート」で、

衿が四角い額縁のような形状をしています。

この形状の衿を「道行衿」といいます。

打ち合わせのところにポケットがあります。

道中着(どうちゅうぎ)

道中着の着物用コート

◆道中着

着物の衿と同じ形状で、ひもで前を留めるのが「道中着」です。

この形状の衿を「道中衿」といいます。

これはひもで身幅を調整できるので、体型の変化があっても対応できます

そのほかの着物用コート

そのほかにも着物用のコートは、衿の種類によっていくつかあります。

  • 「千代田衿」
  • 「へちま衿」
  • 「都衿」
  • 「被布衿」
  • 「広衿」

という種類のコートがあります。

珍しいところでは、

  • 「大正衿」
  • 「扇衿」
  • 「木瓜衿」
  • 「雲井衿」
  • 「三日月衿」

というコートもあります。

人目につくコートですから、衿の違いを楽しんでくださね。

現代人気の着物用コート

今は着物のコートといっても、これまでの和装コートだけというわけではありません。

防寒に適した、洋服生地の厚みのある生地が寒さ対策に向いています。

現代人気の着物コートは、着物の袖がすっぽりとおさまるゆったりした袖で、洋服にも兼用できるコートだと思います。

丈の違いで変化とおしゃれを

コートの丈の違いで、見た目の印象がかわります。

短いものから紹介します。

「6分丈コート」

一番短いのは「半コート」又は「6分丈コート」と呼ばれる丈です。

着丈(長じゅばんの長さ)の6割ほどの長さで仕立てられます。

街着用、普段用に用いられ、着物の裾が45~50センチくらい見える長さです。

「7分丈コート」

「7分丈コート」は着丈の7割くらいの長さで仕立てられる丈です。

礼装用や背の高い方に向く丈です。

「6分丈」では短いなと感じるときの防寒用の長さです。

膝くらいまでの長さになり、「6分丈」コートより落ち着いた印象になります。

「8分丈コート」

「8分丈コート」は着丈の8割くらいの長さのコートです。

膝頭がかくれるくらいの丈です。

礼装用や長コート(着物とおなじくらいの丈のコート)では長すぎるというときの防寒用です。

着物の裾が20~25センチ見える程度の長さになり、

フォーマルな印象になるコートです。

「9分丈コート」

「9分丈コート」は着丈の9割くらいの長さのコートです。

ふくらはぎくらいまでの丈です。

8分丈コートと同じ目的で、着物の裾が10センチほど見える程度の長さで、

フォーマル度の強いコートです。

「長コート」=「対丈コート」

「長コート」=「対丈コート」は着丈に1~2センチ足した寸法で仕立てたコートです。

着物用コートの丈の決め方

コートの丈は、自分に最適なコート丈にします。

そのためには、着物を着て帯を通常通り締めた状態で長さを決めます

コートの裏地に凝ることも

道行衿のコートの裏地凝ったかわいらしい生地

◆裏の生地をおしゃれに

羽織ほどではないですが、シンプルになりがちなコートには、

裏地にかわいらしいさ、おしゃれな色を選ぶ人ももあります。

着物コート・衿のデザインや丈の違い/装いアップのコートの知識・まとめ

冬の着物コートの代表は「道行コート」と「道中着」。

昔からの着物用コートは、衿の様々な形でおしゃれを楽しんでいました。

前で打ち合わせるタイプは、体型の変化に対応しやすいです。

着物コートの丈を決めるときは、必ず帯をいつものように締めた姿で測りましょう。

着物コートの丈は、防寒やフォーマル度 によって決めましょう。

現代は洋服と兼用できるウール素材のコートに人気があります。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました