着物で冬に外出・防寒アイテムを最低限で用意(たった二枚で)
スポンサーリンク

着物で冬に外出・防寒アイテムを最低限で用意(たった二枚で)

着物の防寒寒さ対策・最低限で用意するおすすめは

寒い冬、着物で外出となると、当然防寒用の羽織ものが必要になりますね。

 

着物の防寒着としては、羽織・コート・ショール・ストールなど、複数そろえるとなるとかなりの出費です。

 

それにスペースも必要に。

 

そこで「最低限の枚数で冬を乗り切るにはどうしたらいいか」を考えてみました。

 

着物を時々しか着ないなら、この二枚だけで大丈夫でしょう。

 

スポンサーリンク

Twitter始めました。フォローお願いいたします。

 

冬の着物の防寒・二枚で済ませるには

 

大判のショール(ピンク)を羽織っている着物姿

◆大判ショールを羽織る横からの姿

 

時々しか着物を着ないなら、防寒対策は最小限ですませたい。

 

ここではその二枚を紹介します。

 

 

最初のおすすめは軽い大判ショール

 

まず最初のおすすめは「大判のショール」です。

 

薄くて軽いものがよいです。

 

大きさは180~200センチ×70センチほどの大きさのショールです。

 

大判のショールは肩に羽織ると腰まで暖かく、膝かけにも使える大きさです。

 

この一枚は、羽織るものが欲しくなる秋の深まりのときから使います。

 

春先まで利用できます。

 

さっと羽織れる、必要ないときはたためて小さくなるので便利です。

 

大判のショール(ピンク)を羽織っている着物の後ろ姿

◆大判ショールを羽織る後ろ姿

 

首のうしろにすき間のないようにまいてOKです。

 

 

軽い大判ショールに代わるもの

 

もっとカジュアルに動きやすさを優先するなら、

 

大判ショールのかわりに「ポンチョ」「ケープ」を利用するのもいいですね。

 

これなら手があくので、ショッピングや乗り物にのるのも便利。

 

活動的な方、カジュアル着物をよく着る方向きです。

 

 

もう一枚は和洋兼用コートを

 

おすすめのもう一枚は、「和洋兼用のコート」です。

 

袖がふっくらしていて衿付きのもので、保温力のあるものにします。

 

丈が膝上あたりまであれば、温かくお出かけできます。

 

和洋兼用のコートの色は、さまざまな着物に応用がきくよう、

 

グレー、ベージュ、黒などシックな色目がよいでしょう。

 

とても寒い日は、先の大判ショールをコートの上に重ねます。

 

 

<まとめ・最低二枚で着物の防寒>

 

  1. 大判の軽いショール
  2. 和洋兼用の保温力のあるコート

 

 

防寒の小物は何がいい?

 

羽織もの以外の防寒用の小物としては、マフラー、手袋、アンダーなどがありますが、

 

やはり和洋兼用できるものを利用すると、使いまわしがききます

 

さきほどの二枚とプラスして使うことで、さらに寒さを予防できます。

 

 

マフラーを利用する

 

首回りを温めると、保温効果は抜群です。

 

  • ショールの下にマフラーをする
  • コートにマフラーをプラスする

 

ことで、寒さの変化に対応しましょう。

 

 

手袋を利用する

 

これも和洋兼用できるものがよいです。

 

腕の部分が長く、手首と肘の間くらいまであるものが温かい

 

 

スパッツ(レギンス)を利用する

 

アンダーは、特に下半身の冷えを守りたいですね。

 

スパッツ、レギンス、トレンカ、お好きなものでよいです。

 

脚をぴったりおおうもので圧迫感のないものを利用しましょう。

 

足袋をはくのに問題がなければ、何でもOKです。

 

 

着物で冬に外出・防寒アイテムをたった二枚ですませるには・まとめ

 

「大判のショール」と「和洋兼用のコート」の二枚だけでも防寒はできる。

 

大判のショールはコートの上からも重ねられるので、長期間使える。

 

色々な着物に合うよう、シックな色合いから選ぶとよいでしょう。

 


Twitter始めました。フォローお願いいたします。




スポンサーリンク





  はてなブックマークに登録する
Twitter始めました。フォローお願いいたします。