桜のお花見へ・着物の柄は桜でいい?一年中大丈夫ともききますが
スポンサーリンク

桜のお花見へ・着物の柄は桜でいい?一年中大丈夫ともききますが

桜柄の着物 小紋の着物を着た女性二人 満開の桜

春めいてきて桜前線の話題も出るようになり、お花見に着物で行きたくなってきますね。

 

どうせなら満開をねらって、華やいだ景色を見に行きたいもの。

 

持っている着物で、どれがふさわしいのかと考えると、

 

桜柄にたいする、ちまたに流れるこんな話が気になりますね。

 

  • 着物の柄は桜はかぶるからよくない
  • 一年中桜柄は大丈夫

 

ここでは、

 

桜のお花見に桜柄の着物は問題ないかどうか。

 

どんな着物なら、気持ちよくお花見に行けるか。

 

というお話をしますね。

 

スポンサーリンク

Twitter始めました。フォローお願いいたします。

 

桜のお花見に桜柄はどうか

 

お花見そのものは「お出かけ」なので、特に着物や帯のマナーはありません

 

基本は何でもOKなのです。

 

桜の柄の着物や帯を着てもOKです。

 

ただし、昔から言われているのは、粋な装い方として今でいうステキという感覚ですね。

 

桜が満開のときに、満開の桜の着物や帯はさけるように

 

これは、美しく咲き誇る桜をめでるのが目的なので、かぶるとヤボだという美意識からのようです。

 

 

早めに装うのが粋

 

日本では、季節を先取するのが粋とされている文化があります。

 

そのため桜の柄の着物は、桜が咲く前に着るのがよろしいと。

 

特に枝つきの桜柄は写実的に描かれているので、満開の時に着るのは野暮で、

 

枝付きの桜柄は、1月から桜が咲き始めるまでがふさわしいとされています。

 

 

桜のつぼみ・満開・散る

 

桜の柄は、枝付きのものはたいてい満開の柄かと思います。

 

つぼみの柄の模様、花弁が散る模様もありますね。

 

その模様に合わせて、少しだけ先取りするように着るのが、おしゃれ上手と思われるでしょう。

 

ぐたいてきには、

 

  • つぼみの桜模様なら:桜が満開に咲く前に
  • 満開に桜が咲く模様なら:桜の満開の時期まで
  • 花弁が散っている模様なら:満開の時期に

 

 

一年中桜柄が大丈夫という場合

 

満開の桜の木 桜の花

 

桜柄が一年中大丈夫という場合は、枝がなく花だけの場合です。

 

花びらが一面をおおうような図柄、他の花とともに桜の花、または花びらが描かれている場合です。

 

桜の花は、浴衣の柄にも、染めの名古屋帯の柄としてもよく見られます。

 

 

お花見におすすめの着物の色

 

さて、桜柄の着物や帯といっても、着物も帯もとなるとちょっとくどい感じにもなります。

 

どちらか一方に柄があれば十分です。

 

また桜柄をお持ちでなくても、お花見にあった色目であれば雰囲気がよいです。

 

春の明るい陽射しと喜びが表現できる色目がよいですね。

 

ぐたいてきには、黄緑色、桃色、パステルカラー全般がふさわしいと思います。

 

 

桜のお花見へ・着物の柄は桜でいい?一年中大丈夫ともききますが おわりに

 

桜の花は日本を代表する花ですし、好きな人も多いですね。

 

明治から平成の時代までを、小説家、着物デザイナーなどとして活躍されたあの宇野千代さんは、桜が大好きで一年中桜柄の着物をお召でした。

 

桜をデザインした着物は多いですし、華やかさがやはり好まれています。

 

お花見の時期は、日中は陽射しも明るく暖かくなりますが、朝晩の気温は低く感じることもあります。

 

お花見のときは基本「羽織は着ない」ほどの陽気なのですが、ショールなどの防寒は用意してもよいかも。

 

飲んだり食べたりの気軽なお花見なら、洗える着物やポップな着物が気軽です。

 

今年も3月中旬あたりから桜がほころぶ予想です。

 

足元が舗装されていない自然の地に行かれる場合は、気をつけてお出かけくださいね。

 


Twitter始めました。フォローお願いいたします。




スポンサーリンク





  はてなブックマークに登録する
Twitter始めました。フォローお願いいたします。