羽織と着物用コートの違いは?着る場面・注意すること

羽織とコートの違い、羽織を着た女性

着物のときの防寒着の「羽織」と「着物用コート」の違いを、詳しく説明しますね。

  • 見た目の違い
  • 着る場面での違い
  • 着用時の注意点

についてお話します。

スポンサーリンク


羽織と着物用コートの見た目の違い

まず羽織と着物用コートの見た目の特徴を見てみましょう。

羽織の特徴

羽織とコートの違い、羽織について

◆羽織

羽織は前合わせを紐で留める上着です。

羽織とコートの違い、羽織紐の例

◆羽織紐

羽織紐の代わりに、トンボ玉や真珠などの飾りものもあります。

羽織とコートの違い、羽織紐の例・飾り紐

◆羽織紐の飾り紐の例

着物用コートの特徴

羽織とコートの違い、コートについて

◆道行(みちゆき)コート

これは着物コートの中で最もポピュラーな「道行(みちゆき)コート」です。

衿の形が額縁のように角ばっているものです。

道行コートは前合わせをスナップボタンで合わせ、前合わせにポケットがあります。

着用場面での違い

次に着用場面での違いです。

  • 羽織は、おしゃれ用の着物に合わせ、室内でも着用可能
  • 着物用コートは、おしゃれ用・礼装用の両方の着物に合わせ、室内では着用不可

着物用コートを合わせるときは、礼装用は落ち着いた色目の無地のコートにしましょう。

室内できてよい羽織は、カーディガンやジャケットのような扱いで、

着物用コートはオーバーコートと同じ意味合いです。

着るときの注意点

着るとき注意したいこと、それは衿です。

羽織の衿は、後ろに半分に折って着ます。

羽織の衿は後ろに半分に折る

◆羽織の衿は後ろに半分に折る

「道行コート」の衿はそのままです。

ただ、コートのうち、「道中着(どうちゅうぎ)」というコートは、後ろの衿を内側に半分に折って着ます。

道中着の衿は内側に半分に折る

◆道中着の衿は内側に半分に折る

道中着(どうちゅうぎ)というコート

道中着というコート

◆道中着

コートの仲間で「道中着(どうちゅうぎ)」というコートがあります。

このコートは着物の衿と同じ合わせ方をして、紐で前を合わせます。

表側の紐は飾り紐です。

羽織と着物用コートの違いは?着る場面・注意すること・まとめ

着物の上に羽織る羽織は、室内でもOK。

着物用コートは室内に入るときは脱ぎます。

現代最もポピュラーな着物用のコートは「道行コート」です。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました