教員(先生)の袴姿・送る立場でのふさわしい着物と袴選び!詳しく解説
スポンサーリンク

教員(先生)の袴姿・送る立場でのふさわしい着物と袴選び!詳しく解説

教員(先生)の袴姿・送る立場でのふさわしい着物と袴選び

教員(先生方)の袴姿は、厳かな雰囲気が醸しだされとても印象的です。

 

卒業式に向けての準備もいろいろとご多忙とお察しします。

 

さて準備にあたってこんな問い合わせをいただきます。

 

「教員(先生)の袴って、学生の袴姿と一緒でよいですか?」

 

送る立場の先生は、卒業生(短大・大学など)の華美になった袴姿とは一線を画します

 

どんなに若い先生であっても、やはり稟とした潔いお姿でのぞんでいただきたいものです。

 

先生に期待される袴姿について、具体的にお話しますね。

 

スポンサーリンク

Twitter始めました。フォローお願いいたします。

 

先生の評判のよい袴と着物は?

 

先生(教員)にのぞまれている袴姿とは、いったいどんな姿でしょう。

 

  • 「凛としている」
  • 「カッコいい」
  • 「清楚である」
  • 「潔さを感じる」

 

といった雰囲気のする袴姿が、父兄や生徒からの評判がよいようです。

 

具体的に袴の色や着物の種類についてみていきましょう。

 

 

先生向きの袴の色

 

女袴・卒業式教員(先生)向き

◆左が赤みのある紫、右が深い緑色

 

先生が着る袴は、落ち着きのある色がよいです。

 

具体的には、

 

  • 「緑色」
  • 「紺色」
  • 「紫色」
  • 「茶色」

 

がおすすめの色です。

 

これらの色は、多くの着物の色に合わせやすいです。

 

袴は単色のシンプルなものがよいと思います。

 

刺繍やぼかしなどのないものの方が、凛とした印象になります。

 

 

先生の袴に合わせる着物の種類

 

女袴・卒業式教員(先生)向き着物色無地と訪問着

◆先生向きの着物の色

 

先生に適した着物の種類は、訪問着または付け下げ・色無地がおすすめです。

 

若い未婚の先生は、単色の中振り袖もよいでしょう。

 

訪問着は胸周辺に柄がありますが、控えめを選ぶようにしたいです。

 

 

先生の着物の色

 

着物の色はあまり関係ないですが、目立つ色はさけます

 

袴の色とのバランスを考えて選んでください。

 

 

おすすめしない着物の種類

 

教員の袴姿で、適していない着物があります。

 

<適していない着物!>

 

  • 「絣(かすり)柄の着物」・・・学生のような幼さを感じさせてしまう可能性がある
  • 「小紋の着物」・・・柄が全体に入ったものは学生向き
  • 「振袖」・・・送る立場として華美すぎる

 

 

袴と着物の選び方

 

先生袴

◆控えめな柄の訪問着と紫色の袴の例

 

いざ選ぶとなると、数が多くて迷うかもしれませんね。

 

そんなときは、単品で合わせるのでなくセットものをみてみましょう。

 

「先生用の袴セット」なるものがあれば、その中から選べばまず問題ないでしょう。

 

ただし年齢や、お勤めの学校のしきたりなどを考慮のうえ。

 

 

袴・着物を別々に選ぶ場合

 

着物か袴のどちらかを持っていて、単品を選びたい場合、あるいは自分で組み合わせを考えて選びたい場合は、以下のような方法ですすめるとよいです。

 

 

ふさわしい着物を持っている場合

 

たとえば「若草色の色無地の着物」を持っていてこれを着るとします。

 

その着物に合う袴を、できれば試着して選びましょう。

 

 

袴・着物とも個別に考えて組み合わせたい場合

 

紹介したふさわしい着物の中から自分の好みの着物を決め、次に色のバランスのよい袴を選びます。

 

購入にしてもレンタルにしても、足を運んでお店の人の意見を聞いて選ぶのがおすすめ。

 

 

教員(先生)の袴姿のときのヘアスタイル

 

先生の立場で袴姿のときの髪型(ヘアスタイル)についても考えておきましょう。

 

ヘアスタイルもできるだけ自然で清楚な雰囲気が好印象です。

 

長い髪なら、アップにするか、あっさりとまとめる程度でよいと思います。

 

アップにすると襟足がすっきりし、袴姿とのバランスはよくなります。

 

髪飾りはつけないか、つけても一つを控えめに飾るのがよいでしょう。

 

 

帯について

女袴・卒業式教員(先生)向きコーディネート例

◆先生の着物と袴の例・帯を黄色にしてアクセントに

 

袴姿のときの帯についても一言ふれておきましょう。

 

袴のときの帯は、「半幅帯」といって15センチほどの幅の帯を締めて袴を着用します

 

先生の袴姿では、着物と帯が無地でシンプルな組み合わせが多いので、袴の上に少しだけ見える帯は、柄のものを選んでもかまいません。

 

アクセントになるような色、明るい色を用いてもOKです。

 

金銀の模様が入っているものはNGです。

 

上の画像はその例として「若草色の色無地の着物」に「緑色の袴」、帯を黄色にしてアクセントにしました

 

 

袴姿の先生は注目の的

 

先生が袴姿なのは、父兄にとっても生徒にとっても目新しく印象的です。

 

そのため他の先生方より注目度は高いでしょう。

 

好印象のまま卒業式を終えられるよう、こんなこともチェックしておくといいですね。

 

  • お化粧はいつもの通りか少しだけ華やかにする程度
  • 袴はちょうどよい丈のものを選ぶ(足首が見える程度)
  • 歩く時は手のひらを脚の付け根あたりに添え、背筋を伸ばす
  • たもとに白いハンカチを一枚入れておく

 

 

教員(先生)の袴姿・送る立場でのふさわしい着物と袴選び!詳しく解説・まとめ

 

生徒たちは先生が卒業式に袴姿だったことをよく覚えているものです。

 

写真にも残りますし、旅立ちをお祝いする気持ちが表現できます。

 

先生が袴を着るについては、学校や地域の風習によるところもあります。

 

先輩の先生方のご意見を聞く、過去の卒業写真を参考にするなどして、ふさわしい袴姿をお考えください。

 

初めて袴をお召になる先生は、ご自身の身長にあったサイズの袴丈をご確認ください。

 

また草履をお忘れになりませんよう。

 

<関連ページ紹介>

 

女性の袴の着付け方を写真付きで詳しく説明していますので、参考にどうぞ。

 

「卒業式の袴の着付け方法・レンタルでも着崩れしないポイント(画像の順で)」


Twitter始めました。フォローお願いいたします。




スポンサーリンク





  はてなブックマークに登録する
Twitter始めました。フォローお願いいたします。